100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス

ミュージックビデオ専門/VMCから転送)

100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス(ひゃくパーセントヒッツ!スペースシャワーティーヴィプラス、100% HITS! SPACE SHOWER TV Plus)は、株式会社スペースシャワーネットワークが運営する音楽専門チャンネル

100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス
100% HITS! SPACE SHOWER TV Plus
100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス HD
100% HITS! SPACE SHOWER TV Plus HD
MAKES YOU POP!
基本情報
略称(愛称) スペースシャワーTV プラス
運営(番組供給)事業者 株式会社スペースシャワーネットワーク
本社(本部) 〒106-8011
東京都港区六本木三丁目16番35号イースト六本木ビル
旧チャンネル名 スペースシャワーVideo Music Ch.( - 2004年7月31日)
Video Music Ch.(2004年8月1日 - 2005年11月30日)
ミュージックビデオ専門/VMC(2005年12月1日 - 2011年3月31日)
放送(配信)開始 2002年4月1日
HD放送(配信)開始 2009年10月1日
ジャンル 音楽
放送内容 ミュージックビデオ(ビデオクリップ)専門
視聴可能世帯数 約229万4000世帯(2011年9月末現在)
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 株式会社シーエス日本
チャンネル番号 Ch.321(SD16:9)
物理チャンネル ND24
視聴料金 月額600(税抜)円
放送開始 2012年4月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.643(HD)
視聴料金 月額600(税抜)円
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社スペースシャワーネットワーク
チャンネル番号 Ch.732
視聴料金 月額600(税抜)円
放送開始 2002年4月1日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 651(HD)
eo光テレビ 842(HD)
J:COM 356 (HD)
公式サイト
Channel [V]
基本情報
運営(番組供給)事業者 STAR
放送(配信)開始 1997年7月1日
放送(配信)終了 2002年3月31日
ジャンル 音楽
放送内容 洋楽ビデオクリップなど
視聴料金 350Ch.は、月額3.000円、732Ch.は、月額1.000円
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社スペースシャワーネットワーク
チャンネル番号 Ch.350,732
放送開始 1998年7月15日
放送終了 2002年3月31日
公式サイト
特記事項:
※1997年7月1日 - 2000年3月31日までの間、Ch.350(委託放送事業者はスカイエンターテイメント)でも放送していた。

目次

概要編集

スカパー!プレミアムサービスや、ひかりTV、一部のケーブルテレビなどで視聴できる。2011年4月1日0時、「ミュージックビデオ専門/VMC」からチャンネル名を変更した。

VJ番組が多いスペースシャワーTVとは異なり、一部時間帯で「ロンドン・ライブ」(VMC時代の2010年7月放送開始)などのライブ映像が流れる他はミュージックビデオ中心の編成である。

2012年4月1日からは、スカパー!e2(現・スカパー!)でも放送を開始し、16:9のフルサイズ放送(標準画質)を行っている(衛星基幹放送事業者日本テレビ系列のシーエス日本)。

沿革編集

  • 1998年7月 - ニューズ・コーポレーション傘下のニューズ・ブロードキャスティング・ジャパン(NBJ、現FOXインターナショナル・チャンネルズ)、スカイパーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス(標準画質)。Ch.732)にて「Channel [V]」(香港・STARが運営する音楽専門チャンネル)放送開始。Ch.350でもスカイエンターテイメント(現在のジェイ・スポーツ(J SPORTS))により1997年7月〜2000年3月の間放送されていた。
  • 2002年
    • 1月 - スペースシャワーネットワーク、NBJよりChannel [V]事業を承継[1]
    • 4月 - 「スペースシャワーVideo Music Ch.」(VMC)開局(「Channel [V]」からチャンネル名変更)。
  • 2004年8月 - 「Video Music Ch.」にチャンネル名変更。
  • 2005年12月 - 「ミュージックビデオ専門/VMC」にチャンネル名変更。
  • 2009年10月 - スカパー!HD(現・スカパー!プレミアムサービス)、ひかりTVにてハイビジョン放送(チャンネル名は「ミュージックビデオ専門/VMC HD」)開始。
  • 2011年
    • 4月 - チャンネル名を「100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス」に変更[2]
    • 11月 - シーエス日本と東経110度CS放送向け番組供給基本合意書を締結[3]
  • 2012年
    • 4月1日 - 1:00よりスカパー!e2(現・スカパー!)で当チャンネルを放送開始(前日までは「Music Japan TV」を放送)。また、同日より、16:9の画角情報を付加し、フルサイズのSD放送を開始した。
  • 2016年

チャンネル構成編集

  • 前身の「Channel [V]」は、洋楽100%の比率で放送(過去は、アジア向けのプログラムだったが、「スタープラス/アジアTV」移行し放送していた。)。
  • VMCスタート後は、洋楽邦楽共に50%での比率に変更(月で1洋楽特集を組むことが多いため、若干洋楽の割合が多かった)。
  • 開局から2006年4月上旬までは、リクエストを基本に、ジャンル別、ランキング、最新ミュージックビデオをONAIRしていた。
  • 2006年4月中旬から、リクエストでのON AIRから、新着ミュージックビデオからのVMCの選曲での放送を基本とした放送となったため、リクエスト編成が1時間のみとなった。
  • 2007年9月より編成を大幅変更し、リクエスト枠、アーティスト特集枠の増設、VMCの選曲枠の改変の伴う、洋楽・邦楽ごとの編成、2000年代のミュージックビデオ編成、アイドル枠、アジア・韓国枠が新たに加わった。
  • 2011年4月よりチャンネル名が「スペースシャワーTV プラス」に変更され、スカパー!HD/SDでの契約ではスペースシャワーTVとのセット販売を開始(セット契約で、1050円)した。ミュージックビデオやライブ映像を基本放送することに関しては従来通りだが、編成が新旧のヒット曲が基本となり、VMCに比べて邦楽の割合が高くなったため、洋楽に関しては従来より番組数が減少している。

VMCで放送されていた番組編集

  • SELECTA - 毎週様々なアーティストが選曲した曲を放送するもの。
  • ヒッツアゲイン邦楽・洋楽 - 数年前にヒットした曲を放送するもの。
  • CLASSIC ZONE (POPS・INTERNATIONAL・R&B) - かつてのヒット曲を放送するもの。
  • ARTISTJP/INT'L - 洋楽・邦楽で毎週1組のアーティストのPVを放送するもの。30分と60分に分かれている。
  • 洋楽・邦楽リクエスト - 視聴者から送られたリクエスト曲のPVを放送するもの。
  • The masters Collection - 毎週1組の邦楽アーティストのPVを取り上げるというもの。
  • VMC SPECIAL - 毎週2組の洋楽・邦楽のアーティストを取り上げるというもの。また、テーマの時もある。なお、放送時間はまちまちである。

パワーセレクト番組編集

  • ヘビロテ! - 注目のアーティストのPVを1日複数回放送。アーティストのキャリアは問わない。なお、同じアーティストが何回か特集されることもある。

*こちらも参照→100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス ヘビロテ!バックナンバー一覧

  • イチオシ! - 注目のアーティストの数曲を1日複数回放送。特集番組も組まれる場合がある。スペースシャワーTVの「V.I.P.」と比べアーティストの幅が広い。

*こちらも参照→100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス イチオシ!バックナンバー一覧

脚注編集

  1. ^ スペースシャワーネットワーク (2002年1月15日). “Channel[V]事業継承手続き終了及びチャンネル名称変更 (PDF)”. 2002年1月15日閲覧。
  2. ^ スペースシャワーネットワーク (2011年2月15日). “「ミュージックビデオ専門/VMC」が「100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス」にチャンネル名を変更! (PDF)”. 2011年2月15日閲覧。
  3. ^ スペースシャワーネットワーク (2011年11月4日). “東経110度CS放送向け番組供給基本合意書の締結に関するお知らせ (PDF)”. 2011年11月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集