マルコス・アントニオ・エリアス・サントス

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はエリアス第二姓(父方の)はサントスです。

マルコス・アントニオ・エリアス・サントスポルトガル語: Marcos Antônio Elias Santos1983年5月25日 - )は、ブラジルバイーア州出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはディフェンダー

マルコス・アントニオ Football pictogram.svg
名前
本名 マルコス・アントニオ・エリアス・サントス
Marcos António Elias Santos
ラテン文字 Marcos Antônio
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1983-05-25) 1983年5月25日(37歳)
出身地 アラゴイニャスポルトガル語版
身長 187cm
選手情報
ポジション DF
ユース
2001 ブラジルの旗 コリンチャンス・アラゴアーノ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2003 ポルトガルの旗 ポルトB 16 (1)
2003 ポルトガルの旗 アカデミカ (loan) 12 (0)
2003-2007 ポルトガルの旗 ジル・ヴィセンテ 62 (4)
2006-2007 ポルトガルの旗 ウニオン・レイリア (loan) 29 (1)
2007-2009 フランスの旗 オセール 10 (0)
2008-2009 ギリシャの旗 PAOK (loan) 12 (1)
2010 ポルトガルの旗 ベレネンセス 14 (0)
2010-2012 ルーマニアの旗 ラピド・ブカレスト 62 (3)
2012-2014 ドイツの旗 ニュルンベルク 1 (0)
2014-2018 マレーシアの旗 ジョホール・ダルル・タクジム 103 (12)
通算 326 (22)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

SCコリンチャンス・アラゴアーノのユース出身の彼は、2002年8月21日にFCポルトとの契約に調印したものの、翌1月にはアカデミカ・コインブラレンタル移籍した。その後、ジル・ヴィセンテFCで3シーズン過ごした後にUDレイリアを経て、AJオセールに2007年夏に移籍した。

PAOKテッサロニキ編集

その後彼は、買取オプション付でオセールからPAOKテッサロニキにレンタル移籍した[1]。PAOKでは2008-09のギリシャ・スーパーリーグでは初出場の試合で得点を挙げる活躍をしたが、期限満了後はオセールに戻った。

2009年4月には喉頭癌と診断された[2]。彼が喉の痛みを訴えたのはこの二ヶ月前であったが、彼の妻が耳鼻咽喉科の受診を勧めるまで、その原因はわからなかった[3]

CFベレネンセス編集

2010年1月、オレールを退団し、CFベレネンセスとの契約に調印しポルトガルに復帰した[3][4]

FCラピド・ブカレスト編集

その後、FCラピド・ブカレストに移籍し、クパ・ロムニエイでのFCペトロルル・プロイェシュティ戦では2得点を挙げ、チームの5-0の勝利に貢献した。また、リーガ1でのFCスポルトゥル・ストゥデンツェスク・ブカレスト戦でも得点を挙げ、2-0の勝利に貢献した。

1.FCニュルンベルク編集

2012年6月には1.FCニュルンベルクに加入し、2014年までこのチームに在籍した[5]DFBポカールTSVハーフェルゼ戦で初出場を果たした[6]。9月29日にはブンデスリーガでの初出場はVfBシュトゥットガルト戦であったが、試合開始後に2回大きなミスを犯したために15分で交代となった[7]

ジョホール・ダルル・タクジムFC編集

2014年4月にはジョホール・ダルル・タクジムFCバイハッキ・カイザンの後継として加入した。FAMカップ準決勝第1試合、ホームで迎え撃ったパハンFA戦では得点を取るかと思われたが、ボールは飛んでこずに得点はならなかった。その後、スーパーリーグでのパハンFA戦で初得点を挙げた。

タイトル編集

クラブ編集

ジョホール・ダルル・タクジムFC

参考文献編集

  1. ^ PAOK Strike Muslimović Deal”. Goal.com (2008年7月14日). 2012年7月22日閲覧。
  2. ^ La triste histoire de Marcos Antonio” (French). L'Equipe (2009年9月22日). 2013年7月9日閲覧。
  3. ^ a b Marcos António venceu o cancro e assina agora pelo Belenenses” (Portuguese). futebolportugal.clix.pt (2010年1月22日). 2012年7月22日閲覧。
  4. ^ FUTEBOL: Marcos António é o segundo reforço” (Portuguese). Os Belenenses. 2010年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月22日閲覧。
  5. ^ Neuzugang Marcos Antonio hat Kämpferherz: Seinen größten Sieg feierte er gegen den Krebs” (German). Bild.de. Axel Springer AG (2012年6月17日). 2013年7月9日閲覧。
  6. ^ Havelse siegt verdient – Nürnberg blamiert sich” (German). kicker online. Olympia-Verlag GmbH (2012年8月19日). 2013年7月9日閲覧。
  7. ^ Desolate Leistung gegen Stuttgart: Nürnberg-Verteidiger in der 16. Minute ausgewechselt” (German). Spiegel Online (2012年9月29日). 2013年7月9日閲覧。