マンフレート・ホーネック

マンフレート・ホーネック(Manfred Honeck, 1958年9月17日 - )は、オーストリア指揮者

マンフレート・ホーネック
Manfred Honeck
Honeck Manfred.jpg
マンフレート・ホーネック
基本情報
生誕 (1958-09-17) 1958年9月17日(61歳)
出身地  オーストリア
学歴 ウィーン音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

人物・来歴編集

1958年生まれ。ウィーン音楽院ヴァイオリンを学ぶ。

1983年からウィーン国立歌劇場管弦楽団ならびにウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ヴィオラ奏者を務める。その後、指揮者に転向し、1987年クラウディオ・アバドの元でグスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団の準指揮者を務める。以降、ヨーロッパとアメリカのオーケストラ・ポストを務める。2008年からピッツバーグ交響楽団音楽監督の地位にあり、同楽団とのマーラー交響曲集の録音は高い評価を得ている。

家族・親族編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈・出典編集


外部リンク編集

先代:
ダニエル・ナザレス
MDR交響楽団
首席指揮者
1996年 - 1999年
次代:
ファビオ・ルイージ
先代:
ローター・ツァグロセク
シュトゥットガルト州立歌劇場
音楽総監督
2007年 - 2011年
次代:
シルヴァン・カンブルラン