ベイシス (インフラ)

ベイシス株式会社: Basis Corporation/Basis Corp. )は、東京都品川区に本社を置く、通信インフラエンジニアリングを行うインフラテック企業である。[2]

ベイシス株式会社
Basis Corporation/Basis Corp.
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 4068
2021年6月24日上場
本社所在地 日本の旗 日本
140-0001
東京都品川区北品川1-9-2
TOKYO YBビル5F
設立 2000年7月19日
業種 情報・通信業
事業内容 インフラエンジニアリングサービス
代表者 代表取締役社長 吉村公孝
資本金 93,470,000円
売上高 32億6302万円
(2020年3月期)[1]
営業利益 1億2390万2000円
(2020年3月期)[1]
経常利益 1億1760万6000円
(2020年3月期)[1]
純利益 6998万3000円
(2020年3月期)[1]
純資産 6億3091万2000円
(2020年3月31日現在)[1]
総資産 16億9613万5000円
(2020年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 ワイズマネージメント(株) 53.42%
吉村公孝 31.13%
ベイシスグループ従業員持株会 7.02%
(2021年5月14日現在)[1]
外部リンク https://www.basis-corp.jp/
テンプレートを表示

概要編集

2000年7月19日、広島県広島市にて有限会社サイバーコネクションとして設立し、インフラエンジニアリング事業をスタート。

2006年に東京に本社移転し、現在では通信インフラの構築・運用ノウハウに関する知見を持ったプロフェッショナルを多数擁し、RPAAIドローンなどのテクノロジーを活用することで、通信・電力・ガス事業者等のインフラの構築・運用保守におけるバリューチェーン(設計・施工・運用・保守)を、高付加価値なエンジニアリングサービスとしてワンストップで提供している。

また、国内各地域に営業拠点を設置するとともに施工等を担う協力会社を配し、日本全国にサービスを提供できるネットワークを保有している。

社内にシステム開発部門を持ちRPA、AI、ドローンなどのテクノロジーによるインフラ業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)に積極的に取り組んでおり、インフラ業界のDXを推進、変革するインフラテック企業として、上場企業を中心としたインフラ事業を営む顧客に対し、プロジェクトマネジメント支援や現場作業のIT化など顧客企業を成功に導くための事業展開をしている。

世の中の基盤を創り・支え、ベイシスという会社自身が社会にとって必要不可欠な基盤となる、という想いから、基礎・土台・基盤・根幹を意味する「Basis」が2014年から社名となっている。[2]

事業内容編集

インフラエンジニアリングサービス[2]

  ・モバイルエンジニアリングサービス(携帯電話のインフラ・ネットワーク構築・運用保守)

     無線基地局工事、運用保守、プロジェクト受託、エンジニア派遣

  ・IoTエンジニアリングサービス(IoTインフラ・ネットワーク構築・運用保守)

     スマートメーター交換・設置、IoTネットワーク構築

  ・その他サービス

     システム開発、RPA、ドローンによる点検保守ソリューション

沿革編集

  • 2000年(平成12年)

  ・7月ー資本金300万円にて広島市に有限会社サイバーコネクション(現ベイシス株式会社)設立。

      インフラエンジニアリング事業モバイルエンジニアリングサービスを開始。

  • 2005年(平成17年)

  ・9月ー資本金を1,000万円に増資し、株式会社サイバーコネクション(現ベイシス株式会社)に組織変更。

  • 2006年(平成18年)

  ・4月ー本社を東京都品川区に移転。広島本社を支店に変更。

  ・10月ー仙台支店を宮城県仙台市に設立。

  ・11月ー福岡支店を福岡県福岡市に設立。

  • 2007年(平成19年)

  ・3月ー大阪支店を大阪府大阪市に設立。

  ・7月ー札幌支店を北海道札幌市に設立。

  • 2009年(平成21年)

  ・7月ー資本金を5,000万円に増資。

  • 2011年(平成23年)

  ・11月ー株式会社サイバーコネクションエンジニアリング(のちのベイシスエンジニアリング株式会社)設立。

  • 2012年(平成24年)

  ・3月ー資本金を5,000万円に増資。

  ・8月ー株式会社CCソリューション(のちのベイシスソリューション株式会社)設立。

       株式会社CCアドバンス(のちのベイシスアドバンス株式会社)設立。

  • 2013年(平成25年)

  ・7月ーベイシスエナジーシステム株式会社(のちのベイシスイノベーション株式会社)設立。

  • 2014年(平成26年)

  ・2月ー株式会社サイバーコネクションをベイシスホールディングス株式会社に社名変更。

  ・5月ー資本金を8,850万円に増資。

  ・6月ー資本金を9,347万円に増資。

  • 2015年(平成27年)

  ・4月ーインフラエンジニアリング事業をインフラテック事業へ拡大。

      IoTインフラ・ネットワーク構築・運用保守などIoTエンジニアリングサービスを開始

  • 2017年(平成29年)

  ・6月ーベイシスアドバンス株式会社をベイシスエンジニアリング株式会社へ合併。

       ベイシスイノベーション株式会社をベイシスソリューション株式会社へ合併。

  ・10月ーベイシスエンジニアリング株式会社とベイシスソリューション株式会社をベイシスホールディングス株式会社へ合併。

      グループ1社化を期にベイシス株式会社に社名変更。

  • 2018年(平成30年)

  ・7月ーRPAツール販売を開始。

  • 2019年(令和元年)

  ・7月ードローンを活用した設備点検サービスの開始。[2]

  • 2021年(令和3年)

  ・6月ー東京証券取引所マザーズ市場に上場。

事業拠点編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 新規上場のための有価証券報告書ベイシス
  2. ^ a b c d e 会社案内”. 2020年8月26日閲覧。