急行エストレージャ・デル・ノルテ号の悲劇

急行エストレージャ・デル・ノルテ号の悲劇[注釈 1]は、1978年にアルゼンチン・サンタフェ州の小さな町、サ・ペレイラスペイン語版で列車とトラックが衝突した踏切事故である。

ここでは、近い場所において類似した理由により発生した、1998年のマリアーノ・サーベドラ踏切事故についても記述する。

急行エストレージャ・デル・ノルテ号の悲劇
衝撃により脱線し、重なった客車
衝撃により脱線し、重なった客車
発生日 1978年2月25日
発生時刻 午前7時22分(現地時間)
アルゼンチン共和国
場所 サンタフェ州、サ・ペレイラ
路線 ミトレ将軍鉄道
ロサリオ - サン・ミゲル・デ・トゥクマン区間(通称)
運行者 アルゼンチン国鉄 (初代)スペイン語版
事故種類 踏切事故
脱線事故
原因 自動車(トラック)の警報機表示無視
統計
列車数 1列車(第14列車 - 急行エストレージャ・デル・ノルテ号)
乗客数 2130人
死者 55人
負傷者 56人以上
その他の損害 客車2両全壊とトラックの積み荷25000 kg ほか
テンプレートを表示

概要編集

同国北東部に展開する広軌の鉄道網であるミトレ将軍鉄道・ロサリオ - サン・ミゲル・デ・トゥクマン間に所在するサ・ペレイラ駅の近くで発生したこの事故は、アルゼンチン史上2番目に大きな鉄道事故とされる[1]。トラックに衝突した列車の名前に因み、"Tragedia de Estrella del Norte" - 急行エストレージャ・デル・ノルテ号の悲劇と呼ばれ、事故が発生した場所より、"Tragedia de Sa Pereira" - サ・ペレイラの悲劇という名前でも呼ばれる。

事故の経過編集

快晴の1978年2月25日(土曜日)の午前7時22分、当時35歳のアルナルド・ルーベン・ビアンキーニが運転する、合計25,000 kgの食用脂肪とコンビーフ缶を積んだ1976年式・フォードF型トラックは、アルゼンチン国道16号線(RN16)とミトレ将軍鉄道が交差する地点の、警報機が点滅して鈴が鳴っている踏切へ侵入した[注釈 2]。このトラックは同国北東部のエントレ・リオス州から中部のコルドバ州へ向かっており、先を急ぐため、前方を走っていた長距離バス(ミクロと呼ばれる)を追い越すことに集中しており、踏切の警報機の音に気付いたときにはすでに列車は目前に迫っていた[1]

そこへ、現場に最も近い停車駅・ラファエラに停車したあと、首都ブエノスアイレスの中心部にあるレティーロ・ミトレ駅へ向かう、2130人の乗客を乗せたサン・ミゲル・デ・トゥクマン発の第14列車 - 急行エストレージャ・デル・ノルテ号が接近した。機関士アントニオ・ゴアが率いる急行は衝突を避けることができず、牽引していたディーゼル機関車[注釈 3]はトラックに衝突した反動で飛び上がり転覆。編成中央の客車2両[注釈 4]衝撃により数百メートル引きずられ、両車は重なるように崩壊した[2]

事故の衝撃で車内は混乱し、朝食の準備を行っていた食堂車の厨房では料理を乗せる皿が床に落ち、割れて散乱したという[3]。その後まもなくして、現場であるペレイラの人々と列車の一部の乗客、そして近隣の都市や小さな町から到着した警察と消防士が総出で積極的な援助を行った[3][4]

この事故で、最終的に55人の死亡と56人以上の負傷が確認された[4]

マリアーノ・サーベドラ踏切事故編集

マリアーノ・サーベドラ踏切事故
発生日 1998年1月31日
発生時刻 午前6時15分(現地時間)
アルゼンチン共和国
場所 サンタフェ州マリアーノ・サーベドラスペイン語版
路線 ミトレ将軍鉄道
ロサリオ - サン・ミゲル・デ・トュクマン区間
運行者 トゥクマン・フェロカリレス英語版
事故種類 踏切事故・脱線事故
原因 自動車(トラック)の踏切確認不備
統計
列車数 1列車
(都市間列車レティーロ・ミトレ発サン・ミゲル・デ・トュクマン行き)
死者 1人(トラックの運転手)
負傷者 少なくとも20人
その他の損害 機関車・客車・トラックともに大きな損害
テンプレートを表示

マリアーノ・サーベドラ踏切事故とは、ミトレ将軍鉄道・ロサリオ - サン・ミゲル・デ・トゥクマン間に存在するサンタフェ州の小さな町、マリアーノ・サーベドラスペイン語版で起きた、列車がトラックに衝突した踏切事故[5]

マリアーノ・サーベドラは、前述の事故が発生したサ・ペレイラの隣町かつ隣の駅である。

概要編集

1993年、当時のカルロス・メネム大統領による国有企業の民・州営化事業により、国のほぼすべての鉄道を保有・管理していたアルゼンチン国鉄(初代)が上下分離方式(国から運営権を譲歩される方式)で分解されることになり、ミトレ将軍鉄道・ロサリオ - サン・ミゲル・デ・トュクマン間は線路の保有と貨物列車の運行がヌエボ・セントラル・アルヘンティーノスペイン語版、急行エストレージャ・デル・ノルテ(北星)号に代表される都市間の旅客列車の運行はトゥクマン州によって引き継がれた。トゥクマン州はこれらの都市間列車の名前を"EL TUCUMANO"(エル・トゥクマーノ : トゥクマンの、トゥクマンの人、などの意)に統一したが、線路使用料などの問題により1996年に運行を終了[6]

1997年よりこの列車の運行は民間企業・トゥクマン・フェロカリレス英語版(通称および以下TUFESA)に引き継がれ、同時に機関車・客車の塗装を白地を基調とした目新しいものへ変更[6]。TUFESAは塗装以外にも、車内での携帯電話サービスの提供や車内専用スタッフの充実、ラウンジカー車両の連結など、競争相手の長距離バス(ミクロと呼ばれる)に対しての鉄道の魅力を高める工夫を凝らした。

TUFESAが運行を始めた翌1998年の1月31日・午前6時10分過ぎ、当時58歳のオスカル・セプティモ・トラッサが運転し、助手席に同業のギラルディを乗せ、後ろの荷台にたくさんのレンガを積んだトラックはマリアーノ・サーベドラのはずれにあるミトレ将軍鉄道との交差部に設けられた、警報機のない踏切に接近・侵入[5]

同じころ、前日夜に首都中心部のレティーロ・ミトレ駅を出発し、目的地であるサン・ミゲル・デ・トュクマンのトュクマン・ミトレ駅へ向かっていた、TUFESAの都市間列車(EMD GT22型ディーゼル機関車 - 車両番号9037牽引)がマリアーノ・サーベドラに差し掛かった。列車は町はずれの警報機のない踏切を通過しようとしたとき、踏切内にいたトラックと衝突した[5][6]

衝突の衝撃でトラックは粉々になり、トラックの運転手は死亡[5]。同時に列車は大きく脱線し、多くの客車のクラッシャブルゾーンが衝撃を吸収し変形した。列車の乗客に死者は出なかったものの、少なくとも20人が負傷したという[5]

列車の負傷者は事故現場に最も近い都市、州都サンタフェにある大きな病院へ搬送され、治療を受けた[5]

この事故により、TUFESAは車両の修理を行わなければならなかったが、修理を断念し、対象の車両は現場の線路脇にそのまま残置された[6]。機関車の被害も大きく、当時機関車を2機しか保有していなかったTUFESAにとっては、使用できる機関車が1機となることは会社の存続にかかわる重大な問題であり、他社から別の機関車を借りることとなった[6]。さらに、この事故で多額の「保険金」が発生し、それらの支払いが困難ということから、当時の経営者の男性が辞任したうえで自殺[7]。このあと、TUFESAは事故で使用不可能になった分の車両を追加で整備し運用に入れ、自殺した経営者の関係者の女性が運営を引き継いだものの、経営状況は一向に改善せず、1999年に国からの譲歩を取り消され、新たな企業NOA FERROCARRILES(NOA - Nor Oeste Argentino、北東アルゼンチンの意)が運行・車両一式を引き継ぐこととなった[7][8]

注釈編集

  1. ^ エストレージャ・デル・ノルテ(Estrella del Norte)とは、スペイン語で「北星」の意味である。
  2. ^ 同国の法律においては、踏切侵入時に自動車が一旦停止する必要はないものの、安全確認のために踏切には警告を促す看板が設置されている。
  3. ^ EMD GT22型ディーゼル機関車英語版。アメリカ合衆国のエレクトロ・モーティブ・ディーゼルゼネラル・モーターズの機関車部門)で設計・製造され、電気式である。
  4. ^ 同国コルドバ州に所在する鉄道車両メーカー・Fiat-Materfer(フィアットの子会社の一つ)で製造された車両。車内は二等車がリクライニングシート、三等車が転換クロスシートで、車体下部はボディマウント構造となっていた。

出典編集

  1. ^ a b El tercer accidente ferroviario más grave en la historia del país - LA NACIÓN - 2012年2月23日作成・2020年5月19日閲覧
  2. ^ Trágico accidente del “Estrella del Norte” - ウェイバックマシン - Todotren - 2014年12月23日記録・2020年5月19日閲覧
  3. ^ a b La tragedia de Sa Pereira todavía cruje en la memoria - ウェイバックマシン - Todotren - 2008年5月17日記録・2020年5月19日閲覧
  4. ^ a b HISTORIA DE SA PEREIRA - Expreso Buenos Aires Tucumán - 2007年作成・2020年5月19日閲覧
  5. ^ a b c d e f Chocan un tren y un camión en Santa Fe - La Nación - 1998年2月1日作成・2021年4月28日閲覧
  6. ^ a b c d e TUFESA - lo bueno dura poco - Haciendovia - 2009年9月17日作成・2021年4月28日閲覧
  7. ^ a b Tragica decision de empresario - Clarín - 1998年11月23日作成・2021年4月28日閲覧
  8. ^ NOA FERROCARRILES - NOA FERROCARRILES - 2021年4月28日閲覧

関連項目編集

  • ベナビデス列車追突事故 - 1970年に同じくミトレ将軍鉄道で発生した列車事故。機関車の故障で停車していた普通列車に後続の急行エストレージャ・デル・ノルテ号が追突し、追突された普通列車の乗客236人が死亡、両列車あわせて500人以上が負傷した。折しも追突した急行エストレージャ・デル・ノルテ号は当事故と同様、サン・ミゲル・デ・トゥクマンから首都ブエノスアイレスへ向かう便であった。