マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』(Marley & Me)は、ジョン・グローガンのエッセイ、及びそれを原作としたアメリカ映画

アメリカでは2005年10月に出版され、200万部を超えるベストセラーとなった。日本では2006年10月に早川書房より出版。

映画の続編として『マーリー2 世界一おバカな犬のはじまりの物語』が制作された[1]

あらすじ編集

新婚のジョンとジェニーは子育ての予行演習としてラブラドール・レトリバーの子犬を飼い、マーリーと名付けた[2]。名犬として育て始めるが、マーリーは数々の騒動を引き起こすおバカな犬になってしまった・・・

映画編集

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
Marley & Me
監督 デヴィッド・フランケル
脚本 スコット・フランク
ドン・ルース
原作 ジョン・グローガン
製作 カレン・ローゼンフェルト
ギル・ネッター
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr
出演者 オーウェン・ウィルソン
ジェニファー・アニストン
エリック・デイン
キャスリーン・ターナー
アラン・アーキン
音楽 セオドア・シャピロ
撮影 フロリアン・バルハウス
編集 マーク・リヴォルシー
配給 20世紀フォックス
公開   2008年12月25日
  2009年3月27日
上映時間 118分
製作国   アメリカ合衆国
言語 英語
次作 マーリー2 世界一おバカな犬のはじまりの物語英語版
テンプレートを表示

キャスト編集

スタッフ編集

製作の背景編集

22匹の犬がマーリー役を務めた。撮影はマイアミハリウッドで行われた。

興行収入編集

アメリカでは、アダム・サンドラー主演の『ベッドタイム・ストーリー』やブラッド・ピット主演の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』、トム・クルーズ主演の『ワルキューレ』などと同日公開だったが、3700万ドル(約33億円)を記録して初登場1位となった。公開二週目で1億ドルを突破。

テレビドラマ編集

2014年、映画の続編のテレビパイロット版がNBCネットワークで制作されることが明らかとなった。テレビパイロット版は、マーリーの子犬時代の物語となっている[1]

監督とプロデュースは映画版も手掛けたデヴィッド・フランケルが担当、ジェニー・ビックスが脚本を担当する[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集

書籍
映画