メインメニューを開く

プラネットプラスワン大阪市北区中崎にあるミニシアタープラネット・プラス・ワンPlanet Plus OnePLANET+1等とも表記される。

プラネットプラスワン
Planet Plus One
Planet Plus One (Movie theater).jpg
パイロットビル(プラネットプラスワンは2階)
地図
情報
正式名称 PLANET studyo plus one(プラネット・スタジオ・プラス・ワン)
開館 1995年12月1日
客席数 35ほど[1]
用途 映画上映
所在地 530-0016
大阪府大阪市北区中崎2丁目3-12
パイロットビル2階(中崎第2ビル)
位置 北緯34度42分30.7秒
東経135度30分21.0秒
最寄駅 大阪市営地下鉄谷町線中崎町駅
最寄バス停 阪神バス「本庄仲通」停留所
外部リンク http://www.planetplusone.com/

1995年12月1日開業[2]1974年6月に発足したプラネット映画資料図書館の運営するミニシアターとして設立された[3]

目次

略歴編集

  • 1974年:プラネット映画資料図書館開業[3]
  • 1995年:阪神・淡路大震災の影響により映画資料図書館の営業を停止。同年12月1日「プラネットプラスワン」として再開業[2]
  • 2007年:現在地に移転[2]

概要編集

映画初期の海外作品や若手監督の自主制作映画等、様々なジャンルの作品をほぼ毎日配信している[1][3]。 2012年には弁士の大森くみこ、キーボードの藤代敦、パーカッションの鳥飼りょう深海無声團というグループを結成[1]、映画創世記の無声映画に弁士や生演奏を付けた公演を2017年まで月に1回ほど行っていた。2015年に映画生誕120年を記念し「映画の樹」と題した長編シリーズを展開。シリーズ中の無声映画上映では生演奏がつけられ、週に1回ほどのペースで生演奏付きの無声映画上映を行っている。演奏はピアノの鳥飼りょうが担当している。

代表は富岡邦彦地獄の警備員黒沢清監督)の脚本や山下敦弘監督作品のプロデューサー(ばかのハコ船リアリズムの宿[4]等)、かぞくのひけつ小林聖太郎監督)のアソシエイトプロデューサー[5]等を務めた人物で、シネアストオーガニゼーション大阪(CO2)の運営事務局長として映画製作のバックアップも行っている[6]

大阪アジアン映画祭にはシネ・ヌーヴォとともに初期の頃から参加している。富岡は映画祭のプログラマーを担当[6]

脚注編集

  1. ^ a b c "よみがえれ!90年前のスペクタクル映画". スーパーニュースアンカー. 関西テレビ放送. 2014年11月12日放送.
  2. ^ a b c プラネットプラスワン”. 港町キネマ通り (2018年1月). 2018年3月12日閲覧。
  3. ^ a b c PLANET studyo plus one. プラネット映画資料図書館ホームページ.2015年3月7日閲覧
  4. ^ クレジット < リアリズムの宿”. リアリズムの宿 公式サイト. 2015年3月7日閲覧。
  5. ^ スタッフ”. 映画『かぞくのひけつ』公式サイト. 2015年3月7日閲覧。
  6. ^ a b “シネアストオーガニゼーション大阪(CO2)事務局長の富岡邦彦さんにインタビュー”. Creaters Community. (2012年5月10日). https://www.creatorscom.jp/cast/experience/co2.php 2015年3月7日閲覧。 

外部リンク編集