メインメニューを開く
Magne Furuholmen Kongsberg Jazzfestival 2018 (221600).jpg

マグネ・フルホルメンMagne Furuholmen1962年11月1日 - )は、ノルウェーオスロ出身のミュージシャン、ビジュアル・アーティスト。バンドa-haのキーボーディスト/ギタリスト。愛称のマグス(Mags)や、ソロ名義のマグネf (magne f)でも知られる。

目次

音楽活動編集

1984年のデビュー以来のa-haのメンバーとして、主にキーボード・ギターを担当。デビュー当初は、ポール・ワークター=サヴォイと共作することが多かったが、2002年以降はアルバム収録の過半数を単独もしくはモートン・ハルケットとの共作で手がけている。

1994年以降、a-haの活動と並行して、同じノルウェーのKjetil Bjerkestrandと組んだユニットTimbersoundとして、ノルウェーの映画やドラマのサウンドトラックを手がけている。

2004年以降はmagne f名義でソロアルバムをリリースしている。

2008年コールドプレイのガイ・ベリーマン、MEWのヨーナス、a-haのマグネ・フルホルメン、プロデューサーのマーティン・テレフェによるサイド・プロジェクト「Apparatjik」(アッパラッチク)に参加、2枚のアルバムを発表している。

2016年9月、ビートルズに憧れる青年たちを描いたノルウェーの青春映画『イエスタデイ』(原題:Beatles)のサウンドトラックを担当、Apparatjik名義での"Come Together"のカバーも収録されている。

ディスコグラフィ編集

(Timbersound) アルバム

  • Ti Kniver i Hjertet (1994)
  • Hotel Oslo (1997)
  • Hermetic (1998)
  • Dragonfly (2001)

シングル

  • Ti Kniver i Hjertet (1994)
  • In the Hands of Fools (1996)
  • We'll Never Speak Again (1997)
  • Wash Her Off Your Hands (1998)

(magne f) アルバム

  • Past Perfect Future Tense (2004)
  • A Dot of Black in the Blue of Your Bliss (2008)

シングル

  • Past Perfect Future Tense (2004)
  • Kryptonite (2005)
  • 2cU Shine (2005)
  • All The Time (2005)

芸術活動編集

音楽活動と並行して、油彩画版画彫刻ステンドグラス陶器など様々な媒体を用いた作品制作を行っている。1989年に初の個展を開いたのを皮切りに、ノルウェー国内のみならず、ロンドンエディンバラパリ北京などで個展を開いた。ノルウェー国内でのビジュアル・アーティストとしての評価は高く、ノルウェー郵政省発行の切手のデザインや、ベルゲン再開発地区の大火記念モニュメントなども手がけている。

外部リンク編集