ヘッダ・ホッパー

ヘッダ・ホッパー(Hedda Hopper、1885年5月2日 - 1966年2月1日)は、アメリカ合衆国女優ゴシップコラムニスト[1]

ヘッダ・ホッパー
Hedda Hopper
Hedda Hopper
リザベス・スコット(左)やマーク・スティーブンス(右)と
生年月日 (1885-05-02) 1885年5月2日
没年月日 (1966-02-01) 1966年2月1日(80歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ゴシップ・コラムニスト
テンプレートを表示

経歴編集

31歳で映画デビューし100本以上の映画に出演したが、どれも端役ばかりだった。50歳でゴシップ・コラムニストに転身すると脚光を浴び、先に活躍していたルエラ・パーソンズとともにハリウッドに大きな影響力を持った。特にアメリカの理想を守るための映画同盟には創設時から関係し、赤狩りが映画界に及んだ際にはリベラル派をはじめ同性愛者や自由奔放な者まで含めて左翼と糾弾、ブラック・リストの作成に深く関わった。後年赤狩りで追われた映画人が復帰した際もその攻撃を続け、カーク・ダグラスが脚本にダルトン・トランポを(偽名を用いて)起用した『スパルタカス』を制作した際には、共産主義者が書いた共産主義賛美の映画と強く非難している。

出演作品編集

後世の作品へのキャラクター登場編集

1985年のテレビ映画『Malice in Wonderland』でエリザベス・テイラーがパーソンズを演じ、ジェーン・アレクサンダーがヘッダ・ホッパー役で共演。

1999年、ホランド・テイラーは黄金時代のハリウッドを描くAMCのコメディ・ミニシリーズ『The Lot』で、レティシア・ディヴァインというパーソンズとホッパーを連想させるキャラクターを演じた。

2015年の伝記映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』では、ヘレン・ミレンがホッパーを演じた[2]

2017年にはベティ・デイヴィスジョーン・クロフォードの確執を描いた伝記テレビシリーズ『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』が放送され、ジュディ・デイヴィスがヘッダ役を演じた[3]

出典編集

  1. ^ Hedda Hopper” (英語). Hollywood Star Walk. Los Angeles Times. 2018年3月18日閲覧。
  2. ^ トランボ - allcinema
  3. ^ Feud (TV Series 2017– ) - インターネット・ムービー・データベース(英語)

外部リンク編集