エクトール・バベンコ

ヘクトール・バベンコHéctor Babenco, 1946年2月7日 - 2016年7月13日[1])は、アルゼンチンブエノスアイレス生まれマル・デル・プラタ育ちのブラジル映画監督脚本家映画プロデューサーである。

ヘクトール・バベンコ
Héctor Babenco
ヘクトール・バベンコ Héctor Babenco
本名 Héctor Eduardo Babenco
生年月日 (1946-02-07) 1946年2月7日
没年月日 (2016-07-13) 2016年7月13日(70歳没)
出生地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
民族 ユダヤ人
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
配偶者 Xuxa Lopes
主な作品
蜘蛛女のキス』(1985年)
カランジル
 
受賞
東京国際映画祭
特別審査員賞
1985年蜘蛛女のキス
ニューヨーク映画批評家協会賞
外国語映画賞
1981年ピショット
ロサンゼルス映画批評家協会賞
外国語映画賞
1981年『ピショット』
その他の賞
テンプレートを表示

経歴編集

ユダヤ系ウクライナ人の父とポーランド人の母の間に生まれる。ブラジル国籍を取得し、ブラジルを拠点としている。『カランジル』の映画解説では流暢なポルトガル語で会話している。彼の手がける作品にはゲイがよく登場する。

これまで『蜘蛛女のキス』『Corazon iluminado』『カランジル』の3本の作品がカンヌ国際映画祭パルム・ドールにノミネートされている。また、『蜘蛛女のキス』ではアカデミー監督賞の候補にもなった。

日本では、エクトール・バベンコ、エクトル・バベンコと表記される場合もある。

2016年7月13日、心臓発作のためブラジルのサンパウロの病院で逝去。70歳没[1]

主な監督作品編集

出演作品編集

外部リンク編集

脚注編集