オーウェン・ウィルソン

オーウェン・カニンガム・ウィルソンOwen Cunningham Wilson1968年11月18日 - )は、アメリカ合衆国俳優声優脚本家

オーウェン・ウィルソン
Owen Wilson
Owen Wilson
2017年
本名 Owen Cunningham Wilson
生年月日 (1968-11-18) 1968年11月18日(52歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1994年 -
主な作品
アルマゲドン
エネミー・ライン
ズーランダー』シリーズ
シャンハイ・ヌーン
シャンハイ・ナイト
ウェディング・クラッシャーズ
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
ナイト ミュージアム』シリーズ
カーズ』シリーズ
ワンダー 君は太陽
テンプレートを表示

来歴・人物編集

生い立ち編集

テキサス州ダラスにて、アイルランド系アメリカ人の両親のもとに生まれる。父親のロバート・アンドリュー・ウィルソン(1941年 - )はテレビ局の広報担当、母親のローラ・ウィルソン英語版(旧姓カニンガム)は写真家。兄のアンドリュー英語版、弟のルークも俳優。ニューメキシコ州の軍隊高校を卒業後、テキサス大学オースティン校に進学。

キャリア編集

大学在学中にウェス・アンダーソン(Wes Anderson)と出会い、共同で執筆した脚本が『アンソニーのハッピー・モーテルBottle Rocket)』として映画化された。『天才マックスの世界』(Rushmore)や『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(The Royal Tenenbaums)の脚本も書いている。『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』ではアンダーソンと共にアカデミー脚本賞にノミネートされた。

ジャッキー・チェン(Jackie Chan)と共演した『シャンハイ・ヌーン』(Shanghai Noon)、『シャンハイ・ナイト』(Shanghai Knights)や『ウェディング・クラッシャーズ』(Wedding Crashers)、『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』(You, Me and Dupree)といったヒット作にも出演し、ハリウッド人気スターとなる。

ケーブルガイ』に出演して以来、ベン・スティラーとの共演作も多い。

来日編集

2014年10月に、東京国際映画祭において自身の出演作『マイ・ファニー・レディ』が公開されるのに合わせて、ピーター・ボグダノビッチ監督と共に初来日を果たした[1]10月29日には、ボグダノビッチ監督と共に六本木の上映会場でQ&Aなども行った。

私生活編集

 
2007年撮影

変わった鼻の形をしており、高校時代にフットボールで怪我をしたのが原因らしいが、本人はそれについてあまり語りたがらないという[2][信頼性要検証]。『ウェディング・クラッシャーズ』の音声解説では、高校時代に教師から顔面を強く殴られて地面に倒れてしまい、後になってレストランで会った時も恐怖を覚えたほどだったと、述べている。

他のサイトでのプロフィール[どこ?]では、「妻はジーナ・ガーション」となっていることがあるが、交際の真偽も不明で、結婚はしていない。日本だけにこの間違いが流れたようだ[要出典]

2007年8月26日に両手首を切り、錠剤を過剰摂取するなどして自殺を図り病院に運ばれる[3][4][5]。その後が心配されたが、10月4日には『ダージリン急行』のプレミアに姿を見せた[6]ベン・スティラーが監督を務めた『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』(2008年公開)にカメオ出演する予定だったが、降板。マシュー・マコノヒーが代役を務めた。なお、自殺未遂の原因は、本人が何も語っていないので、明らかでない。当時交際していたケイト・ハドソンと破局したためではないかという噂もあるが、これを否定する意見もある[7][信頼性要検証]

性格編集

映画の中では能天気なプレイボーイを演じることが多いが、実際には生真面目で誠実な性質である。夜遊びに関しては、一般的なイメージに反してかなり否定的で、『シャンハイ・ヌーン』では、自身のスタントマンに対して「妻子がいるのに(他の女と遊ぶなんてひどい)!」と非難したエピソードを語っているし、『ウェディング・クラッシャーズ』の際にも「こうした馬鹿げたことはせいぜい20代までで卒業すべき」といった趣旨の発言をしている。彼がコメディ映画に出演していることについて、親友のアンダーソンは「ずっとシリアス俳優だと思っていたから、陽気でイージーゴーイングな兄貴っていうイメージが定着したことに、ちょっと驚いている」と述べている[8]。アンダーソンは彼のために『ライフ・アクアティック』のネッドを書き、誠実で優しい青年として描いている。

非常に頭がよく、『Mr.ボディガード/学園生活は命がけ』ではほとんどぶっつけ本番で演じたり、『ミート・ザ・ペアレンツ2』では音楽に合わせて楽器を吹く動きを短時間で習得した。

非常に動物好きで、ガルシアという名のオーストラリアン・キャトル・ドッグを飼っている(2008年時点)。『シャンハイ・ヌーン』では、初めてだったにも関わらず見事に馬を乗りこなし、気が立っていた馬の背に優しく手をかけて、落ち着かせる一幕もあった。『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』の撮影中は、登場する犬たちの面倒の大半を引き受けたという。

撮影時には、過酷な要求にも我慢強く応じることで知られ、『シャンハイ・ヌーン』では、日照りの中で首まで地面に埋められた状態で何時間も耐え、続編の『シャンハイ・ナイト』でも逆さ吊りのまま何度も水に漬けられる場面をスタントなしでこなし、監督らから讃えられた。

ミート・ザ・ペアレンツ』では、彼が懐古趣味だと語られている。

(出典︰特にリンクを貼っていない場合は、各作品の音声解説・インタビュー等による)。

主な出演作品編集

 
2011年
公開年 邦題
原題
役名 備考
1996 アンソニーのハッピー・モーテル
Bottle Rocket
ディグナン 脚本
ケーブルガイ
The Cable Guy
ロビンのデート相手
1997 アナコンダ
Anaconda
ゲイリー・ディクソン
パーマネント ミッドナイト
Permanent Midnight
ニッキー
アルマゲドン
Armageddon
オスカー・チョイ
1999 Heat Vision and Jack ヒート・ヴィジョン / ダグ 声の出演
テレビ
ホーンティング
The Haunting
ルーク・サンダーソン
ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ
Breakfast of Champions
モンテ・ラピッド
クアドロフォニア -多重人格殺人-英語版
The Minus Man
ヴァン・シーゲート
2000 ミート・ザ・ペアレンツ
Meet the Parents
ケヴィン・ローリー
シャンハイ・ヌーン
Shanghai Noon
ロイ・オバノン
2001 エネミー・ライン[9]
Behind Enemy Lines
クリス・バーネット大尉
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
The Royal Tenenbaums
イーライ・キャッシュ 製作総指揮・脚本
アカデミー脚本賞ノミネート
ズーランダー
Zoolander
ハンセル・マクドナルド
2002 アイ・スパイ[10]
I Spy
アレックス・スコット
2003 シャンハイ・ナイト
Shanghai Knights
ロイ・オバノン
イェー・ライト!英語版
Yeah Right!
オーウェン・ウィルソン カメオ出演
2004 ライフ・アクアティック
The Life Aquatic with Steve Zissou
ネッド・プリンプトン
ミート・ザ・ペアレンツ2
Meet the Fockers
ケヴィン・ローリー カメオ出演
80デイズ
Around the World in 80 Days
ウィルバー・ライト カメオ出演
スタスキー&ハッチ
Starsky & Hutch
ケン・“ハッチ”・ハッチンソン
ビッグ・バウンス英語版
The Big Bounce
ジャック・ライアン
2005 The Wendell Baker Story ネイル・キング
ウェディング・クラッシャーズ
Wedding Crashers
ジョン・ベックウィズ
2006 ナイト ミュージアム
Night at the Museum
ジェデダイア・スミス クレジット表記なし
トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合
You, Me and Dupree
ランドルフ・デュプリー 製作
カーズ
Cars
ライトニング・マックィーン 声の出演
2007 ダージリン急行
The Darjeeling Limited
フランシス・ホイットマン
2008 Mr.ボディガード/学園生活は命がけ!英語版
Drillbit Taylor
ドリルビット・テイラー
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
Marley & Me
ジョン・グロガン
2009 ナイト ミュージアム2[11]
Night at the Museum 2: Battle of the Smithsonian
ジェデダイア・スミス
ファンタスティック Mr.FOX
Fantastic Mr. Fox
コーチ・スキップ 声の出演
2010 サーフィン ドッグ
Marmaduke
マーマデューク 声の出演
幸せの始まりは
How Do You Know
マティ・レイノルズ
ミート・ザ・ペアレンツ3
Little Fockers
ケヴィン・ローリー
2011 ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活<1週間限定>
Hall Pass
リック・ミルズ
カーズ2
Cars 2
ライトニング・マックィーン 声の出演
ミッドナイト・イン・パリ
Midnight in Paris
ギル・ペンダー
ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
The Big Year
ケニー・ボスティック
2013 インターンシップ
The Internship
ニック・キャンベル
2014 グランド・ブダペスト・ホテル
The Grand Budapest Hotel
M.チャック
ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
Night at the Museum: Secret of the Tomb
ジェデダイア・スミス
インヒアレント・ヴァイス
Inherent Vice
コーイ・ハーリンゲン
マイ・ファニー・レディ
She's Funny That Way
アーノルド・アルバートソン
2015 クーデター
No Escape
ジャック・ドワイヤー
2016 ズーランダー NO.2
Zoolander2
ハンセル・マクドナルド
2017 カーズ/クロスロード
Cars3
ライトニング・マックィーン 声の出演
ワンダー 君は太陽
Wonder
ネート・プルマン
ファーザー・フィギュア
Father Figures
カイル・レイノルズ
2021 ブリス 〜たどり着く世界〜
Bliss
グレッグ・ウィットル

出典編集

  1. ^ オーウェン・ウィルソンが初来日!名匠ボグダノビッチ作品への出演は「誇り」”. 2015年2月14日閲覧。
  2. ^ Owen Wilson - IMDb
  3. ^ “自殺未遂か?『 ナイト ミュージアム』オーウェン・ウィルソン手首を切る”. シネマトゥデイ. (2007年8月28日). http://www.cinematoday.jp/page/N0011340 2013年3月22日閲覧。 
  4. ^ “Owen Wilson Hospitalized After Suicide Attempt”. Trans World News. (2007年8月27日). http://www.transworldnews.com/NewsStory.aspx?storyid=21608 2007年8月27日閲覧。 
  5. ^ “Movie & TV News at IMDb.com - WENN - August 29 2007”. IMDb.com. (2007年8月29日). http://www.imdb.com/news/wenn/2007-08-29 2007年8月29日閲覧。 
  6. ^ “Wilson Makes First Public Appearance”. IMDb. (2007年10月5日). http://www.imdb.com/news/wenn/2007-10-05/#celeb11 2007年10月6日閲覧。 
  7. ^ Travel, Yahoo (2007年8月28日). “OWEN IN ‘SUICIDE ATTEMPT’” (英語). New York Post. 2021年1月11日閲覧。
  8. ^ ライフ・アクアティック インタビュー: ウェス・アンダーソン監督インタビュー(2) (2)” (日本語). 映画.com. 2021年1月11日閲覧。
  9. ^ エネミー・ラインの上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  10. ^ アイ・スパイの上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  11. ^ ナイト ミュージアム2の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

外部リンク編集