ボルボ・フィリップ

ボルボ・フィリップ (1952)

ボルボ・フィリップ[1]は、1952年に設計されたコンセプトカー。デザイナーは、ヤン・ヴィルスガールドで、アマゾンのデザインも手掛けている。


概要編集

ボルボ・フィリップは、米国市場向けに設計されており、V8エンジンを搭載し最大出力120hp(89kW)4000rpmであった。 デザインは米国車に影響され、1951年カイザーと類似し、ホワイトタイヤとテールフィンを備えていた。

フィリップの生産は、取締役会によって取り消しになったが、極秘に1台のみが組み立てられた。その後、エシルストゥーナボリンダー=ムンクテルで徹底的にテストを行い数年間使用された。現在は、ボルボ博物館に展示されている。

V8エンジンは1956年に生産を開始し、ボルボのトラックボートにも搭載され、1973年まで生産されていた。そのV8エンジンの信頼性は高かったが、燃料の消費量も多かった。

脚注編集

  1. ^ ボルボ・ビジターセンター”. ボルボ・カーズ. 2018年10月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集