プブリウス・センプロニウス・ソプス (紀元前268年の執政官)

プブリウス・センプロニウス・ソプス(Publius Sempronius Sophus)は共和政ローマプレブス(平民)出身の政治家・軍人。紀元前268年執政官(コンスル)、紀元前252年監察官(ケンソル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
プブリウス・センプロニウス・ソプス
P. Sempronius P.f. P.f. Sophus
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 センプロニウス氏族
官職 執政官(紀元前268年)
監察官(紀元前252年)
テンプレートを表示

出自編集

ソプスが属するセンプロニウス氏族はプレブスであるが、同名の父であるプブリウス・センプロニウス・ソプス紀元前304年に氏族として最初の執政官に就任している[1]。カピトリヌスのファスティによれば、祖父のプラエノーメン(第一名、個人名)もプブリウスであった[2]

経歴編集

ソプスに関する記録が最初に現れるには、紀元前268年に執政官に就任したときである。同僚執政官はパトリキ(貴族)出身のアッピウス・クラウディウス・ルッススであったが、任期満了前に死亡している[3]

両執政官に課せられた主な任務は、前年に発生したピケヌム(en)の反乱の鎮圧であった。いくつかの資料では、両執政官は合同してピケヌムに勝利し、合同凱旋式を実施したとされる[4]。他方、軍を率いたのはソプスのみであったとする資料もある[5][6]。ドイツの学者フリードリッヒ・ミュンツァー(en、1868年 – 1942年)は、エウトロピウス(320年頃 ‐ 4世紀末)の説が最も信頼性が高いとしているが、この勝利の最大の貢献者はソプスであるとも述べている[7]。決戦の前には地震が起こり、戦いも凄惨なものとなり、生き残ったローマ兵は僅かであった[8]。フローラス(en、74年 – 130年頃)によれば、ソプスは地震を鎮め、大地の女神テルースのために神殿を建立することを誓った[6]セクストゥス・ユリウス・フロンティヌスも同じ話を述べているが、ローマ軍の司令官を間違ってティベリウス・センプロニウス・グラックスであったとしている[9][10]

同年(紀元前268年)にアリミヌム(現在のリミニ)とベネウェントゥム(現在のベネヴェント)に植民都市が建設され、サビニ人に対して選挙権が与えられた[9][11]

紀元前252年に監察官に就任。同僚監察官はマニウス・ウァレリウス・マクシムス・メッサッラであった[12]。両監察官は、16人の議員を元老院から追放し、カルタゴとの戦争中であるにも関わらず訓練を行ったとして、シケリア(シチリア)に駐屯していた400人のエクィテス(騎士階級)を降格した[9][13]。任期中に実施した国勢調査によると、ローマの人口(徴兵対象人口)は297,797であった[14]

私生活においても、ソプスは監察官としてと同じように厳しかった[9]。妻が告別競技会(故人を讃えて実施される競技会)を観戦した(あるいはソプスに知らせることなく観戦した[15])という理由で離婚している[16]。おそらく、これは紀元前264年にマルクス・ユニウス・ブルトゥスとデキムス・ユニウス・ペラの兄弟が父の葬儀に際してフォルム・ボアリウムで開催した最初の剣闘士試合の際の話と思われる[9]

脚注編集

  1. ^ Sempronius, 1923 , s. 1360.
  2. ^ カピトリヌスのファスティ
  3. ^ Broughton R., 1951 , p. 199-200.
  4. ^ Eutropius, 2001 , II, 16.
  5. ^ Orosion, 2004 , IV, 4, 5.
  6. ^ a b Flor, 1996 , I, 19.
  7. ^ Sempronius 86, 1923 , s. 1438-1439.
  8. ^ Orosion, 2004 , IV, 4, 7.
  9. ^ a b c d e Sempronius 86, 1923 , s. 1439.
  10. ^ Frontin , I, 12, 3.
  11. ^ Velley Paterkul, 1996 , I, 14, 7.
  12. ^ Broughton R., 1951 , p. 212.
  13. ^ Valery Maxim, 2007 , II, 9, 7.
  14. ^ Titus Livius, 1994 , Periochae, 18.
  15. ^ Valery Maxim, 1772 , VI, 3, 12.
  16. ^ Plutarch, 1990 , The Roman Questions, 14.

参考資料編集

古代資料編集

  • Lucius Annie Flor. Epitomes / / Small Roman historians. - M .: Ladomir, 1996. - 99-190 p. - ISBN 5-86218-125-3 .
  • Valery Maxim. Memorable acts and sayings. - St. Petersburg. : Publishing house of St. Petersburg State University, 2007. - 308 p. - ISBN 978-5-288-04267-6 .
  • Valery Maxim. Memorable acts and sayings. - St. Petersburg. , 1772. - T. 2. - 520 s.
  • Wellay Paterkul . Roman History // Small Roman Historians. - M .: Ladomir, 1996. - P. 11-98. - ISBN 5-86218-125-3 .
  • Eutropius. Breviary of Roman history. - St. Petersburg. , 2001. - 305 p. - ISBN 5-89329-345-2 .
  • Titus Livy. The history of Rome from the founding of the city. - M .: Science, 1994. - T. 3. - 768 p. - ISBN 5-02-008995-8 .
  • Pavel Oroziy . History against the Gentiles. - St. Petersburg. : Publishing house of Oleg Abyshko, 2004. - 544 p. - ISBN 5-7435-0214-5 .
  • Plutarch . Roman issues // Table Talk. - L .: Science, 1990. - P. 180-222. - ISBN 5-02-027967-6 .
  • Sextus Julius Frontin. Military tricks . The site "ХLegio". Checked 9 January 2017.
  • Fasti Capitolini . The site "History of Ancient Rome". Checked 9 January 2017.

研究書編集

  • Broughton R. Magistrates of the Roman Republic. - New York, 1951. - Vol. I. - P. 600.
  • Münzer F. Sempronius // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1923. - Bd. II, 2.-S. 1359-1360.
  • Münzer F. Sempronius 85 // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1923. - Bd. II, 2. - S. 1438-1439.
  • Münzer F. Sempronius 86 // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1923. - Bd. II, 2.-S. 1439.

関連項目編集

公職
先代:
クィントゥス・オグルニウス・ガッルス
ガイウス・ファビウス・ピクトル
執政官
同僚:アッピウス・クラウディウス・ルッスス
紀元前268年
次代:
マルクス・アティリウス・レグルス
ルキウス・ユリウス・リボ