パリ政治学院

フランスのパリにある社会科学系の特別高等教育機関

パリ政治学院(パリせいじがくいん、Institut d'études politiques de Paris、略称:IEP de Paris イ.ウ.ペ・ドゥ・パリ)は、フランスパリの社会科学分野の特別高等教育機関。通称はシアンス=ポ(Sciences-Po)。

パリ政治学院
Institut d'études politiques de Paris
Logo Sciences Po.svg
旧称 École libre des sciences politiques
種別 グランテタブリスマン
(高等教育機関的公施設法人、établissement public d’enseignement supérieur)
設立年 1872
資金 €173 million
学長 Laurence Bertrand Dorléac
校長 Mathias Vicherat
教員数
4000
学生総数 14,000
所在地 フランス
パリランスディジョンルアーブルナンシーポワティエマントン
マスコット The lion and the fox
公式サイト sciencespo.fr
テンプレートを表示
パリ7区サン=ギヨーム通りに面する学院の入り口。

概要編集

フランスのグランテタブリスマンである。卒業生にはフランスをはじめ数々の各国首脳、国際機関トップ、企業経営者が名を連ねる。旧国立行政学院(ENA)への進学者の多くは、パリ政治学院の卒業生で占められていた。 経済学、史学、社会学、法学、金融学、ビジネス学、コミュニケーション、社会・都市政策、経営学、ジャーナリズムのプログラムを設置する。

近年では、英語を使用した講義も積極的に取り入れ、留学生の受け入れを拡大している。約150ヵ国から留学生が集まり、学生全体の49%はフランス以外からの学生である。また、世界にある協定校の数は約470校であり、そのうち43校とダブルディグリープログラム二重学位協定を行なっている。日本の大学とは、東京大学および慶應義塾大学と二重学位協定を、京都大学一橋大学北海道大学早稲田大学上智大学同志社大学など数々の国内大学と国際交流協定を結んでいる。

歴史編集

キャンパス編集

キャンパスは、パリ7区及び一部6区にまたがるサンジェルマン大通り沿い周辺に位置する。また、学士課程(第一課程)の学生の一部は、ナンシーディジョンポワチエマントンル・アーヴルの衛星キャンパスに所属している。

教育課程編集

パリ政治学院の教育課程は、大学学部相当の第一課程(3年間)、修士課程相当の第二課程(2年間)及び博士課程に相当する第三課程で構成されており、第一課程から入学した学生は第二課程まで5年間の一貫教育を履修した後に卒業することとなる。学部教育課程における3年目は1年間の留学が義務付けられている。

大学院編集

大学院(Graduate Schools)として以下の7つがある。

  ・School of Public Affairs (公共政策)

  ・Paris School of International Affairs (国際政策)

  ・Law School (法科)

  ・Urban School (都市政策研究)

  ・School of Management and Impact (経営・社会価値創造)

  ・School of Journalism (メディア・ジャーナリズム)

  ・School of Research (総合研究)


現在、パリ政治学院にはフランス語による修士課程と英語による修士課程がある。

フランス語の修士課程編集

  • 国際関係学(Affaires internationales)
  • 欧州関係学(Affaires européennes)
  • 公共関係学(Affaires publiques)
  • コミュニケーション・スクール(L'Ecole de la Communication)
  • 法務キャリア(Carrières judiciaires et juridiques)
  • 経済法(Droit économique)
  • ジャーナリズム・スクール(L'Ecole de Journalisme)
  • 財務戦略(Finance et stratégie)
  • 人材管理(Gestion des ressources humaines)
  • 文化・メディアマネジメント(Management de la culture et des médias)
  • マーケティング研究(Marketing et Etudes)
  • 地域及び都市戦略(Stratégies territoriales et urbaines)
  • 都市学(Urbanisme)

英語の修士課程編集

  • 公共政策修士(Master of Public Affairs、MPA)※全て英語
  • 経済学・公共政策修士(Master in Economics and Public Policy)※全て英語(ENSAE国立統計・行政経済学院及びエコール・ポリテクニークとの共同コース)
  • 企業・公共経営修士(Master in corporate and public management - Double diplôme Sciences Po HEC) - パリ政治学院とHECの二重学位プログラム。※授業の半分が英語(HEC経営大学院との共同コース)
  • 経営管理修士(Master of Business Administration、MBA) - 全て英語
  • 国際関係学修士(Master of International Affairs) - 全て英語

二重学位制編集

パリ政治学院の一部のコースでは、コロンビア大学ジョージタウン大学ペンシルベニア大学東京大学公共政策大学院慶應義塾大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)、ベルリン自由大学ボッコーニ大学などの世界中の大学との間で二重学位制度を実施している[2]

グローバル・パブリック・ポリシー・ネットワーク編集

特に公共政策修士課程(MPA)は、2005年よりグローバル・パブリック・ポリシー・ネットワークを形成しており、提携先であるコロンビア大学SIPA、トロント大学 Munk School of Global Affairs and Public Policy、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)MPA、ボッコーニ大学、ヘルティ・スクール・オブ・ガバナンスザンクトガレン大学東京大学公共政策大学院慶應義塾大学シンガポール国立大学リー・クアン・ユー公共政策大学院英語版[3] と共に二重学位制を採用している[4]

著名な出身者編集

政界編集

フランス編集

 
ミッテラン大統領
 
シラク大統領

フランス国外編集

行政・官界編集

国際機関編集

フランス編集

フランス国外編集

実業界編集

学術・教育編集

文化・芸術編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ この学校の設立目的趣旨、カリキュラムを参考に、1895年にロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)が設立された[1]

出典編集

  1. ^ (英語) LSE: A History of the London School of Economics and Political Science, 1895–1995. オックスフォード大学出版局. (June 1, 1995) 
  2. ^ Dual bachelor's degree programmes” (英語). パリ政治学院. 2018年8月12日閲覧。
  3. ^ Press release: LKYSPP and Sciences Po Launch New Double Degree Program (pdf)” (英語). パリ政治学院 (2017年5月18日). 2018年8月12日閲覧。
  4. ^ Graduate studies: Dual-degree programmes” (英語). パリ政治学院. 2018年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月12日閲覧。

外部リンク編集