ベイビー・フェイス・ウィレット

ベイビー・フェイス・ウィレットBaby Face Willette1933年9月11日 - 1971年4月1日)は、アメリカ合衆国ジャズ・ミュージシャン。ハモンドオルガンを演奏してビバップハード・バップソウル・ジャズの分野で活動した。ジミー・スミスの活動に触発されているが、演奏様式はゴスペルソウル・ジャズに色濃く影響されている。出身地が、アーカンソー州リトルロックなのか、それともルイジアナ州ニューオーリンズなのかは未だに定かでない[1]ブルーノート・レコード[2]に録音を残している。ジミー・スミスブラザー・ジャック・マクダフジミー・マクグリフとともに、ソウル・ジャズ、オルガン・ジャズの代表格とされている。

ベイビー・フェイス・ウィレット
Baby Face Willette
出生名 Roosevelt Willette
生誕 (1933-09-11) 1933年9月11日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (1971-04-01) 1971年4月1日(37歳没)
ジャンル ハード・バップソウル・ジャズ
担当楽器 ハモンドオルガン

略歴 編集

父親は聖職者で、宣教師の母親は教会ピアノを弾いていた。したがってウィレットの音楽のルーツはゴスペルだった。

ピアノを独学すると、さまざまなゴスペル・グループのためにピアノで伴奏を付けるようになり、早くからアメリカ国内だけでなく、カナダキューバで演奏旅行を行なった[3]シカゴにおいて、ゴスペルやリズム・アンド・ブルースから、ジャズ・バンドでの演奏に転身することを決意する。キング・コラックスやジョー・ヒューストン、ジョニー・オーティス、ビッグ・ジェイ・マクニーリーのそれぞれの楽団でピアニストを経験した後、オルガニストに転向する。1960年ニューヨーク入りしてルー・ドナルドソングラント・グリーンに出逢い、ブルーノート・レコードの数回のセッションで2人と共演した。その結果、ブルーノート・レコードと契約することになり、デビュー・アルバムの『フェイス・トゥ・フェイス』を録音した[3]1963年には自身のトリオを結成して、アーゴ・レーベルに2枚のアルバムを遺している[1]

ニューヨークとカリフォルニアで倹しい生活を送った後、家族の待つシカゴに戻らざるを得なくなり、1971年に同地で夭折した。

私生活 編集

  • プロの美容師でもあった。
  • ニューヨークに進出するまではミルウォーキーの外れに拠点を置いて、歌手でもあった妻ジョー・ギブソンといくつかのクラブで共演した。
  • ケヴィン・ベイリー(Kevin D. Bailey)という名の息子がいる。

ディスコグラフィ 編集

リーダー・アルバム 編集

  • 『フェイス・トゥ・フェイス』 - Face to Face (1961年、Blue Note)
  • 『ストップ・アンド・リッスン』 - Stop and Listen (1961年、Blue Note)
  • 『モー・ロック』 - Mo' Rock (1964年、Argo)
  • 『ビハインド・ジ・エイト・ボール』 - Behind the 8 Ball (1965年、Argo)

参加アルバム 編集

関連項目 編集

出典/脚注 編集

  1. ^ a b Allmusic Biography "Baby Face" Willette Accessed: 2012-07-22
  2. ^ http://www.bluenote.com/artists/baby-face-willette
  3. ^ a b Robert Levin, Booklet of Face to Face

外部リンク 編集