メインメニューを開く

ベル・エポック』は逢坂みえこによる日本漫画作品。『ヤングユー』(集英社)にて、1991年から2002年まで不定期連載された。単行本はコミックス全11巻、文庫版全7巻。1998年に映画化された。

芸能雑誌「ピカピカ」の編集者・鈴木綺麗を取り巻く人々の群像劇で、綺麗の結婚・出産・異動により、登場人物は入れ替わっていった。基本は一話完結型。

目次

登場人物編集

鈴木綺麗(すずき きれい)
30歳独身の芸能雑誌編集者(連載開始当時)。連載後期には10年勤めた「ピカピカ」から少年向け漫画雑誌「少年ガッツ」に異動し班長となった[1]
音無一徳
綺麗の大学時代の後輩。レコード会社勤務。綺麗とは再会を機に程なく恋愛関係になる。
山田秀子
「ピカピカ」の副編集長。綺麗とは同期。小柄だがしっかり者。
詩音
「ピカピカ」で連載しているイラストレーター。秀子とは従姉妹。
星野ひとみ
大物アイドル歌手。同い年(ひとみは5歳サバを読んでいる)の綺麗と仲が良い。
小坂みえはる
「少年ガッツ」に異動した綺麗が初めて担当した漫画家。かなりナイーブな人物。
鳴門るな(なると るな)
「少年ガッツ」の新人女性編集者。綺麗から小坂の担当を引き継ぐ。

映画編集

ベル・エポック
監督 松岡錠司
脚本 松岡錠司、福田卓郎
原作 逢坂みえこ『ベル・エポック』
製作 宅間秋史
喜多麗子
梅川治男
製作総指揮 松下千秋
出演者 石田ひかり
鷲尾いさ子
白島靖代
篠原涼子
鈴木京香
音楽 梅林茂
主題歌 篠原涼子「a place in the sun」
撮影 石井勲
編集 奥原好幸
製作会社 フジテレビジョン
東宝
配給 東宝
公開   1998年9月26日
上映時間 129分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1998年9月26日公開。配給は東宝

キャスト編集

スタッフ編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 作中ではゼネラリスト養成を建前とした異動となっている。

外部リンク編集