ボビー・ライデル

イタリア系アメリカ人の歌手 (1942 - 2022)

ボビー・ライデルBobby Rydell1942年4月26日 - 2022年4月5日[1])は、アメリカ合衆国歌手。本名ロバート・ルイス・リダレリ(Robert Louis Ridarelli)。イタリア系アメリカ人

ボビー・ライデル
Bobby Rydell
Bobby Rydell.jpg
基本情報
出生名 Robert Louis Ridarelli
生誕 (1942-04-26) 1942年4月26日
アメリカ合衆国ペンシルベニア州
死没 (2022-04-05) 2022年4月5日(79歳没)
ジャンル ポップ
活動期間 1958年 - 2022年
レーベル Cameo
キャピトル
Reprise
Perception
公式サイト Official website
Bobby Rydell 1960.

経歴編集

デビューまで編集

ボビー・ライデルはペンシルベニア州フィラデルフィアの出身。ボビーをショウ・ビジネスの世界に送りこんだのは彼の父親であり、働いた給料でボビーにドラム・セットを送ったり、コンサートで一流の芸を鑑賞させた。ボビーはジーン・クルーパなどに関心を持ち、もの真似などの芸を磨いた。ポール・ホワイトマンのティーン向けタレント番組で認められ、1951年から1954年の間、出演し活躍した。父親はボビーのマネージャーも務めRCAキャピトル・レコードなどに売り込んだがうまくいかなかった。Rocco & the Saintsというグループはフランキ―・アヴァロンがリーダーであったが一時的にドラマーの代わりを務めたこともあった。1958年ヴェニス・レコードから"Fatty fatty"でデビューするが、成功を得られなかった。

ティーン・アイドル編集

フィラデルフィアを本拠地とするカメオ・レコードのカル・マンとバーニー・ロウがボビーの才能を認め契約にいたり、3枚目のシングル「キッシン・タイム」が全米11位を記録し一躍ティーン・アイドルとして注目され、フィラデルフィアから中継されたディック・クラークの「アメリカン・バンドスタンド」にレギュラーとして出演しフェビアンフランキー・アヴァロンとともに人気を高めた。次の「ウィ―・ゴット・ラブ」は全米6位を記録。1960年代に入るとヒットを連発しする。ロックン・ロールとは異なるアメリカン・ポップスの担い手としてボビー・ダーリンボビー・ヴィ―ボビー・ヴィントンを合わせ4人ボビーとして活躍する一方、ナイト・クラブにも出演しヴォーカリストとしても注目を集めた。「ワイルド・ワン」は1960年全米第2位を記録しゴールド・ディスクを獲得し人気を確立した。その後も「青春スウインギン・スクール」「星空の花売り娘」「フォーゲット・ヒム」「愛なき世界」などヒットを連発、1965年までに33曲のチャート・ヒットを残した。「ヴォラーレ」「スウェイ」などはスタンダードとして今日でもよく聞かれている。[2]。日本でもこの時期かなりの人気をえて1964年には来日公演をおこなった。

移籍編集

1964年にはキャピトル・レコードに移籍し期待されたが、「ダイアナ」などがマイナー・ヒットを記録したもののビートルズをはじめとするブリティッシュ・インベイジョンの始まりとともにチャートから遠のいていった。フランク・シナトラに認められ1968年リプリーズ・レコードに移籍するもヒットはだせなかった。その後もパーセプション・レコードなどからシングル・レコードを発売するがヒットは出せず、1976年にはディスコ・ブームのなかピップ・レコードからリリースした。「スウェイ」のディスコ・バージョンがイージー・リスニング・チャートで27位を記録したのが最後のヒット。その後はオールディーズのショウなどを中心活躍した。フランキ―・アヴァロン、フェビアンと組んでのショウ「ゴールデン・ボーイズ・ツアー」も好評だった[3]

ヒット・レコード編集

主要なアルバム編集

  • We got love (1959年)
  • Bobby sings (1960年)
  • Bobby's biggest hits (1960年)
  • Bobby Rydell salutes the great ones (1961年)
  • Rydell at the Copa (1961年)
  • All the hits (1962年)
  • Bobby Rydell's biggest hits, volume 2 (1962年)
  • All the hits, volume 2 (1963年)
  • Bye bye Birdie (1963年)
  • Wildwood days (1963年)
  • Top hits of 1963 (1963年)
  • Forget him (1964年)
  • Somebody loves me (1965年)

[5]

出演編集

テレビ編集

映画編集

  • Bye bye Birdie(バイ・バイ・バーディ)(1963年) 112分 共演:アン・マーグレット[7]
  • That lady from Peking(1975年)[8]

日本公演編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Bobby Rydell, 1960s pop idol and star of 'Bye Bye Birdie,' dies at 79” (英語). torontosun. 2022年4月6日閲覧。
  2. ^ Billboard book of nuumber two singles, by Christopher G. Feldman, Billboard Books, c2000, p.47. ISBNː 0-8230-7695-4
  3. ^ Faber companion to 20th century popular music, by Phil Hardy & Dave Lang, Faber & Faber, c1990, p. 696, ISBNː 0-571-16865-5
  4. ^ Top Pop singles;1955-2012, by Joel Whitburn, Record Research, c2013, p. 733 , ISBNː 978-0-8982020-5-2-
  5. ^ Goldmine records & prices, ed. by Tim Neely, Krause Publications, c2002, p.476, ISBNː 0-87349-414-8
  6. ^ Really big show; a visual history of the Ed Sullivan Show, ed. by Claudia Falkenburg & Andrew Solt, Sarah Lazin Books, c1992. p.255, ISBNː 0-670-84246-X
  7. ^ バイ・バイ・バーディー allcinema
  8. ^ https://www.imdb.com/title/tt0181053/?ref_=nm_flmg_act_4

外部リンク編集