ブルー・ヴェルヴェット

ブルー・ヴェルヴェット」(Blue Velvet)は、アメリカの楽曲。1951年にトニー・ベネットが発表して以降、数多くの歌手にカバーされた[2]ボビー・ヴィントン1963年に発表したバージョンが3週連続全米1位を獲得した。

ブルー・ヴェルヴェット
ボビー・ヴィントンシングル
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ポップス
時間
レーベル エピック・レコード
作詞・作曲 リー・モリス(作詞)
バーニー・ウェイン英語版(作曲)
プロデュース ボブ・モーガン
チャート最高順位
Billboard Hot 100 第1位
テンプレートを表示

概要編集

作曲家のバーニー・ウェイン英語版が、リー・モリスと共作した曲をコロムビア・レコードのプロデューサーであったミッチ・ミラー英語版に売り込み、ミラーの提案でトニー・ベネットへの提供が決まる[3]

1951年7月、「トニー・ベネット with パーシー・フェイス・オーケストラ」名義で発売し、ビルボード18位を記録した。

1963年9月、ボビー・ヴィントン版がビルボードで1位を獲得した[4]。5月にバート・バカラックが提供した『ブルー・オン・ブルー』が全米3位と大ヒットしたのを受けて8月に発表した「ブルー」が付く曲で統一したカバーアルバム『ブルー・オン・ブルー英語版』のために収録され、シングルカットされた。同曲のヒット後はアルバム名も『ブルー・ヴェルヴェット』に変更された[5]

その他のバージョン編集

日本編集

エピソード編集

出典編集

  1. ^ 45cat - Bobby Vinton - Blue Velvet / Is There A Place (Where I Can Go) - Epic - USA - 5-9614
  2. ^ Cover versions of Blue Velvet written by Lee Morris, Bernie WayneSecondHandSongs
  3. ^ 「The Good Life: The Autobiography Of Tony Bennett」 2007年
  4. ^ BOBBY VINTON | CHART HISTORYbillboard
  5. ^ Bobby Vinton Blue VelvetAllMusic
  6. ^ 資料 日本ポピュラー史研究(上巻)編集・発行 黒沢進 1983, p.17
  7. ^ 資料 日本ポピュラー史研究(上巻)編集・発行 黒沢進 1983, p.52
  8. ^ 資料 日本ポピュラー史研究(上巻)編集・発行 黒沢進 1983, p.16
  9. ^ What Music Inspires David Lynch? The Filmmaker Opens Up at BAMvogue 2014年5月1日

参考文献編集

  • "Top Pop Albums, 1955-1992", by Joel Whitburn Record Rearsearch, c1993

関連項目編集

先代:
エンジェルス
私のボーイフレンド
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1963年9月21日 - 10月5日(3週)
次代:
ジミー・ギルマー&ザ・ファイアボール
シュガー・シャック
先代:
ピーター・ポール&マリー
風に吹かれて
Billboard Middle-Road Singles 1位
1963年9月7日 - 10月26日(8週)
次代:
ヴィレッジ・ストンパーズ
ワシントン広場の夜はふけて