プラチナム・レコード

プラチナム・レコーズ (Platinum Records) は、1992年4月にYOSHIKIX JAPAN)が設立したレコードレーベル。会社名はジャパンミュージックエージェンシー(Japan Music Agency)。制作・発売元はポリドール株式会社(現:ユニバーサルJ)、流通・販売業務は親会社のポリグラムユニバーサルミュージック)株式会社が担当していた[1]

概要編集

  • エクスタシーレコードでリリースしたアーティストが次々とメジャーに移籍してしまうため、YOSHIKIが自ら設立したメジャーレーベルである。黒夢がエクスタシーレコードに決まっていたが、同じ週に東芝EMIから契約の打診があり、結局黒夢が東芝EMIと契約してしまったのが決定打となり、「メジャーレーベルを作った方がいいのか」と思い悩んだのが始まりだった[1]
  • レーベル名はアメリカで100万枚を売り上げたレコードを意味する「プラチナム」に由来する[1]。所属第1号アーティストはGLAYで、ほかにDear、Breath、RAMARが所属した。
  • 経費はYOSHIKIの自費にポリグラムの前払いでまかなっていた[1]
  • ギャランティは月給にプラスしてアーティスト印税(売上中1~3%)だった[1]
  • 1998年にGLAYが、翌1999年にBreathとRAMARがそれぞれプラチナム・レコードからアンリミテット・レコード[2]に移籍する。
  • 1999年9月15日を以てポリドールとの販売受託契約が満了したことで、プラチナムレコードから発売されていた作品は全商品廃盤となった[3]
  • 2000年エクスタシージャパンが設立された際にレーベルが移管され、工藤静香の「深紅の花」は本レーベルより発表されている。
  • 2001年2月から6月にかけて、GLAYの本レーベル在籍時の旧譜作品(CD/DVD)がエクスタシージャパンから再発売されている[4]
  • 2001年9月に『GLAY BEST VIDEO CLIPS 1994-1998』が発売されて以降、本レーベルからの新譜は発売されていない[5]
  • 後に発足した芸能事務所プラチナムプロダクションとは何の関係もない。

在籍していたアーティスト編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 日経BP社刊『日経エンタテインメント!』1998年3月号「ビジネスとして語る、X解散、GLAYの成功、そして海外進出 『必ず売る、意地でも売る』-日本の音楽産業との10年戦争」24P-28Pより。
  2. ^ 原盤制作をアンリミテッドレコード側が行い、原盤供給先のレコード会社がプロモーションや販売を担当していた。GLAYはポリドール(1998年-1999年・2002年※映像作品のみ)→ポニーキャニオン(1998年-2002年※音楽作品は1999年から)→東芝EMI(2003年-2005年)、BreathとRAMARは日本クラウンが担当
  3. ^ ポリドールの販売受託商品扱いなので、プラチナムレコード作品の規格品番は、PO〇H-7000台で割り振られていた。
  4. ^ アルバム4作と映像作品『VIDEO GLAY』『VIDEO GLAY2』『無限のdeja vu DOCUMENT of "BEAT out!" TOURS』のみ。2003年2月に『SPEED POP』・『BEAT out!』・『BELOVED』の3作と2003年10月に『無限のdeja vu DOCUMENT of "BEAT out!" TOURS』がアンリミテッドレコード(販売:東芝EMI)から再々発売されたのに伴い廃盤となっている。
  5. ^ プラチナムレコード主導による映像作品で、GLAY非公認作品。またエクスタシージャパンからではなく、本作のみユニバーサルミュージックから販売されている。