メインメニューを開く
マナスチュ Shaabai Azizov

マナス (Manas) は、キルギスに伝わる民族叙事詩である。また、その主人公たる勇士の名でもある。

口承された数十万行にも及ぶ壮大な民族叙事詩で、ホメロスの『イリアス』や『オデュッセイア』、古代インドの『マハーバーラタ』などよりもはるかに長い。『ギネス世界記録』では世界で最も長い詩と認定され、50万行以上の長さがあると紹介されている。

目次

内容編集

マナスから始まり、その子セメテイ、孫セイテクと続く、計8代の事跡をうたう。

クタイ(中華系)人とカルマク(オイラト族)人との戦いが叙事詩の主要なテーマになっている。

成立編集

口伝としてのマナスの生まれた時代は、7世紀から10世紀に生まれた説や、15世紀から18世紀の出来事を表しているとする説など諸説がある。

15世紀の初期にマナスについて触れた文献があるが、1885年までは書物になることはなかった。

マナスチ編集

マナスはマナスチまたはマナスチュ (Манасчы, Manaschi) と呼ばれる語り手によって語られる。

キルギスには多くのマナスチュがおり、有名なマナスチュにはサグムバイ・オロズバコフ (Sagimbai Orozbakov)、サヤクバイ・カララエフ (Sayakbai Karalaev)、シャービ・アズィゾフ (Shaabai Azizov)、カバ・アタベコフ (Kaba Atabekov)、セデネ・モルドコーヴァ (Seidene Moldokova)、ジュスプ・ママイ (Yusup Mamai) などがいる。

命名編集

日本語訳編集