メインメニューを開く

会社編集

株式会社プラット・ワンは、東経110度CS放送「プラット・ワン」のプラットフォームを運営していた会社。2004年3月1日に株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT株式会社)と被合併し消滅している。

2003年9月30日時点での大株主編集

プラットフォーム編集

プラット・ワンは、株式会社プラット・ワンの運営していた東経110度CS放送のプラットフォーム。2002年3月1日から同プラットフォームを利用する委託放送事業者の本放送が開始された。前述の合併期日に株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズのスカイパーフェクTV!2と統合され、スカイパーフェクTV!110(現・スカパー!)となった。

本プラットフォームを利用していた委託放送事業者編集

→放送していたチャンネルについては、以下事業者の項目、並びにスカパー! チャンネル一覧を参照。

いずれの事業者も、受託放送事業者宇宙通信(現・スカパーJSAT)であった。うち3社はその後、WOWOWが新たに立ち上げた東経110度CSプラットフォームのWOWOWデジタルプラスへ移行したが、それも2006年末に終了した。

2007年以降も当時の法人格を維持し東経110度CS放送を続けている事業者は、シーエス日本(スカパー!e2 → スカパー!(東経110度CS放送)加盟局)、及びSCサテライト放送の2社となっている(日本BS放送はBSデジタル放送に専念)。

沿革編集

  • 2000年11月9日 - 株式会社ワン・テン企画設立。
  • 2001年5月7日 - 株式会社プラット・ワンと商号変更。
  • 2002年3月1日 - 同社の運営するプラットフォームを利用する委託放送事業者の一部が本放送を開始。
  • 2004年3月1日 - 株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT株式会社)と被合併し消滅。

関連項目編集