メインメニューを開く

プラティケラトプス Platyceratops は、カンパニアン(約7500万~7200万年前)の角竜類の属の一つ。モンゴルで化石が発見された。頭骨はバガケラトプスのものよりも大きい。バガケラトプス科新角竜類であると考えられている。学名は古代ギリシャ語で「平らな角の顔」を意味する。模式標本はプラティケラトプス・タタリノヴィ Platyceratops tatarinovi で、2003年にアリファノフによって記載された。バガケラトプスと同種である可能性があると考えられている。

プラティケラトプス
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 周飾頭亜目 Marginocephalia
下目 : 角竜類 Ceratopia
: バガケラトプス科 Bagaceratopidae
: プラティケラトプス属 Platyceratops
学名
Platyceratops
Alifanov, 2003

分類編集

プラティケラトプスはオウムに似た嘴をもつ植物食恐竜である角竜類に含まれる。角竜類は白亜紀後期に北米大陸とアジアで繁栄した。プラティケラトプスの化石の独自性は疑わしい。プラティケラトプスとバガケラトプスは共にカーミーンツァフのレッドベッドで見つかっており、その事は同種である可能性を示唆する[1]

出典編集

  • V. R. Alifanov. 2003. Two new dinosaurs of the infraorder Neoceratopsia (Ornithischia) from the Upper Cretaceous of the Nemegt Depression, Mongolian People's Republic. Paleontological Journal 37(5):524-534.

関連項目編集