ミシェル・ドブレ

ミシェル・ドブレ(フランス語:Michel Debré1912年1月15日 – 1996年8月2日)は、フランス政治家シャルル・ド・ゴール政権にて初代フランス首相を務めた。

ミシェル・ドブレ
Michel Debré
Michel Debré.jpg
生年月日 (1912-01-15) 1912年1月15日
出生地 Flag of France (1794–1815, 1830–1958).svg フランス パリ7区
没年月日 (1996-08-02) 1996年8月2日(84歳没)
死没地 フランスの旗 フランス パリ
出身校 パリ政治学院
パリ大学
所属政党 共和国民主連合(UDR)
配偶者 アンヌ・マリー・レマレスキエ
子女 4人
サイン Signature Michel Debré.jpg

在任期間 1969年6月22日 - 1973年3月28日
大統領 ジョルジュ・ポンピドゥー

在任期間 1968年5月31日 - 1969年6月20日
大統領 シャルル・ド・ゴール
アラン・ポエール

在任期間 1966年1月8日 - 1968年5月31日
大統領 シャルル・ド・ゴール

その他の職歴
フランスの旗 フランス
初代首相

1959年1月8日 - 1962年4月14日
テンプレートを表示

生涯編集

1912年1月15日にパリ7区にて、医師であるロベール・ドブレフランス語版の子として誕生する。父のロベールは元はユダヤ教徒であったが、結婚を機にカトリックに改宗したと言われる。名門のパリ政治学院パリ大学を卒業する。

第二次世界大戦中はシャルル・ド・ゴールの同僚として活躍した。戦後はド・ゴール派に参加し、1958年に司法相、1959年に首相、1966年経済財政相蔵相)、アンボワーズ市長(1989年まで)、1968年外務大臣を歴任した。またド・ゴール辞任後にジョルジュ・ポンピドゥー政権にて国防大臣を務めた。

また、ドブレは第五共和政の基礎確立に努め、憲法評議会議長として憲法(1958年憲法と呼ばれる)制定に尽力した。

1981年フランス大統領選挙に立候補したが、第1回投票では1.66パーセントしか得票できず惨敗した。

家族編集

家庭的には、ドブレはヴァンサン、フランソワ、ベルナール、ジャン・ルイの4人の息子を儲けた。なお系譜については、ドブレ家も参照して欲しい。

外部リンク編集

公職
先代:
ピエール・メスメル
  フランス国防大臣
第3代:1969年6月22日 - 1973年3月28日
次代:
ロベール・ガレフランス語版
先代:
モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル
  フランス外務大臣
第2代:1968年5月31日 - 1969年6月20日
次代:
モーリス・シューマン
先代:
ヴァレリー・ジスカール・デスタン
  フランス財政大臣
第4代:1966年1月8日 - 1968年5月31日
次代:
モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル
先代:
シャルル・ド・ゴール
第四共和政
  フランス首相
初代:1959年1月8日 - 1962年4月14日
次代:
ジョルジュ・ポンピドゥ
先代:
アンドレ・ブロシュフランス語版
  フランス国民教育大臣
(暫定)1959年12月23日 - 1960年1月15日
次代:
ルイ・ジョクスフランス語版
先代:
ヴァンサン・バディフランス語版
  フランス建設・住宅大臣
(暫定)1958年
次代:
エドモン・ミシュレフランス語版
先代:
ピエール・ガレフランス語版
  フランス祖国・戦争被害担当大臣
(暫定)1958年
次代:
先代:
ロベール・ルクールフランス語版
  フランス司法大臣
1958年6月1日 - 1959年1月8日
次代:
エドモン・ミシュレフランス語版
先代:
ルイ・ド・ブロイ
アカデミー・フランセーズ
第17代:1988年3月24日 - 1996年8月2日
次代:
フランソワ・フュレ