メインメニューを開く

パブリック・イメージ・リミテッド

パブリック・イメージ・リミテッド (Public Image Ltd)は、ジョン・ライドンが1978年に結成したイギリスロック・バンド。略称はPIL

パブリック・イメージ・リミテッド
Public Image Ltd
Public Image Ltd. live 27 10 2013 photo 1.JPG
2013年の再結成ライブ
基本情報
別名 PiL
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ポストパンク、エクスペリメンタル・ロック、ダンスロック、ノイズロックダブニュー・ウェイヴ
活動期間 1978年 - 1992年
2009年 -
レーベル ヴァージンワーナーエレクトラ、PiL Official
共同作業者 セックス・ピストルズ
ザ・クラッシュ
フラワーズ・オブ・ロマンス
ポップ・グループ
公式サイト Pilofficial.com
メンバー ジョン・ライドン
ブルース・スミス
ルー・エドモンズ
スコット・ファース

目次

来歴編集

1978年セックス・ピストルズを脱退したジョン・ライドンが、レゲエの本場ジャマイカで3週間の休暇を過ごしたのち[1]、レゲエ好きの友人ジャー・ウォブルと、ザ・クラッシュの元ギタリストキース・レヴィンに声を掛け、バンドを結成。ドラマーのジム・ウォーカーはオーディションによって雇われた。

1978年12月、ファースト・アルバム『パブリック・イメージ』をヴァージンから発表。

1979年11月、セカンド・アルバム『メタル・ボックス』を発表。既にドラマーのジム・ウォーカーは制作開始時には在籍しておらず、ドラムはデービッド・ハンフリー、リチャード・デュダンスキー、ジャー・ウォブルキース・レヴィンマーティン・アトキンスによって演奏された。このアルバムはヒットチャートの上位にランクインし、音楽的なユニークさからもかれらの代表作とされている。発表直後、ウォブルが意見の相違のためバンドを脱退。彼の最初のソロ・アルバムは、『メタル・ボックス』の音源を無断流用したものだった。またマーティン・アトキンスも一旦解雇となる。

1981年4月、メンバーはマーティン・アトキンスを呼び戻し、新しいベーシストを迎えることなく、『フラワーズ・オブ・ロマンス』を発表[2]

長いブランクを挟み、ジョン・ライドンキース・レヴィンは『Commercial Zone』を録音。しかしリリース直前に意見の相違によりキース・レヴィンが脱退。キース・レヴィンは自主制作盤としてこの録音を発表。PIL(ジョン・ライドンマーティン・アトキンス)はその別バージョンといえる『ジス・イズ・ホワット・ユー・ウォント』(1984年7月)を発表。

その後PILはライドン中心の流動的なプロジェクトとなり、『ALBUM』(1986年2月)を発表。『HAPPY?』(1987年9月)以降はパーマネントなバンド編成となり、『ザット・ホワット・イズ・ノット』(1992年2月)を最後に活動を休止。2009年12月のイギリス・ミニツアーで活動を再開した。

2012年5月に『ディス・イズ・PiL』を発表。20年間リリースが無かったことについて「自分の意志でそうしたわけではない」「レコード会社との契約が邪魔して取りかかれなかった。待ってタイミングを計るしかなかったんだ」と発言している[3]

メンバー編集

最新ラインナップ編集

  • ジョン・ライドン (John Lydon) - ボーカル、その他諸々 (1978年-1992年、2009年- )
  • ブルース・スミス (Bruce Smith) - ドラム、バック・ボーカル (1986年-1990年、2009年- )
  • ルー・エドモンズ (Lu Edmonds) - ギター、サズ、キーボード、バック・ボーカル (1986年-1988年、2009年- )
  • スコット・ファース (Scott Firth) - ベース、キーボード、バック・ボーカル (2009年)

旧メンバー編集

  • キース・レヴィン (Keith Levene) - ギター、キーボード、その他諸々(1978年-1983年)
  • ジャー・ウォブル (Jah Wobble) - ベース(1978年-1980年)
  • ジム・ウォーカー (Jim Walker) - ドラム(1978年)
  • ヴィヴィアン・ジャクソン (Vivian Jackson) – ドラム (1979年)
  • デービッド・ハンフリー (David Humphrey) – ドラム (1979年2月)
  • リチャード・デュダンスキー (Richard Dudanski) – ドラム (1979年4月-9月)
  • カール・バーンズ (Karl Burns) – ドラム (September 1979年)
  • マーティン・アトキンス (Martin Atkins) - ドラム(1979年-1980年、1982年-1985年)
  • スチュ・ニュー (Steve New) – ギター (1980年 2010年没)
  • ケン・ロッキー (Ken Lockie) – キーボード (1982年)
  • ピート・ジョーンズ (Pete Jones) – ベース (1982年-1983年)
  • ジョン・マクゴー (John McGeoch) – ギター (1986年-1992年 2004年没)
  • アラン・ディアス (Allan Dias) – ベース (1986年-1992年)

その他の協力者編集

  • デイヴ・クロウ (Dave Crowe) - 秘書 (1978年-1981年)
  • ジャネット・リー (Jeannette Lee) - 映像作家 (1979年-1983年)

日本公演編集

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

ピストルズ時代のR&Rを拒絶したジャーマンロック的なサウンド。ライドンのボーカル・スタイルも高くいななくようなものに変わっている。
  • 『メタル・ボックス』 - Metal Box (1979年)
45回転LP3枚組が、文字通り金属製のボックスに入った形で発売されたアルバム(映画のフィルムケース、あるいは地雷にも似た円盤状のボックス)。ジャー・ウォブルの地を這うようなベースと、キース・レヴィンのギター、ライドンの声が絡み合う。追加曲を組み込んで通常の33回転LPとしたレギュラー・バージョン『Second Edition』も出ている。
ベースレス編成になったことで民族音楽に接近、呪術的なドラムサウンド。
  • 『ラブソング』This is not a love song を2テイク、Blue Water、Public Image (78年)の4曲構成のLPサイズ45回転のシングル。このテイクは次のアルバムには収録されなかった。
  • 『ジス・イズ・ホワット・ユー・ウォント』 - This Is What You Want... This Is What You Get (1984年)
『コマーシャル・ゾーン』の曲の再演では大胆にディスコサウンドを取り入れた。
ビル・ラズウェルがプロデュースしたハードなサウンド。坂本龍一スティーヴ・ヴァイジンジャー・ベイカーが参加。
  • 『HAPPY?』 - Happy? (1987年)
マガジンポップ・グループなどの元メンバーが集まったバンド編成となる。サウンド的にはポップ路線。
  • 『9/ナイン』 - 9 (1989年)
前作を引き継いだポップ路線の第2弾。ペット・ショップ・ボーイズニュー・オーダー等のプロデューサーとして知られるステファン・ヘイグがプロデュース。
  • 『ザット・ホワット・イズ・ノット』 - That What Is Not (1992年)
一部メンバーが入れ替わったポップ路線の第3弾。セックス・ピストルズの曲をサンプリングに使っている。
  • 『ディス・イズ・PiL』 - This Is PiL (2012年) ※旧邦題『This is PiL - 伝説をぶっとばせ』
  • 『ホワット・ザ・ワールド・ニーズ・ナウ…』 - What The World Needs Now (2015年)

ライブ・アルバム編集

パリ公演。観客に向かい、"Shut up!" と冷たく言い放つライドン。初期PILの貴重な記録。
初来日公演を記録したライブ盤。45回転LP2枚組でリリースされた。ドラムのマーティン・アトキンス以外はセッション・ミュージシャンを起用し、演奏は評判が悪かったが、アルバムとしてはヒットした。
  • AliFE (2009年)
  • Live at the Isle of Wight Festival 2011 (2011年)
  • 『ロックパラスト1983』 - Live at Rockpalast 1983 (2012年)
  • Live at O2 Shepherd's Bush Empire (2015年)

コンピレーション・アルバム編集

  • Commercial Zone (1983年) ※自主制作盤
  • 『グレイテスト・ヒッツ・ソー・ファー』 - The Greatest Hits, So Far (1990年)
初のベスト盤。内容はレヴィン脱退後である後期の曲が中心。
  • Box (1990年) ※ボックス・セット
  • Plastic Box (1999年)
全シングルのAB面と代表曲を集めたボックスセット。
  • Public Image/Second Edition (2003年) ※2in1再発
  • Gold (2012年)
  • 『ザ・パブリック・イメージ・イズ・ロットン(ソングス・フロム・ザ・ハート)』 - The Public Image is Rotten - Songs from the Heart (2018年)

脚注編集

  1. ^ ヴァージン・レコードリチャード・ブランソン社長も同行していたという。
  2. ^ 渋谷陽一がこのアルバムをラジオ番組で紹介した際、「来日したときジョン・ライドンに和太鼓のレコードをプレゼントした。かれはそれを興味深く聴いていたそうで、その影響が感じられる」と語っている。
  3. ^ PILが20年ぶり新作をリリース! ジョン・ライドン「オーディション番組は音楽をバカにしてる」@niftyミュージック 2012年5月30日
  4. ^ タイトルは記録媒体によって異なる。LPは『ALBUM』、CDは『コンパクト・ディスク』等。

外部リンク編集