ブルータル・ジャスティス

ブルータル・ジャスティス』(Dragged Across Concrete)は、2018年アメリカ合衆国カナダクライムスリラー映画。監督はS・クレイグ・ザラー、出演はメル・ギブソンヴィンス・ヴォーンなど。R15+指定。

ブルータル・ジャスティス
Dragged Across Concrete
監督 S・クレイグ・ザラー
脚本 S・クレイグ・ザラー
製作 キース・キャルバル
ダラス・ソニアー英語版
ジャック・ヘラー
タイラー・ジャクソン
セフトン・フィンカム
製作総指揮 ウェイン・マーク・ゴッドフリー
ロバート・ジョーンズ
シャフィン・ダイアモンド・テジャニ
レヴィ・シェック
マイク・ロウ
ディーン・ブキャナン
ベン・ラフマン
出演者 メル・ギブソン
ヴィンス・ヴォーン
トリー・キトルズ英語版
トーマス・クレッチマン
ドン・ジョンソン
音楽 ジェフ・ヘリオット
S・クレイグ・ザラー
撮影 ベンジ・バクシ
編集 グレッグ・ダウリア
製作会社 サミット・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 クロックワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年3月22日[1]
日本の旗 2020年8月28日[2]
上映時間 159分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $15,000,000[3]
興行収入 世界の旗 $660,132[4]
テンプレートを表示

『ザ・インシデント』や『パペット・マスター』の脚本を担当、『トマホーク ガンマンvs食人族』や『デンジャラス・プリズン -牢獄の処刑人-』で容赦なきバイオレンス描写、独特の世界観から、ジャンル映画ファンの間で「暴力の伝道師」として知られるS・クレイグ・ザラー監督の日本初公開作品[5]

第40回ゴールデンラズベリー賞で「人命と公共財を軽視する無謀さに対する最低賞」にノミネートされた[6][7]

ストーリー編集

ベテラン刑事ブレットとその相棒トニーは、強引な逮捕が原因で6週間の停職処分となった。

家族のために大金を必要としていたブレットは、麻薬密売人の取引後に彼らから金を強奪する事を思いつく。ブレットはトニーを誘い、ボーゲルマンという男に狙いを定め監視・尾行するが、これが思わぬ方向へと向かう。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[8]

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには146件のレビューがあり、批評家支持率は76%、平均点は10点満点で6.9点、批評家の一致した見解は「そのタイトル(原題:Dragged Across Concrete)通りに残忍で過酷な『ブルータル・ジャスティス』は、高速のスリルではなく、ゆっくりと燃えるようなドラマを目指しており、それを実現するために適切なキャストを揃えている。」となっている[9]Metacriticには28件のレビューがあり、高評価は14件、賛否混在は13件、低評価は1件で、平均点は100点満点で60点となっている[10]

出典編集

  1. ^ Han, Karen (2019年3月22日). “The vicious Dragged Across Concrete can't be apolitical when it stars Mel Gibson” (英語). Polygon. https://www.polygon.com/2019/3/22/18277304/dragged-across-concrete-review-mel-gibson-vince-vaughn 2019年4月21日閲覧。 
  2. ^ ““暴力の伝道師”の監督作が日本初公開! メル・ギブソン&ビンス・ボーンがバディに”. 映画.com. (2020年6月22日). https://eiga.com/news/20200622/13/ 2020年6月23日閲覧。 
  3. ^ Tartaglione, Nancy (2018年9月3日). “Vince Vaughn On Reteam With Mel Gibson In ‘Dragged Across Concrete’ – Venice” (英語). Deadline.com (Penske Business Media). https://deadline.com/2018/09/vince-vaughn-mel-gibson-reteam-s-craig-zahler-dragged-across-concrete-venice-1202456291/ 2018年9月4日閲覧。 
  4. ^ Dragged Across Concrete” (英語). Box Office Mojo. 2021年6月11日閲覧。
  5. ^ “映画『ブルータル・ジャスティス』S・クレイグ・ザラー監督の日本初公開作、暴力刑事の激しいアクション”. ファッションプレス. (2020年7月16日). https://www.fashion-press.net/news/62684 2021年6月11日閲覧。 
  6. ^ Piña, Christy; Howard, Annie (2020年2月7日). “Razzie Award Nominations 2020: Complete List of Nominees” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/lists/razzie-award-nominations-2020-complete-list-nominees-1267859/item/worst-picture-1267858 2020年6月23日閲覧。 
  7. ^ “メル・ギブソン主演、ラジー賞候補作『ブルータル・ジャスティス』8月公開”. CINRA.NET. (2020年6月22日). https://www.cinra.net/news/20200622-brutaljustice 2020年6月23日閲覧。 
  8. ^ クロックワークス [@KlockworxInfo] (5 October 2020). "ブルータル・ジャスティス" (ツイート). Twitterより2020年10月9日閲覧
  9. ^ Dragged Across Concrete (2018)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年6月11日閲覧。
  10. ^ Dragged Across Concrete Reviews” (英語). Metacritic. 2021年6月11日閲覧。

外部リンク編集