ヘンリエッテ・カロリーネ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケン

ヘンリエッテ・カロリーネ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケン(Henriette Karoline von Pfalz-Zweibrücken, 1721年3月9日 - 1774年3月30日)は、ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の妃。当時ヨーロッパで最も学識豊かな女性の一人として讃えられた。

ヘンリエッテ・カロリーネ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケン
Henriette Karoline von Pfalz-Zweibrücken
Pesne Landgräfin Caroline mit dem Mohren.jpg

出生 (1721-03-09) 1721年3月9日
ストラスブール
死去 (1774-03-30) 1774年3月30日(53歳没)
ダルムシュタット
配偶者 ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世
子女 一覧参照
家名 プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト家
父親 プファルツ=ツヴァイブリュッケン公クリスティアン3世
母親 カロリーネ・フォン・ナッサウ=ザールブリュッケン
テンプレートを表示

生涯編集

プファルツ=ツヴァイブリュッケン公クリスティアン3世と妃カロリーネ・フォン・ナッサウ=ザールブリュッケンの第1子として生まれた。プファルツヴィッテルスバッハ家傍系のプファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト家の出身であるが、甥マクシミリアン・ヨーゼフが後に初代バイエルン国王となっている。

1741年8月12日にツヴァイブリュッケンで、後のヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世と結婚した。

カロリーネは「大方伯妃」(die Große Landgräfin)として知られる。これはヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテによって付けられた呼び名である。カロリーネはゲーテの他、ヘルダーヴィーラントなどの文人や哲学者たちと交友関係があった。

子供編集

夫との間に3男5女をもうけた。

  1. カロリーネ(1746年 - 1821年) ヘッセン=ホンブルク方伯フリードリヒ5世妃
  2. フリーデリケ(1751年 - 1805年) - プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世
  3. ルートヴィヒ10世/1世(1753年 - 1830年) - ヘッセン=ダルムシュタット方伯、後にヘッセン大公
  4. フリーデリケ・アマーリエ(1754年 - 1832年) - バーデン大公子カール・ルートヴィヒ
  5. ヴィルヘルミーネ・ルイーザ(1755年 - 1776年) - ロシア皇帝パーヴェル1世
  6. ルイーゼ(1757年 - 1830年) - ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・アウグスト
  7. フリードリヒ(1759年 - 1802年) - ブレスラウ司教
  8. クリスティアン(1763年 - 1830年)

外部リンク編集