メインメニューを開く

ベーリング (Bering) はイギリス生まれの競走馬および種牡馬である。

ベーリング
欧字表記 Bering
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1983年3月20日
死没 2011年12月16日(28歳没)
Arctic Tern
Beaune
母の父 Lyphard
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 アレック・ヘッド夫妻[1]
馬主 アレック・ヘッド
調教師 クリケット・ヘッド[1]フランス
競走成績
生涯成績 7戦5勝
獲得賞金 407万2450フラン
テンプレートを表示

目次

経歴編集

2歳時の1985年に競走馬デビューし、デビュー2戦目で初勝利を挙げた。

3歳となった1986年はまずノアイユ賞 (G2) で重賞初勝利を挙げると、続くオカール賞 (G2) とジョッケクルブ賞 (G1) も制した。ジョッケクルブ賞の勝ちタイムはレースレコードとなる2分24秒1だった。その後休養をはさみ、秋の初戦となったニエル賞 (G3) を制して連勝を5まで伸ばしたが、次の凱旋門賞 (G1) ではダンシングブレーヴに1馬身半差で敗れて2着となり、この競走を最後に競走馬を引退した。

1987年からアメリカケンタッキー州[1]種牡馬となり、2009年まで種牡馬として活動した[1]。種牡馬引退後2011年に死亡[1]するまでドーヴィルケスネー牧場で繋養されていた[1]

主な産駒編集

種牡馬としても産駒が活躍し、ペニカンプアメリカンポストといったG1優勝馬を輩出した。ペニカンプやアメリカンポストは種牡馬入りを果たし、サイアーを繋げている。日本においては、持込馬のケープリズバーンが1999年TCK女王盃を制している。

母の父としてのおもな産駒は以下のとおり。

血統表編集

ベーリング血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ネイティヴダンサー系
[§ 2]

Arctic Tern
1973 栗毛
父の父
Sea-Bird
1962 栗毛
Dan Cupid Native Dancer
Vixenette
Sicalade Sicambre
Marmelade
父の母
Bubbling Beauty
1961 栗毛
Hasty Road Roman
Traffic Court
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator

Beaune
1974 栗毛
Lyphard
1969 鹿毛
Northern Dancer Nearctick
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
母の母
Barbra
1969 黒鹿毛
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Biobelle Cernobbio
La Beloli
母系(F-No.) (FN:7-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Almahmoud 3×5=15.63%、Native Dancer 4×5=9.38%、Prince Bio 5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [2]
  2. ^ [3]
  3. ^ [2]
  4. ^ [2][3]


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k Stevens, Martin (2011年12月16日). “French stallion stalwart Bering put down at 28” (英語). Racing Post. 2012年12月6日閲覧。
  2. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Bering(GB)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年11月11日閲覧。
  3. ^ a b Beringの血統表”. netkeiba.com. 2018年11月11日閲覧。

外部リンク編集