メインメニューを開く

ブレイズ (競走馬)

競走馬

ブレイズ (Blaze) は18世紀中ごろに活躍したイギリス競走馬種牡馬である。1751年イギリス首位種牡馬。馬名は、英語で馬の顔の「白い斑」(流星)のこと。

ブレイズ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1733年
死没 1756年
フライングチルダーズ
コンフェデレートフィリー
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 トーマス・パントン
馬主 トーマス・パントン
→サー・ハリー・ハーパー
競走成績
生涯成績 7勝
テンプレートを表示

フライングチルダーズ (Flying Childers) の仔で、その主要な産駒である。競走馬としては1738-1740年におそらく7勝。ルイスとニューマーケットのキングズプレート、700ギニーのスウィープステークス(相手はラウンドヘッド〈Roundhead。ラス半弟〉)などに勝利した。種牡馬としてはサンプソン (Sampson)、スクラブ (Scrub)、グレネーダー (Grenadier) など多数の強豪馬を産出し、1751年のイギリス首位種牡馬を獲得している。とくに有力であったサンプソンは、5つのキングズプレートを獲得したほか、産駒に第1回セントレジャー勝ち馬アラバキュリア (Allabaculia) がいる。サンプソンは体高が15ハンド2インチの大型馬であり、この時代のサラブレッドの中でもっとも大きいと考えられた。また、ブレイズの牝駒にはサイプロン(Cypron。大種牡馬ヘロド〈Herod〉の母)がおり、後世への血統的影響力はここからがもっとも大きい。

1756年にスコートンで死亡。父系はサンプソンからエンジニアー (Engineer)、マンブリノ (Mambrino)、メッセンジャー (Messenger) を通じたラインが受け継がれ、エクリプス (Eclipse) を経由しないダーレイアラビアン (Darley Arabian) 系としては唯一現存する父系である。

血統表編集

ブレイズ血統フライングチルダーズ系 / Leedes Arabian 4×4=12.5%) (血統表の出典)

Flying Childers
1714年 鹿毛
父の父
Darley Arabian
1700年 鹿毛
不明 不明
不明
不明 不明
不明
父の母
Betty Leedes
鹿毛
Old Careless
1692年
Spanker
Barb Mare
Cream Cheeks
(月毛?)
Leedes Arabian
Spanker Mare

Confederate Filly
1720年
Grey Grantham
1714年 芦毛
Brownlow Turk
芦毛
不明
不明
Grey Grantham Dam
1710年
不明
不明
母の母
Black Barb Mare
Rutland's Black Barb 不明
不明
Bright's Roan Mare Leedes Arabian
不明 F-No.61


参考文献編集

外部リンク編集