メインメニューを開く

プリンス(Prince)は、ラケットを中心にテニス用品を製造している米国のメーカー。

1970年にテニス・ボール・マシンのメーカーとして創業。1976年にはストリング面が110平方インチのテニスラケット「クラシック」を発表。70平方インチほどしかなかった従来のラケットに対し、日本ではデカラケと呼ばれた[1][2]

その後、テニス用品の他、バドミントンスカッシュ用品の製造にも着手した。

一時ベネトンの傘下に入った事もある。かつてはマルチナ・ナブラチロワマリア・シャラポアが愛用したブランドとして知られる。

2012年5月1日にデラウェア州連邦倒産裁判所連邦倒産法第11章の適用を申請し、再建を目指すことになった。負債額は6,000万ドルを超える[3]。日本国内ではグローブライド(旧ダイワ精工)が販売ライセンス契約を行っている[4]。2012年5月には米国のAuthentic Brands Groupの下に再建。 ダビド・フェレールブライアン兄弟など世界のトッププレーヤーが使用している。

脚注編集

  1. ^ 40年のステイタス!
  2. ^ Prince :EXO3 GRAPHITE 105 S 競技者のための遺伝子 - Web site
  3. ^ 朝日新聞夕刊 2012年5月2日4版 8ページ
  4. ^ グローブライド. “本日のインターネット上の報道について”. 2012年5月2日閲覧。

外部リンク編集

  • グローブライド - Prince - 日本の公式サイト(グローブライド)
  • [1] - 米国本社の公式サイト(英語)
  • [2] - 米国本社のテニス製品公式サイト(英語)