ベルギー・プロ・リーグ2009-2010

ジュピレル・プロリーグ2009-2010ベルギー最上位サッカーリーグリーグの第107シーズン目である。RSCアンデルレヒトが30回目の優勝を決めた[1][2][3]

ベルギーの旗 ジュピレル・プロリーグ
シーズン 2009-2010
優勝 RSCアンデルレヒト (30回目)
昇格 Kシント=トライデンセVV
降格 REムスクロン (途中破産/16位)
KSVルーセラーレ (15位/PO敗北)
CL2010-11 RSCアンデルレヒト
KAAヘント
EL2010-11 クルプ・ブルッヘKV
KRCヘンク
セルクル・ブルッヘKSV
試合数 289
ゴール数 800 (1試合平均2.77)
得点王 ベルギーの旗 ロメル・ルカク (13)

概要

編集

今季からレギュラーシーズンに加えてプレーオフが導入された。レギュラー上位グループは優勝とCL出場権を争うプレーオフ1フランス語版、それに続く中位グループはEL出場権を争うプレーオフ2に進出する。今季は残留争いに関して1部リーグ内でのPOは導入せず、かつて行われていたレギュラー15位と2部リーグ「EXQIリーグ」のクラブが対戦する昇降格プレーオフが復活し、16位 (レギュラー最下位)は自動降格する。このプレーオフ導入と16クラブ制移行はベルギーのプロサッカークラブ連合組織プロ・リーグによって提案され、2008年5月17日にベルギーサッカー協会によって正式承認された[4]

リーグ改革

編集

ボスマン判決前後から続くベルギーのクラブチームの国際大会での成績低迷を打破するため、2000年代後半から様々な改革が行われてきた。まずベルギーサッカー協会は一歩引いた立場から運営に携わるようになり、代わってサッカービジネスの最前線にいる各クラブ経営者たちが集まる組織、プロ・リーグが改革を主導した。リーグ名称の「ジュピレル・プロリーグ」への統一、ロゴマークの定期的リニューアル等といった商業面の強化に加えて、今季導入されたプレーオフは「リーグ全体のレベルアップ」「リーグの魅力を増加させる」という目的を持っていた。プレーオフ1は優勝を争うトップレベルのチーム同士の対戦を増やして試合の質と注目度をアップさせる事を目指しており、プレーオフ2はヨーロッパリーグ出場権争いの決着を長引かせ多くのチームにチャンスを与えることで、シーズン終盤の盛り上げを狙っている[4]

プレーオフ1

編集

レギュラーシーズン上位6クラブが進出する。レギュラー最終勝点を2で割った状態 (奇数の場合は四捨五入で0.5ポイント余分に獲得)でスタートし、ホーム・アンド・アウェー総当たりで対戦。1位はリーグ優勝・CL2010-11出場、2位は同CL出場、3位はEL2010-11出場、4位はプレーオフ2勝者とEL第2出場権を賭けて「ヨーロッパリーグ・プレーオフ」を戦う。

プレーオフ2

編集

レギュラーシーズンの7位から14位が進出する。勝ち点はゼロからのスタート。これら8クラブを2グループに分けてH&A総当たりで対戦、双方の1位同士がH&Aで対戦し、その勝者がプレーオフ1の4位とELプレーオフを戦う[4]

降格枠[4]

編集

レギュラーシーズン15位:昇降格プレーオフ出場 レギュラーシーズン16位:自動降格

順位決定方法[4]

編集
  1. 勝ち点
  2. 勝利数
  3. 得失点差
  4. 総得点
  5. アウェイゴール数
  6. アウェイ勝利数
  7. 当該対戦結果

その他の規定[4]

編集
  • イエローカード累積5枚で一試合、累積10枚で二試合、累積15枚で三試合出場停止。
  • 警告2枚での退場は次の試合に出場停止。
  • 一発退場への処分決定および異議申し立て期間は一週間以内。その一週間以内に次の試合があれば、その試合に出場停止となる可能性もある。
  • レギュラーシーズン終了からプレーオフ終了までベルギー人・外国人選手とも移籍を禁じる。
  • 各クラブはベルギー国内で育成された選手を最低6人出場させなくてはならない。

出場クラブ

編集


名前 クラブ番号 ホームタウン ホームスタジアム 監督
RSCアンデルレクト 35 アンデルレクト スタッド・コンスタン・ヴァンデン・ストック   アリエル・ヤーコプスオランダ語版
KFCGBアントウェルペン 3530 アントウェルペン キールスターディオン   エメ・アンテュエニス
セルクル・ブルッヘKSV 12 ブルッヘ ヤン・ブレイデルスターディオン   グレン・デ・ブック
クルプ・ブルッヘKV 3 ブルッヘ ヤン・ブレイデルスターディオン   アドリー・コスター
RシャルルロワSC 22 シャルルロワ スタッド・デュ・ペイ・ドゥ・シャルルロワ   ステファン・ドゥモル
KRCヘンク 322 ヘンク クリスタル・アレーナ   ヘイン・ヴァンハーゼブルック
KAAヘント 7 ヘント ユレス・オッテンスタディオン   ミシェル・プロドーム
KVコルトレイク 19 コルトレイク ヒュルデンスポーレンスタディオン   ジョルジュ・レーケンス
Rスタンダール・ドゥ・リエージュ 16 スクレサン スタッド・ドゥ・スクレサン   ラースロー・ベレニ
KSCロケレンOV 282 ロケレン ダークナムスターディオン   アレクサンダル・ヤンコヴィッチ
YRKVメヘレン 25 メヘレン アフテル・デ・カゼルネ   ペーテル・マース
Rエクセルシオール・ムスクロン 224 ムスクロン ル・キャノニエ   ミロスラフ・ジュキッチ
KSVルーセラーレ 134 ルーセラーレ スヒールフェルデスターディオン   デニス・ファン・ヴァイク
Kシント=トライデンセVV 373 シント=トライデン スタイエン   ハイド・ブレプールス
KVCウェステルロー 2024 ウェステルロー エト・カイピエ   ヤン・クーレマンス
SVズルテ=ワレヘム 5381 ワレヘム レーヘンボーフスタディオン   フランキー・ドゥーリー

レギュラーシーズン

編集
チーム 出場権または降格
1 RSCアンデルレクト (C, O) 28 22 3 3 62 20 +42 69 プレーオフ1出場
2 クルプ・ブルッヘKV 28 17 6 5 52 33 +19 57
3 KAAヘント 28 14 7 7 49 30 +19 49
4 KVコルトレイク 28 12 9 7 39 30 +9 45
5 Kシント=トライデンセVV 28 12 6 10 35 35 0 42
6 SVズルテ=ワレヘム 28 10 11 7 39 32 +7 41
7 YRKVメヘレン 28 12 3 13 36 46 −10 39 プレーオフ2出場
8 Rスタンダール・ドゥ・リエージュ 28 10 9 9 38 34 +4 39
9 セルクル・ブルッヘKSV 28 11 5 12 45 40 +5 38
10 KFCGBアントウェルペン 28 9 8 11 30 43 −13 35
11 KRCヘンク (O) 28 8 10 10 33 31 +2 34
12 KVCウェステルロー 28 8 8 12 28 34 −6 32
13 RシャルルロワSC 28 5 8 15 28 45 −17 23
14 KSCロケレンOV 28 5 3 20 22 54 −32 18
15 KSVルーセラーレ (R) 28 4 6 18 29 58 −29 18 EXQIリーグ2009-2010フランス語版昇降格プレーオフ
16 Rエクセルシオール・ムスクロン (R) 0 0 0 0 0 0 0 0 EXQIリーグ2010-2011フランス語版に降格[注 1]
出典: walfoot.be
順位の決定基準: 1) 勝ち点; 2) 勝利数; 3) 得失点差; 4) 総得点; 5) アウェイゴール数; 6) アウェイ勝利数; 7) 順位決定戦
(C) 優勝; (O) プレーオフ勝者; (R) 降格.
注釈:
  1. ^ シーズン中に破産したため全対戦結果を取り消し。

プレーオフ1

編集
順位 クラブ 試合 勝点
優勝 1. RSCアンデルレクト 10 7 3 0 24 9 +15 59
CL 2. KAAヘント 10 4 4 2 20 13 +7 41
EL 3. クルプ・ブルッヘKV 10 3 3 4 14 15 −1 41
4. Kシント=トライデンセVV 10 3 4 3 9 10 −1 34
5. KVコルトレイク 10 3 1 6 9 13 −4 33
6. SVズルテ=ワレヘム 10 2 1 7 7 23 −16 28

順位表ソース:Voetbalkrant.com
試合結果ソース:Voetbalkrant.com

プレーオフ2

編集

グループA

編集
順位 クラブ 試合 勝点
1. KVCウェステルロー 6 3 1 2 12 9 +3 10
2. YRKVメヘレン 6 3 1 2 10 8 +2 10
EL* 3. セルクル・ブルッヘKSV 6 2 1 3 9 12 −3 7
4. KSCロケレンOV 6 1 3 2 12 14 −2 6

カップ戦優勝のKAAヘントがプレーオフ1でCL出場を決めた為、カップ準優勝のセルクルがその権利を譲渡された。

グループB

編集
順位 クラブ 試合 勝点
EL 1. KRCヘンク 6 5 1 0 12 3 +9 16
2. Rスタンダール・ドゥ・リエージュ 6 2 2 2 8 5 +3 8
3. KFCGBアントウェルペン 6 1 2 3 6 12 −6 5
4. RシャルルロワSC 6 1 1 4 4 10 −6 4

グループ間ファイナル

編集

ELプレーオフ

編集

順位表ソース:Voetbalkrant.com
試合結果ソース:Voetbalkrant.com

個人成績

編集

得点ランキング

編集

プレーオフの導入で各クラブの総試合数が一時的にバラついているため、今季はレギュラーシーズンの得点しか正式集計されなかった。

順位 選手 クラブ 点数 試合 平均
1.   ロメル・ルカク RSCアンデルレヒト 13 21 0,62
2.   ドルジュ・クエマー クルプ・ブルッヘKV 11 21 0,52
"   イブライム・シディブ Kシント=トライデンセVV 11 24 0,46
3.   ダヴィド・ヤンチュク KSCロケレンOV
KFCGBアントウェルペン
10 20 0,50
"   ミラン・ヨヴァノヴィッチ Rスタンダール・ドゥ・リエージュ 10 22 0,45
"   テディ・シュヴァリエ SVズルテ=ワレヘム 10 23 0,43
4.   シリル・テレオー RシャルルロワSC 9 24 0,38

ソース:Voetbalkrant.com

脚注

編集

注釈

編集

出典

編集
  1. ^ Belgium 2009/2010” (英語). WildStat.com. 2023年4月29日閲覧。
  2. ^ Jupiler Pro League 2009 - 2010” (オランダ語). voetbalkrant.com. 2023年5月24日閲覧。
  3. ^ histoire Jupiler Pro League 2009 - 2010” (フランス語). walfoot.be. 2023年5月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Qu'est-ce qui change et pourquoi ?” (フランス語). sport.be (2009年6月22日). 2023年5月29日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集