マリック・ビーズリー

アメリカのバスケットボール選手 (1996 - )

マリック・ビーズリーMalik Beasley1996年11月26日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身のバスケットボール選手。NBAミネソタ・ティンバーウルブズに所属している。ポジションはシューティングガード

マリック・ビーズリー
Malik Beasley
Malik Beasley FSU.jpg
2015年のビーズリー
ミネソタ・ティンバーウルブズ  No.5
ポジション SG
背番号 5
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 89kg (196 lb)
ウィングスパン 200cm  (6 ft 7 in)[1]
基本情報
本名 Malik Beasley
ラテン文字 Malik Beasley
誕生日 (1996-11-26) 1996年11月26日(24歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州の旗 ジョージア州アトランタ
出身 フロリダ州立大学
NBAドラフト 2016年 19位 
選手経歴
2016-2020
2020-
デンバー・ナゲッツ
ミネソタ・ティンバーウルブズ
Stats ウィキデータを編集 NBA.com

来歴編集

フロリダ州立大学の2015-16シーズンに平均15.6得点 5.3リバウンド 1.5アシストを記録[2]し、ACCのフレッシュマンチームに選出された[3]ビーズリーは、同大学では1年間プレーをだけで2016年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明した[4]

デンバー・ナゲッツ編集

ドラフト1巡目19位でデンバー・ナゲッツから指名された[5][6]。入団以来徐々に出場時間が増えているが、同期入団で同じポジションのジャマール・マリーの控えの立場からは抜け出せていない。2018-19シーズンは81試合で平均23.2分・11.3得点・2.5リバウンド・1.2アシストで、チームとして6年ぶりのプレーオフ出場に貢献した。

ミネソタ・ティンバーウルブズ編集

2020年2月4日、4チーム間の大型トレードでミネソタ・ティンバーウルブズに移籍した。ウルブズ移籍後はチームが再建中だったこともあり積極的に起用され、14試合に先発出場してキャリアハイを大幅に更新する平均20.7得点を記録した。

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2016–17 DEN 22 1 7.5 .452 .321 .800 .8 .5 .3 .0 3.8
2017–18 62 0 9.4 .410 .341 .667 1.1 .5 .2 .1 3.2
2018–19 81 18 23.2 .474 .402 .848 2.5 1.2 .7 .1 11.3
2019–20 41 0 18.2 .389 .360 .868 1.9 1.2 .8 .1 7.9
MIN 14 14 33.1 .472 .426 .750 5.1 1.9 .6 .1 20.7
通算:4年 220 33 17.4 .448 .388 .800 2.0 1.0 .5 .1 8.2

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2019 DEN 14 0 20.1 .387 .404 .710 3.4 1.0 .2 .1 .5 8.1
出場:1回 14 0 20.1 .387 .404 .710 3.4 1.0 .2 .1 .5 8.1

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集