メインメニューを開く

マルーラSclerocarya birrea)は、ウルシ科に属する植物。雌雄異株であり、南部アフリカミオンボ英語版(Miombo; Brachystegia属、Julbernardia属、Isoberlinia属といったマメ科の木本[2])林や西アフリカスーダンサヘル地帯、マダガスカルに分布する。世界的に知られてはいないが、地域では伝統的に食品や油として利用されてきた。動物にもこれを食物として利用するものが多い。

マルーラ
Marula02.jpg
マルーラの木
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 core eudicots
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ上群 superrosids
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : rosid II / Malvidae
: ムクロジ目 Sapindales
: ウルシ科 Anacardiaceae
: Sclerocarya
: マルーラ S. birrea
学名
Sclerocarya birrea (A. Rich.) Hochst.
シノニム

Sclerocarya caffra Sond.(正確には亜種 caffra の)[1]

亜種
  • Sclerocarya birrea subsp. birrea
  • Sclerocarya birrea subsp. caffra (Sond.) Kokwaro[1]
  • Sclerocarya birrea subsp. multifoliolata (Engl.) Kokwaro[1]
マルーラの木
マルーラの木
マルーラの木の幹
マルーラの実。果物として食用となる

目次

生態編集

マルーラは1本の幹と大きく広がった樹冠を持つ。マルーラの木は灰色で斑の樹皮を特徴とする。この木は標高が低い疎林で育ち、最大で18m程度まで成長する。アフリカとマダガスカルにおけるマルーラの分布はバントゥー系民族の移動と連動しており、太古から彼らの食生活において重要な食品であったことを示している。キリンサイゾウはすべてマルーラの木を食べ、なかでもゾウは特にこの木を好む。ゾウはマルーラの樹皮・枝・果実を食べるため特に被害が大きく、実際にゾウの食害はマルーラの分布の広がりを大幅に制限している。一方でゾウはマルーラの種の含まれる糞をすることで、播種の役割も果たしている[3]

マルーラの実は12月から3月にかけて熟し、明るい黄色の果皮と白い果肉を持つ。果肉にはオレンジの約8倍のビタミンCが含まれており、ジューシーで酸味と独特の強い風味を持つ[4]。また実の中には、クルミほどの大きさの殻の厚い種子がある。この種子は、乾燥したときに片方の端にある2個か3個の円形の栓を開けることで仁が露出する。種子には繊細なナッツ風味があるため人気が高く、動物でも栓がどこにあるか知っている小型のげっ歯類の間では特に好まれる。

名称編集

属名の Sclerocarya は、古代ギリシア語で「堅い」を意味する skleros と、「種子」を意味する karyon からきている。種小名の birrea は、セネガルでのこの木の呼び名である birr に由来する[5]。マルーラはマンゴーピスタチオカシューナッツと同じウルシ科に属し、マダガスカルのPoupartia属と近い。

マルーラの各言語での呼び名はマルーラ、ゼリープラム、モルーラ、サイダーツリー、マローラなどがあり、アフリカーンス語ではMaroelaと呼ばれる[6]。マルーラは南アフリカでは保護されている[6]ケニアスワヒリ語およびディゴ語英語版(Digo)では mngongo、オロモ語では didissa、マサイ語では ol-mangwai、ポコット語英語版(Pokot)では oroluo、トゥゲン語英語版(Tugen)では tololokwo という[7]

利用編集

マルーラは世界的にはほとんど知られていないが、アフリカでは伝統的に食糧として使用されており、社会経済的にかなり重要である[8]。また、この木からは酸化が遅く長期間保存可能な、高品質の食用油が生産できる。

マルーラの実は、木の生育する地方の村人によって野生の木から集められ産業的に利用される。果実の収穫は2カ月から3か月ほどしか行われないが、貧しい住民にとっては貴重な収入源となる。こうして集められた果実は加工工場に保管され、フルーツパルプ、種子油などに年間通じて加工される。

マルーラの果肉は生食が可能であり、甘さと酸味を持つ[9]。またMarula Maniaのようなジュースブレンドを作るための冷凍ピューレなどに使用されるが、もっとも利用されるのはアルコールの醸造である。ナミビアやボツワナなど南部アフリカ一帯でマルーラ酒は作られており、美味とされている[10][11]。かつてナミビアオバンボ人英語版の間ではマルーラ酒は王の酒として扱われ、醸造した場合一部の貢納が義務付けられていたが、現代ではこうした拘束はわずかなものとなっている[12]。オバンボ人の間ではマルーラ酒は他の酒と違い、数人が共同で醸造を行っている[13]。各村落で作られる醸造酒のほか、工場では蒸留酒も製造され、なかでも南アフリカで製造されるクリームリキュール英語版であるアマルーラ英語版は同国の名産品として名高い[14]

マルーラの種子油も食用であり、また欧米や日本などへと輸出されて化粧品の原料として使用される[15]

文化編集

実からつくられる maroela-mampoer という蒸留酒は、アフリカの作家ハーマン・チャールズ・ボスマン英語版の小説に登場する。マルーラの実は南部アフリカの様々な動物によっても食べられる。1974年のJamie Uysの映画Animals Are Beautiful Peopleにおいては、ゾウ、ダチョウ、イボイノシシ、ヒヒがマルーラの実を食べて酔っぱらう姿がえがかれる。ゾウはなんらかの効果を得るために大量の発酵したマルーラの実を必要とし、他の動物も熟した実を好む。毎日ゾウが飲む大量の水によって発酵したマルーラは影響が出ないほどに希釈されると思われる[16]。しかし、マルーラの実を食べて酔っぱらったゾウの報告は絶えずもたらされている[17]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ a b c Hassler, M. (2018). World Plants: Synonymic Checklists of the Vascular Plants of the World (version Apr 2018). In: Roskov Y., Ower G., Orrell T., Nicolson D., Bailly N., Kirk P.M., Bourgoin T., DeWalt R.E., Decock W., Nieukerken E. van, Zarucchi J., Penev L., eds. (2018). Species 2000 & ITIS Catalogue of Life, 29th November 2018. Digital resource at www.catalogueoflife.org/col. Species 2000: Naturalis, Leiden, the Netherlands. ISSN 2405-8858.
  2. ^ Campbell, Bruce, Peter Frost and Neil Bryon (1996). "Miombo woodlands and their use: overview and key issues." In Bruce Campbell (ed.), The Miombo in Transition: Woodlands and Welfare in Africa, pp. 1–10. Bogor, Indonesia: Center for International Forestry Research (CIFOR). 979-8764-07-2
  3. ^ Morris, Steve; Humphreys, David; Reynolds, Dan (2006). “Myth, Marula, and Elephant: An Assessment of Voluntary Ethanol Intoxication of the African Elephant (Loxodonta africana) Following Feeding on the Fruit of the Marula Tree (Sclerocarya birrea)”. Physiological and Biochemical Zoology 79 (2): 363–369. doi:10.1086/499983. PMID 16555195. http://www.bio.bris.ac.uk/research/morlab/Morris%20et%20al%20%5BPBZ%5D%202006.pdf 2015年10月26日閲覧。. 
  4. ^ Wickens, G. E.; Food and Agriculture Organization (1995). “Potential Edible Nuts”. Edible Nuts. Non-Wood Forest Products. 5. Rome: Food and Agriculture Organization. ISBN 92-5-103748-5. OCLC 34529770. http://www.fao.org/docrep/V8929E/v8929e06.htm 2008年11月10日閲覧。. 
  5. ^ Sclerocarya birrea Sond. ssp. caffra J.O. Kokwaro”. ecoport.org (2001年11月2日). 2015年10月26日閲覧。
  6. ^ a b Protected Trees”. Department of Water Affairs and Forestry, Republic of South Africa (2013年5月3日). 2010年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月19日閲覧。
  7. ^ Beentje, H.J. (1994). Kenya Trees, Shrubs and Lianas. Nairobi, Kenya: National Museum of Kenya. ISBN 9966-9861-0-3. http://www.nzdl.org/gsdlmod?e=d-00000-00---off-0unescoen--00-0----0-10-0---0---0direct-10---4-------0-1l--11-en-50---20-about---00-0-1-00-0--4----0-0-11-10-0utfZz-8-10&a=d&c=unescoen&cl=CL1.6&d=HASH01b88f73433d5003648dbf5b.12.86. 
  8. ^ National Research Council (2008-01-25). “Marula”. Lost Crops of Africa: Volume III: Fruits. Lost Crops of Africa. 3. Washington, D.C.: National Academies Press. ISBN 978-0-309-10596-5. OCLC 34344933. http://books.nap.edu/openbook.php?record_id=11879&page=117 2008年7月17日閲覧。. 
  9. ^ 「よっぱライター南部アフリカどろ酔い旅」p142 江口まゆみ 河出書房新社 2004年1月20日初版発行
  10. ^ 「よっぱライター南部アフリカどろ酔い旅」p142-143 江口まゆみ 河出書房新社 2004年1月20日初版発行
  11. ^ 「マルーラ酒が取り持つ社会関係」藤岡悠一郎 p266(「ナミビアを知るための53章」所収)水野一晴・永原陽子編著 明石書店 2016年3月20日初版第1刷
  12. ^ 「マルーラ酒が取り持つ社会関係」藤岡悠一郎 p267(「ナミビアを知るための53章」所収)水野一晴・永原陽子編著 明石書店 2016年3月20日初版第1刷
  13. ^ 「マルーラ酒が取り持つ社会関係」藤岡悠一郎 p267(「ナミビアを知るための53章」所収)水野一晴・永原陽子編著 明石書店 2016年3月20日初版第1刷
  14. ^ http://south-africa.jp/meetsouthafrica_lists/489/ 「ゾウも大好き!? 南アフリカの人気土産 アマルーラ・クリーム」南アフリカ政府観光局 2018年12月20日閲覧
  15. ^ 「マルーラオイル/マルラオイル」途上国森林ビジネスデータベース 公益財団法人国際緑化推進センター 2016年 2018年12月20日閲覧
  16. ^ Morris, Steve; David Humphreys; Dan Reynolds (2006). “Myth, marula, and elephant: an assessment of voluntary ethanol intoxication of the African elephant (Loxodonta africana) following feeding on the fruit of the marula tree (Sclerocarya birrea)”. Physiological and Biochemical Zoology 79 (2): 363–9. doi:10.1086/499983. PMID 16555195. http://www.journals.uchicago.edu/doi/abs/10.1086/499983?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%3dncbi.nlm.nih.gov 2012年7月30日閲覧。. 
  17. ^ Couper, Ross. “Elephants drunk on native fruit at South Africa's Singita Sabi Sand”. 2014年4月25日閲覧。