メインメニューを開く

乃木坂46

日本の女性アイドルグループ、AKB48の公式ライバル

乃木坂46(のぎざか フォーティーシックス、Nogizaka46)は、日本女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2011年8月21日に誕生した[1]

乃木坂46
Nogizaka46
Nogizaka46 at Japan Expo 2014 (1).jpg
Japan Expo 2014(フランス・パリ)
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2011年 -
レーベル N46Div.Sony Music
事務所 乃木坂46合同会社
共同作業者 Sony Music Entertainment
秋元康
公式サイト 乃木坂46公式サイト
メンバー 現メンバーを参照
旧メンバー 元メンバーを参照
乃木坂46のロゴ

目次

略歴編集

 
ソニー・ミュージックエンタテインメントが所有していた旧・SME乃木坂ビル

グループ名に用いられている「乃木坂」は、乃木坂46のプロデュース会社のソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が当時所有していた港区赤坂の「SME乃木坂ビル」を由来とし[2][注 1]、同ビルは乃木坂46結成メンバーの最終オーディション会場として使用された[2]。ただし、乃木坂46のマネジメント会社である乃木坂46合同会社(乃木坂46LLC[3])の登記上の本店は、SME本社が入居する「SME六番町ビル」(千代田区六番町)に所在する[4]。当初、ソニー側は「六番町」というグループ名を提案していたが、秋元康が「乃木坂」を提案、議論の結果「乃木坂」に決定した[5]。乃木坂46の「46」という数字は、「公式ライバル」と位置付けるAKB48より人数が少なくても負けないという意気込みを込めて総合プロデューサーの秋元康が命名した[2]

2006年からSMEグループのデフスターレコーズに所属していたAKB48がキングレコードへの移籍(2008年)後にヒットしたという事実は、ソニーミュージックの担当者が「逃した魚は大きかった」と語った通りソニーに大きな影響を与えた[6][注 2]。これを背景として、2011年にSMEと秋元康の合同プロデュースによる新たな女性アイドルグループが企画され、乃木坂46の結成に至った[8]。結成時のメンバーにはモデルの伊藤万理華深川麻衣、日テレジェニック2011候補生の井上小百合、ミスマガジン2011の衛藤美彩、元ももいろクローバーの柏幸奈青春女子学園川後陽菜能條愛未、SPL∞ASHの中元日芽香SPLASHの大和里菜[9]CHIMOの畠中清羅など、多くの芸能活動経験者が名を連ねた[10]。上記のような事情から、ソニーミュージックは乃木坂46の発展に未来を賭けている[11]

乃木坂46は当初、「コンセプトがない」ことをコンセプトに[12]、存在意義をAKB48のシャドーキャビネット(shadow cabinet)であることとしていた[13][注 3]。シャドーキャビネットとしての様相は、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲であり、乃木坂46にとって初のミュージック・ビデオ(MV)であった「会いたかったかもしれない」のMVから出現し始めた[15][16]。これは、AKB48の「会いたかった」をトレースした作品であり、AKB48のを描いている[16]。このため、「会いたかった」のMVが真夏に撮影されたのに対し「会いたかったかもしれない」のMVは真冬に撮影されており[17]、「会いたかったかもしれない」のMVには当時AKB48のセンターであった前田敦子が登場し、乃木坂46のセンターに抜擢された生駒里奈に当時の自分を重ねるような視線を送るシーンがある[17]

また、先述の通り乃木坂46はAKB48グループに属さないAKB48の「公式ライバル」として結成された[13]AKB48はじめ、その姉妹グループの多くが専用劇場を持つ一方で、乃木坂46は専用劇場を持たず[13]、AKB48グループが例年選抜総選挙を実施しているのに対し、乃木坂46は『16人のプリンシパル』という舞台公演における配役決定において投票を実施するなどといった面で差別化を図っており[18]、このようなAKB48グループとの差別化は1stシングル「ぐるぐるカーテン」のMVにおける私立女子校の風景から提示され始めた[19]。乃木坂46は専用劇場を持たないため、その世界観は乃木坂46の冠番組である『乃木坂って、どこ?』などの映像を通じて構築され[20]、各曲のMVがその世界観を補完する役割を果たした[19]

乃木坂46運営委員会委員長の今野義雄によれば[注 4]、乃木坂46では「AKB48とは異なるかたちのエンターテインメントを目指すプロジェクト」を方針としていくつかのテーマを掲げている[23]。第一に「劇団」のようであることである[23]。乃木坂46においてダンスは「舞踏・舞踊」として位置づけられ、ダンスを通じて「劇を演じる」ことによってひとつの作品を提示することを命題としており[23]、振付面ではミュージカルのような芝居ができるグループとして「差別化したい」「大御所でいきたい」という秋元康の意向から[13]、1stシングルから5thシングルまで南流石が振付を担当した[25]。 第二に「文化的」であることである[23]。CDの特典映像として収録されている個人PVは、乃木坂46のメンバーを用いて文化的な要素を引き出すための装置として位置づけられている[23]

音楽面では、既存のアイドルグループと差別化を図るためにフレンチ・ポップスが採用された[13][注 5]。スタイリストに起用された堀越絹衣[注 6]らによって制作された歌衣装は「おしゃれなリセエンヌ」というイメージから[13][27]、紫をキーカラーに淡い色調で彩られたクラシカルなフォルム、白い三つ折りソックスとワンストラップのエナメルシューズが定番となった[26]。ただし、このようなフレンチ・ポップス路線は1stシングル「ぐるぐるカーテン」から3rdシングル「走れ!Bicycle」まで続いた後、4thシングル「制服のマネキン」を機に路線変更が施され新しいイメージが打ち出された[5][28]。一転して強いメッセージ性を伴うダンスナンバーとなった「制服のマネキン」のMVはYouTube上において当時の最多再生回数を記録し[28][29][30][31]、のちに乃木坂46の作品群の中でも「ヒット曲」とみなされるようになる[32]林修によれば、その次作にあたる5thシングル「君の名は希望」の歌詞に登場する「主人公の変化を暗示する言葉」から、グループ自体の「自我の目覚め」を読み取ることができる[33]

しかしその後、6thシングル「ガールズルール」において、グループ結成時からセンターを務めてきた生駒里奈が白石麻衣とセンターを交代[34]、時を同じくして生駒のAKB48兼任が発表された[35]。これに対しては、白石を始め西野七瀬生田絵梨花などの他メンバーから異議を唱える声が多く挙がった[36]。この見解の相違は物議を醸し[37]、「何をもって公式ライバルなのか」というグループの存在意義そのものが問われるまでに至り[38]、ファンの間では兼任反対の署名運動が巻き起こった[39]。この結果、AKB48を「乗り越えなければならない目標(坂道)」としていた乃木坂46は[40]、AKB48グループに見られるようなグループの構造・仕組みの面白さを追求するのではなく、「個々のメンバーの個性を活かす」という方向へ大きく方針転換を遂げた[41]。2015年、「乃木坂46 新プロジェクト」として[42]、乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾・欅坂46が結成され[43]、これらを機に乃木坂46はAKB48とは異なる独自グループとして動き始めることとなった[44]

2017年、17thシングル「インフルエンサー」が初のミリオンセールスを達成した[45]。同年は、爆発的な売上を記録した1位の白石麻衣『パスポート』を筆頭に、メンバーのソロ写真集6作がオリコン年間写真集ランキングトップ10にランクイン[46]。11月7日、8日には東京ドームでの初のライブ「真夏の全国ツアー2017FINAL!」を開催して2日間で計11万人を動員し、年間のライブ総動員数は約46万人に達した[47]。15本以上にのぼるCM出演数を含め[48]、これらの数字はいずれも女性グループでは歴代トップクラスであり[47]、「No.1アイドルグループ」と称されるまでに至った[47]。また、年末には「インフルエンサー」が第59回日本レコード大賞において大賞を受賞したことで[45]、ともに大賞候補にノミネートされていたAKB48との「直接対決」を初めて制する形となった[45]。翌2018年の第60回日本レコード大賞でも20thシングル「シンクロニシティ」が大賞を受賞し[49]、女性グループとしては2011年、2012年のAKB48に続く史上2組目の大賞連覇を達成[49]。賞レースの実績においてもAKB48に肩を並べた[49]。同年は2会場同時ライブや初の海外単独公演を行い[50]、前年同様にオリコン年間写真集トップ10に6作がランクインするなど個々の活躍もめざましかった一方で[50]、生駒里奈、西野七瀬、若月佑美ら結成当初からグループを支えてきたメンバーが卒業を発表[50]。3人を含め、同一年での過去最多となる8人が相次いでグループを離れる決断を下した[51]。3期生・4期生の加入・活躍も相まって、グループは変革期を迎えている[49][51]

年譜編集

2011年編集

  • 8月21日、乃木坂46の結成日[1]。オーディションの結果、3万8934人の中から36名を選出[52]
  • 8月22日、1期生メンバー36名を発表[10]
  • 9月25日、『メンバーお見立て会』(SME乃木坂ビル)を開催、来場者に『ファンの証』を配布[53]
  • 10月3日、初のテレビ冠番組『乃木坂って、どこ?』放送開始[54]
  • 10月24日、『第一回乃木坂46お見立て会』(Zepp Tokyo)を開催、来場者に『ファンの証』を配布[55]

2012年編集

  • 1月19日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2012』(TOKYO DOME CITY HALL)で、デビュー曲「ぐるぐるカーテン」を披露[56]
  • 2月6日、『MUSIC JAPAN』(NHK総合)でAKB48SKE48NMB48とテレビ初共演[56]
  • 2月22日、1stシングル「ぐるぐるカーテン」(ソニー・ミュージックレコーズ)でCDデビュー[17]。カップリング曲「会いたかったかもしれない」は、AKB48「会いたかった」と同一の歌詞でミュージック・ビデオも同一の場所で撮影[17]
  • 5月1日、初代・大分市観光特使に就任[57]
  • 6月17日、2012年2月5日より暫定キャプテンとして活動していた桜井玲香が、正式にキャプテンに就任したことが『乃木坂って、どこ?』内で発表された[58]
  • 8月3日、3rdシングルのカップリング曲「人はなぜ走るのか?」が『2012 FIFA U-20女子ワールドカップ』の公式テーマ曲に決定[59]
  • 9月1日 - 9日、『16人のプリンシパル』(PARCO劇場)を公演[60]
  • 11月2日、『第46回 佛教大学 学園祭 鷹陵祭』で学園祭に初出演[61]
  • 11月15日 - 18日、世界ツーリングカー選手権マカオGPに「乃木坂46 with cipher Racing Team」として高山一実・西野七瀬・能條愛未・深川麻衣・若月佑美が参加[62]
  • 12月10日、『CM NOW』(2012年12月10日、玄光社)の「読者の選ぶCM大賞」における新人タレント部門で8位に選出[63]。星野みなみも新人タレント部門で6位に選出。CM大賞では、乃木坂46が出演した「メガシャキ」(2012年7月 - 、ハウス食品)は19位、「au HTC J ISW13HT」(2012年4月 - 、HTC NIPPON)は41位、「明治 手づくりチョコレート カーテン渡し篇」(2012年1月 - 2月、明治)は42位[63]
  • 12月15日、『COUNT DOWN TV』(TBSテレビ)の2012年ブレイクアーティストで1位を獲得[64]
  • 12月21日、オリコン年間ランキングの新人セールス部門で8億7000万円の年間総売上を記録し、AKB48グループが過去に達成していなかった1位を獲得[65]。新人部門の作品別シングル売上金額でも上位から「走れ!Bicycle」(24万1000枚)「おいでシャンプー」(22万1000枚)「ぐるぐるカーテン」(21万1000枚)の3作それぞれが年間2億9000万円を売上げ、TOP3を独占[65]

2013年編集

  • 1月1日、『CDTVスペシャル! 年越しプレミアライブ2012→2013』(2012年12月31日 - 2013年1月1日、TBSテレビ)に出演[66]
  • 1月14日・21日、日本全国の成人式会場(14日)ならびにヴィレッジヴァンガードの一部店舗(21日)で無料配布された『別冊ナタリー 選挙ガイドブック』に「乃木坂46の選挙のキホン」というコーナー記事が掲載され、メンバーから生駒里奈・白石麻衣・橋本奈々未・松村沙友理が登場[67]
  • 2月22日、デビュー1周年記念ライブ『Birthday Live』(幕張メッセイベントホール)を開催[68]
  • 3月12日、『乃木坂と、まなぶ』(朝日新聞デジタル)を連載開始[69]
  • 4月6日、テレビドラマ『BAD BOYS J』(日本テレビ)にレギュラー出演[注 7]
  • 4月7日、初のラジオ冠番組『乃木坂46の「の」』(文化放送)を放送開始[71]
  • 4月30日、『Rの法則』(NHK Eテレ)に「アイドルの本音 乃木坂46」という特集でメンバー16名が初出演[72]
  • 5月3日 - 12日、『16人のプリンシパル deux』(赤坂ACTシアター)を公演、2期生お披露目[73]
  • 5月20日、『乃木坂って、どこ?』で2期生発表[73]
  • 5月31日 - 6月2日、『16人のプリンシパル deux』(梅田芸術劇場メインホール)を公演[73]
  • 6月7日、翌日に日産スタジアムで行われる『AKB48 スーパーフェスティバル 〜日産スタジアム、小(ち)っちぇっ! 小(ち)っちゃくないし!!〜』のため、桜井玲香・白石麻衣・橋本奈々未が『AKB48のオールナイトニッポン』でパーソナリティーを担当[74]
  • 7月2日、林野庁から木材利用ポイントPR大使に任命された[75]
  • 8月19日 - 8月30日、札幌(19日)・福岡(23日)・大阪(27日)・名古屋(28日)・東京(30日)の五大都市を回る『真夏の全国ツアー2013』を実施[注 8]
  • 9月1日 - 30日、厚生労働省の『スマート・ライフ・プロジェクト』の応援団として「健康増進普及月間ポスター」に起用[77]
  • 10月29日、木材利用ポイントPR大使として、生駒里奈・桜井玲香・白石麻衣・西野七瀬・松村沙友理・深川麻衣の6名が代表として農林水産省に赴き、林芳正農林水産大臣を表敬訪問[78]
  • 10月30日、映画『劇場版 BAD BOYS J -最後に守るもの-』の公開直前記念イベントとして『"BAD GIRLS J" 乃木坂46スペシャルナイト』を開催し[79]、『YouTube Live』で生中継[80]
  • 12月17日、『第3回AKB48紅白対抗歌合戦』(TOKYO DOME CITY HALL)において、AKB48・渡辺麻友が乃木坂46の5thシングル「君の名は希望」を披露[81]。その際、生田絵梨花がサプライズ出演し、ピアノ&コーラスを務めた[81]
  • 12月20日、1期生・2期生の総勢43名で『乃木坂46 Merry X'mas Show 2013』(日本武道館)を開催[注 9]

2014年編集

  • 2月3日 - 9日、ライブDVD『乃木坂46 1ST YEAR BIRTHDAY LIVE 2013.2.22 MAKUHARI MESSE』(2014年2月5日、ソニー・ミュージックレコーズ)が初週1万2000枚を売り上げ、2014年2月17日付オリコン週間DVDランキング総合首位[83]。派生ユニット除く女性グループが1st DVDで総合首位を獲得したのは1999年の調査開始以来初[83]
  • 2月13日、研究生初レギュラー番組『乃木けん♡』(SHOWROOM)を配信開始[84]
  • 2月22日、デビュー2周年記念ライブ『乃木坂46 2ND YEAR BIRTHDAY LIVE』(横浜アリーナ)を開催[注 10]
  • 2月23日、『乃木坂46 Official Mobile Site』でメンバーから直接メールが届く「乃木坂46Mail」のサービスを開始[86]
  • 2月24日、Zepp DiverCity Tokyoで開催された『AKB48グループ大組閣祭り』において、交換留学生として生駒里奈によるAKB48チームB兼任およびSKE48チームEの松井玲奈による乃木坂46兼任が発表された[87]
  • 3月1日、『AKB48 SHOW!』(NHK BSプレミアム)で「乃木坂46 SHOW!」を初放送[88]
  • 3月3日、『乃木坂46 33色のラブストーリー』を配信開始[89]
  • 4月21日、斉藤優里・白石麻衣・永島聖羅・西野七瀬・松村沙友理の5人からなる「乃木坂46 モンハン選抜」が2014年8月2日から31日まで渋谷ヒカリエで開催される『10周年記念 モンスターハンター展』のオフィシャルサポーターに就任[90]
  • 5月30日 - 6月15日、『16人のプリンシパル trois』(赤坂ACTシアター)を公演[91]
  • 7月5日、フランスで開催された『JAPAN EXPO 2014』に出演[92]
  • 7月25日 - 26日、『乃木坂46アンダーライブ』(AiiA Theater Tokyo)を開催[93]
  • 8月16日 - 30日、大阪(16日)・福岡(21日)・仙台(24日)・名古屋(26日)・東京(30日)の五都市を回る『真夏の全国ツアー2014』を開催[94]
  • 8月19日、『HTC Conference Tokyo 2014』で「HTC J butterfly HTL23」の製品アンバサダーを務めることが発表された[95]
  • 9月1日 - 30日、厚生労働省の『スマート・ライフ・プロジェクト』の応援団として「健診・検診受診ポスター」に起用[96]
  • 9月2日、台湾で開催された『HTC J butterfly』の発表会に出席[97]
  • 9月23日、『乃木坂46 大かるた大会』を実施[98]
  • 10月5日 - 19日、『アンダーライブ2ndシーズン』(六本木ブルーシアター)を開催[99]
  • 10月8日 - 11月7日、女性限定カフェ『乃木坂46 何度目の青空か? cafe in 丸の内』を期間限定オープン[100]
  • 10月15日、『アイラブル★ゴルフ with 乃木坂46』(東京ビッグサイト)に出席[101]
  • 11月1日 - 2日、『AGESTOCK2014 in 早稲田祭』でライブを披露[102]
  • 11月6日 - 17日、1stアルバム発売記念として『1st→10thシングルカップリング人気投票』を実施[103]。投票は forTUNE music における11月17日までのアルバム購入者のみ可能[103]。投票の結果は、2014年12月13日から14日に開催される『Merry X'mas Show 2014』(有明コロシアム)のライブで発表[104]
  • 12月12日、『アンダーライブ セカンド・シーズン FINAL! 〜Merry X'mas "イヴ" Show 2014〜』(有明コロシアム)を開催[105]
  • 12月13日 - 14日、『Merry X'mas Show 2014』(有明コロシアム)を開催[注 11]
  • 12月15日、年賀状親善大使に就任[110]日本郵便が「乃木坂ぐるぐるAR年賀状」を2015年1月1日から1月31日まで提供[110]
  • 12月20日 - 21日、『MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE 2014』(国立代々木競技場第一体育館)に出演[111]
  • 12月22日、乃木坂46のメンバーが道案内してくれるポータブルナビゲーション『乃木坂46navi』(オートバックスセブン)を5,000台限定販売[112]
  • 12月30日、『乃木坂46 大感謝祭2014』(東京国際フォーラム・ホールA)を開催[113]

2015年編集

  • 1月7日、1stアルバム『透明な色』を発売[114]。アルバムにはシングルのリード曲10曲と未発表曲が収録され、今までリリースされたシングルカップリング曲からユーザー投票で収録曲を決定[114]
  • 2月2日、研究生6名が個人ブログを開設し、正規メンバー・研究生を含む全メンバーが個人ブログを開設した[115]
  • 2月22日、『乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE』(西武ドーム)を開催し、グループ史上最多の3万8000人を動員[116]。なお、同ライブで伊藤純奈・佐々木琴子・鈴木絢音・寺田蘭世・山崎怜奈・渡辺みり愛の研究生6名が正規メンバーに昇格し、「新プロジェクトメンバー1期生募集開始」(6月に正式発表)がスクリーンで告知された[116]。また、乃木坂46として初のハイレゾ音源が配信開始され[117]、一般社団法人日本記念日協会から乃木坂46のCDデビュー日である2月22日を「乃木坂46の日」として記念日に認定された[118][119]
  • 3月25日、『乃木坂って、どこ?』のDVD「推しどこ」シリーズを7作同時発売[108]
  • 3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』において生駒里奈と松井玲奈による交換留学解除が発表された[120]
  • 3月27日 - 5月10日、『乃木坂46カフェ2015〜命は美しい〜』を期間限定オープン[121]
  • 4月13日、『乃木坂って、どこ?』の放送終了。
  • 4月14日 - 19日、『乃木坂46アンダーライブ3rdシーズン』(Zeppブルーシアター六本木)を開催[118]
  • 4月18日、内閣総理大臣・安倍晋三が主催する「第60回 桜を見る会」(新宿御苑)に招かれ、出席する[122]
  • 4月20日、『乃木坂工事中』(テレビ愛知制作、テレビ東京系)の放送開始[123]
  • 6月17日、ライブDVD『乃木坂46 2ND YEAR BIRTHDAY LIVE 2014.2.22 YOKOHAMA ARENA』を発売[124]
  • 6月18日 - 28日、公開オーディションにより選ばれたメンバー15人が出演する舞台『じょしらく』(AiiA 2.5 Theater Tokyo)を公演[125]
  • 6月27日、坂道シリーズ第2弾「鳥居坂46」の1期生オーディションを開催する予定が発表された[126]。グループ名は、のちに「欅坂46」に変更された[127]
  • 7月10日、乃木坂46初のドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』を公開[128]
  • 7月11日、『初森ベマーズ』(テレビ東京系)でドラマ初主演[129]
  • 8月5日 - 31日、宮城(5日・6日)・名古屋(8日・9日)・広島(15日・16日)・福岡(22日・23日)・大阪(25日・26日)・東京(30日・31日)の六都市を回る『真夏の全国ツアー2015』を開催[130]
  • 10月1日 - 12日、舞台『すべての犬は天国へ行く』(AiiA Theater Tokyo)を公演[131]
  • 10月6日、乃木坂46が『第28回日本メガネベストドレッサー賞』で特別賞を受賞[132]
  • 12月17日 - 21日、日本武道館で「アンダーライブ at 日本武道館」(17・18日)、「Merry X'mas Show 2015」(20・21日)を開催[133]。21日公演で「2016年問題」の影響により、2016年の「4th YEAR BIRTHDAY LIVE」を延期することを発表[133]
  • 12月23日、『第48回オリコン年間ランキング2015』の「アーティスト別トータルセールスランキング」で44億9000万円(238万4000枚)を記録し、6位を獲得[134]
  • 12月23日、初のミュージック・ビデオ集『ALL MV COLLECTION〜あの時の彼女たち〜』を発売[135]
  • 12月31日、5thシングル「君の名は希望」で第66回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした[136]

2016年編集

  • 2月20日 - 22日、デビュー4周年記念のインターネット番組『乃木坂46 4th Anniversary 乃木坂46時間TV』を配信[137]
  • 2月27日、『第30回日本ゴールドディスク大賞』のベスト5シングルに「太陽ノック」が選出された[138]
  • 3月12日、NHK総合『震災から5年"明日へ"コンサート』に出演[139]
  • 4月15日、『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 vol.01』(2016年4月1日、KADOKAWA)が週間推定売上1万4017部を記録し[140]、2016年4月18日付のオリコン週間BOOK総合ランキングで9位を獲得[141]
  • 5月25日、2ndアルバム『それぞれの椅子』を発売[142]
  • 6月10日、2ndアルバム『それぞれの椅子』の発売を記念し、インターネット番組『乃木坂46時間TV』の第2弾を配信[143]
  • 6月15日 - 8月30日、静岡(6月15日・16日、深川麻衣卒業コンサートとして)・大阪(7月22日・23日)・名古屋(8月6日・7日)・宮城(13日・14日)・福岡(18日・19日)・東京(28日・29日・30日、4th YEAR BIRTHDAY LIVEとして)の六都市を回る『真夏の全国ツアー2016』を開催[144]
  • 6月24日、『オリコン2016年上半期ランキング』の「アーティスト別トータルセールス部門」で37億円(131万7000枚)の売上を記録し、4位を獲得[145]
  • 7月4日、3期生オーディションの募集開始[146]
  • 7月8日、『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 vol.02』(2016年6月29日、KADOKAWA)が週間推定売上2万9178部を記録し[147]、2016年7月11日付のオリコン週間BOOK総合ランキングで1位を獲得[148]
  • 8月5日、2nd写真集『1時間遅れのI love you.』を発売[149]。写真集は週間推定売上4万941部を記録し[150]、2016年8月15日付のオリコン週間BOOK総合ランキング、写真集ランキングで1位を獲得[151]
  • 9月4日、『乃木坂46 第3期生 決定スペシャル!』(LINE LIVE)で3期生の合格者12名を初披露[152]
  • 10月13日、『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 vol.03』(2016年10月3日、KADOKAWA)が週間推定売上3万2951部を記録し[153]、2016年10月17日付のオリコン週間BOOK総合ランキングで2位、ムックランキングで1位を獲得[154]
  • 10月27日、リードエグジビジョンジャパンの主催する『第4回国際宝飾展秋』(パシフィコ横浜)において[155]、『第2回クリスマスジュエリープリンセス賞』の歌手部門を受賞[156]
  • 12月6日 - 10日、日本武道館で『Merry Xmas Show 2016~選抜単独公演~』、『Merry Xmas Show 2016~アンダー単独公演~』、3期生「お見立て会」を開催[157]
  • 12月10日、16thシングル「サヨナラの意味」が出荷枚数100万枚を突破したとして、日本レコード協会よりミリオンセラーとして認定された(2016年11月度)[158]。グループとして初のミリオン認定作品となった[159]
  • 12月25日、『オリコン2016年年間ランキング』の「アーティスト別トータルセールス部門」で、74億円の売上を記録し、3位を獲得[160]
  • 12月31日、16thシングル「サヨナラの意味」で『第67回NHK紅白歌合戦』に2年連続出場[161]

2017年編集

 
「乃木坂46 真夏の全国ツアー2017」@東京・明治神宮野球場

2018年編集

  • 1月10日、初のアンダーメンバーのみでのアルバム『僕だけの君〜Under Super Best〜』を発売[176]
  • 2月11日、香港でのイベント『C3AFA HONG KONG 2018 presents I LOVE ANISONG HONG KONG 2018』に出演[177]
  • 2月22日、ネット配信番組『乃木坂46分TV』を配信し、3期生の個人ブログが開始されることなどが発表された[178]
  • 3月23日 - 25日、デビュー6周年記念のインターネット番組『NOGIZAKA46 6th Anniversary 乃木坂46時間TV』を配信[179]
  • 3月28日、ライブDVD『乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE 2017.2.20-22 SAITAMA SUPER ARENA』を発売[180]
  • 4月22日、日本武道館で『乃木坂46 生駒里奈卒業コンサート』を開催[181]。乃木坂46では初となるライブビューイングを全国の映画館で実施した[181]
  • 6月1日、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の坂道シリーズ3グループ合同オーディションを開始[182]
  • 6月25日、『オリコン2018年上半期ランキング』の「アーティスト別トータルセールス部門」で56億円の売上を記録し、初の1位を獲得[183]
  • 7月6日 - 9月2日、東京(7月6日 - 8日、6th YEAR BIRTHDAY LIVEとして)、福岡(21日・22日)、大阪(8月4日・5日)、愛知(26日・27日)、宮城(9月1日・2日)の5か所を回る『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018』を開催[184]。7月6日 - 8日の東京公演は「シンクロニシティ・ライブ」として[185]、隣接する明治神宮野球場秩父宮ラグビー場の2会場間をメンバーが行き来しながら両会場で異なるセットリスト[注 12]でのコンサートを同時開催[187]。同一アーティストの単独ライブとしては史上初となる2会場同時併催となった[188]。最終日8日のライブでは、新プロジェクト「ザンビプロジェクト」の始動が発表された[188]
  • 7月11日、ライブDVD『乃木坂46 真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME』を発売[189]
  • 8月19日、坂道シリーズ3グループ合同オーディション38名合格を発表[190]。なお、合格者名、所属グループは後日発表された[190]
  • 11月16日 - 25日、「ザンビプロジェクト」の第1弾としてメンバー4人が出演する舞台『ザンビ』(東京ドームシティホール)を上演。同舞台では、欅坂46、けやき坂46(現日向坂46)のメンバーと競演。坂道シリーズ3グループの競演は初めてとなる[191]
  • 11月29日、「坂道合同オーディション」の合格者39名[注 13]の配属先が発表され、4期生として11名が加入することとなった[192]
  • 12月1日、初の海外単独公演となる『NOGIZAKA46 LIVE in Shanghai 2018』(上海メルセデス・ベンツアリーナ)を開催[193][194]
  • 12月3日、日本武道館で「お見立て会」が開催され、4期生11名が披露された[195][196]
  • 12月20日、『オリコン2018年年間ランキング』の「アーティスト別トータルセールス部門」で音楽ソフトの売上が103.3億円を記録し、2位を獲得[197]
  • 12月22日、中国最大のソーシャルメディア「ウェイボー」が主催する『ウェイボー アカウント フェスティバル イン ジャパン2018』において「中国で最も人気のあるアイドルグループ」として表彰される[198]
  • 12月30日、20thシングル「シンクロニシティ」で、「第60回日本レコード大賞」を受賞[49]。連覇を達成した[49]
  • 12月31日、22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」で『第69回NHK紅白歌合戦』に4年連続出場[199][200]

2019年編集

  • 1月11日 - 5月31日(予定)、『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』(ソニーミュージック六本木ミュージアム)を開催[201]
  • 1月25日、ザンビプロジェクト第2弾として、主演の齋藤飛鳥らメンバー21人が出演するドラマ『ザンビ』(日本テレビ)が放送開始[202]
  • 1月27日、台湾で『NOGIZAKA46 LIVE in Taipei 2019』(台北アリーナ)を開催[203][204]
  • 2月21日 - 24日、西野七瀬卒業コンサート(24日)を含む『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE』(京セラドーム大阪)を開催[205]
  • 4月17日、4thアルバム『今が思い出になるまで』を発売[206]
  • 7月3日 - 9月1日、名古屋(7月3日・4日)、福岡(7月21日・22日)、大阪(8月14日・15日)、東京(8月30日 - 9月1日)の4都市を回る『真夏の全国ツアー2019』を開催予定[207]

メンバー編集

現メンバー編集

正規メンバー編集

名前 よみ 生年月日 出身地 血液型 身長 加入期 備考
秋元真夏 あきもと まなつ 1993/08/20_ (1993-08-20) 1993年8月20日(25歳) 埼玉県 B型 154cm 1期生
生田絵梨花 いくた えりか 1997/01/22_ (1997-01-22) 1997年1月22日(22歳) 東京都 A型 160cm 1期生
井上小百合 いのうえ さゆり 1994/12/14 (1994-12-14) 1994年12月14日(24歳) 埼玉県 B型 156cm 1期生
齋藤飛鳥 さいとう あすか 1998/08/10_ (1998-08-10) 1998年8月10日(20歳) 東京都 O型 158cm 1期生
斉藤優里 さいとう ゆうり 1993/07/20_ (1993-07-20) 1993年7月20日(25歳) 東京都 O型 157cm 1期生
桜井玲香 さくらい れいか 1994/05/16_ (1994-05-16) 1994年5月16日(24歳) 神奈川県 A型 155cm 1期生
白石麻衣 しらいし まい 1992/08/20_ (1992-08-20) 1992年8月20日(26歳) 群馬県 A型 162cm 1期生
高山一実 たかやま かずみ 1994/02/08_ (1994-02-08) 1994年2月8日(25歳) 千葉県 A型 162cm 1期生
中田花奈 なかだ かな 1994/08/06_ (1994-08-06) 1994年8月6日(24歳) 埼玉県 A型 158cm 1期生
樋口日奈 ひぐち ひな 1998/01/31_ (1998-01-31) 1998年1月31日(21歳) 東京都 A型 159cm 1期生
星野みなみ ほしの みなみ 1998/02/06_ (1998-02-06) 1998年2月6日(21歳) 千葉県 B型 155cm 1期生
松村沙友理 まつむら さゆり 1992/08/27_ (1992-08-27) 1992年8月27日(26歳) 大阪府 B型 164cm 1期生
和田まあや わだ まあや 1998/04/23_ (1998-04-23) 1998年4月23日(20歳) 広島県 O型 160cm 1期生 [注 14]
伊藤かりん いとう かりん 1993/05/26_ (1993-05-26) 1993年5月26日(25歳) 神奈川県 O型 153cm 2期生
伊藤純奈 いとう じゅんな 1998/11/30_ (1998-11-30) 1998年11月30日(20歳) 神奈川県 A型 166cm 2期生
北野日奈子 きたの ひなこ 1996/07/17_ (1996-07-17) 1996年7月17日(22歳) 北海道 O型 158cm 2期生
佐々木琴子 ささき ことこ 1998/08/28_ (1998-08-28) 1998年8月28日(20歳) 埼玉県 A型 163cm 2期生
新内眞衣 しんうち まい 1992/01/22_ (1992-01-22) 1992年1月22日(27歳) 埼玉県 B型 165cm 2期生
鈴木絢音 すずき あやね 1999/03/05_ (1999-03-05) 1999年3月5日(20歳) 秋田県 O型 160cm 2期生
寺田蘭世 てらだ らんぜ 1998/09/23_ (1998-09-23) 1998年9月23日(20歳) 東京都 不明 155cm 2期生
堀未央奈 ほり みおな 1996/10/15_ (1996-10-15) 1996年10月15日(22歳) 岐阜県 O型 160cm 2期生
山崎怜奈 やまざき れな 1997/05/21_ (1997-05-21) 1997年5月21日(21歳) 東京都 B型 164cm 2期生
渡辺みり愛 わたなべ みりあ 1999/11/01_ (1999-11-01) 1999年11月1日(19歳) 東京都 O型 153cm 2期生
伊藤理々杏 いとう りりあ 2002/10/08_ (2002-10-08) 2002年10月8日(16歳) 沖縄県 B型 154cm 3期生 [211]
岩本蓮加 いわもと れんか 2004/02/02_ (2004-02-02) 2004年2月2日(15歳) 東京都 B型 157cm 3期生 [212]
梅澤美波 うめざわ みなみ 1999/01/06_ (1999-01-06) 1999年1月6日(20歳) 神奈川県 A型 170cm 3期生
大園桃子 おおぞの ももこ 1999/09/13_ (1999-09-13) 1999年9月13日(19歳) 鹿児島県 O型 156cm 3期生
久保史緒里 くぼ しおり 2001/07/14 (2001-07-14) 2001年7月14日(17歳) 宮城県 O型 159cm 3期生
阪口珠美 さかぐち たまみ 2001/11/10_ (2001-11-10) 2001年11月10日(17歳) 東京都 A型 161cm 3期生 [211]
佐藤楓 さとう かえで 1998/03/23_ (1998-03-23) 1998年3月23日(21歳) 愛知県 A型 161cm 3期生 [注 16]
中村麗乃 なかむら れの 2001/09/27_ (2001-09-27) 2001年9月27日(17歳) 東京都 不明 167cm 3期生
向井葉月 むかい はづき 1999/08/23_ (1999-08-23) 1999年8月23日(19歳) 東京都 A型 152cm 3期生 [211]
山下美月 やました みづき 1999/07/26_ (1999-07-26) 1999年7月26日(19歳) 東京都 O型 159cm 3期生
吉田綾乃クリスティー よしだ あやのクリスティー 1995/09/06_ (1995-09-06) 1995年9月6日(23歳) 大分県 A型 161cm 3期生 [211]
与田祐希 よだ ゆうき 2000/05/05_ (2000-05-05) 2000年5月5日(18歳) 福岡県 O型 152cm 3期生

4期生編集

名前 よみ 生年月日 出身地 血液型 身長 加入期 備考
遠藤さくら えんどう さくら 2001/10/03_ (2001-10-03) 2001年10月3日(17歳) 愛知県 不明 160cm 4期生
賀喜遥香 かき はるか 2001/08/08_ (2001-08-08) 2001年8月8日(17歳) 栃木県 A型 166cm 4期生
掛橋沙耶香 かけはし さやか 2002/11/20_ (2002-11-20) 2002年11月20日(16歳) 岡山県 B型 156cm 4期生
金川紗耶 かながわ さや 2001/10/31_ (2001-10-31) 2001年10月31日(17歳) 北海道 O型 164cm 4期生
北川悠理 きたがわ ゆり 2001/08/08_ (2001-08-08) 2001年8月8日(17歳) カリフォルニア州 不明 163cm 4期生
柴田柚菜 しばた ゆな 2003/03/03_ (2003-03-03) 2003年3月3日(16歳) 千葉県 A型 160cm 4期生
清宮レイ せいみや れい 2003/08/01_ (2003-08-01) 2003年8月1日(15歳) 埼玉県 O型 162cm 4期生
田村真佑 たむら まゆ 1999/01/12_ (1999-01-12) 1999年1月12日(20歳) 埼玉県 A型 158cm 4期生
筒井あやめ つつい あやめ 2004/06/08_ (2004-06-08) 2004年6月8日(14歳) 愛知県 O型 160cm 4期生
早川聖来 はやかわ せいら 2000/08/24_ (2000-08-24) 2000年8月24日(18歳) 大阪府 A型 164cm 4期生
矢久保美緒 やくぼ みお 2002/08/14_ (2002-08-14) 2002年8月14日(16歳) 東京都 B型 152cm 4期生

元メンバー編集

元正規メンバー編集

名前 よみ 生年月日 出身地 血液型 身長 加入期 卒業・辞退・契約終了日 備考
山本穂乃香 やまもと ほのか 1998/03/31_ (1998-03-31) 1998年3月31日(21歳) 愛知県 O型 162cm 1期生 2011年09/22_9月22日 [注 17]
吉本彩華 よしもと あやか 1996/08/18_ (1996-08-18) 1996年8月18日(22歳) 熊本県 A型 147cm 1期生 2011年09/22_9月22日 [注 18]
岩瀬佑美子 いわせ ゆみこ 1990/06/12_ (1990-06-12) 1990年6月12日(28歳) 埼玉県 A型 153cm 1期生 2012年11/18_11月18日 [注 19]
安藤美雲 あんどう みくも 1993/05/21_ (1993-05-21) 1993年5月21日(25歳) 神奈川県 O型 156cm 1期生 2013年06/16_6月16日 [注 20]
柏幸奈 かしわ ゆきな 1994/08/12_ (1994-08-12) 1994年8月12日(24歳) 神奈川県 B型 158cm 1期生 2013年11/17_11月17日
宮澤成良 みやざわ せいら 1993/10/29_ (1993-10-29) 1993年10月29日(25歳) 千葉県 O型 166cm 1期生 2013年11/17_11月17日
市來玲奈 いちき れな 1996/01/22_ (1996-01-22) 1996年1月22日(23歳) 千葉県 A型 153cm 1期生 2014年07/21_7月21日
伊藤寧々 いとう ねね 1995/12/12 (1995-12-12) 1995年12月12日(23歳) 岐阜県 B型 148cm 1期生 2014年10/19_10月19日
大和里菜 やまと りな 1994/12/14_ (1994-12-14) 1994年12月14日(24歳) 宮城県 O型 162cm 1期生 2014年12/15_12月15日 [注 21]
畠中清羅 はたなか せいら 1995/12/05_ (1995-12-05) 1995年12月5日(23歳) 大分県 B型 150cm 1期生 2015年04/04_4月4日 [注 22]
松井玲奈 まつい れな 1991/07/27_ (1991-07-27) 1991年7月27日(27歳) 愛知県 O型 162cm 交換留学生 2015年05/14_5月14日
永島聖羅 ながしま せいら 1994/05/19_ (1994-05-19) 1994年5月19日(24歳) 愛知県 O型 158cm 1期生 2016年03/20_3月20日
深川麻衣 ふかがわ まい 1991/03/29_ (1991-03-29) 1991年3月29日(28歳) 静岡県 O型 162cm 1期生 2016年06/16_6月16日
橋本奈々未 はしもと ななみ 1993/02/20_ (1993-02-20) 1993年2月20日(26歳) 北海道 B型 163cm 1期生 2017年02/20_2月20日
中元日芽香 なかもと ひめか 1996/04/13_ (1996-04-13) 1996年4月13日(23歳) 広島県 O型 161cm 1期生 2017年11/19_11月19日
伊藤万理華 いとう まりか 1996/02/20_ (1996-02-20) 1996年2月20日(23歳) 神奈川県 O型 156cm 1期生 2017年12/23_12月23日
川村真洋 かわむら まひろ 1995/07/23_ (1995-07-23) 1995年7月23日(23歳) 大阪府 A型 157cm 1期生 2018年03/31_3月31日 [注 23]
生駒里奈 いこま りな 1995/12/29_ (1995-12-29) 1995年12月29日(23歳) 秋田県 AB型 154cm 1期生 2018年05/06_5月6日
斎藤ちはる さいとう ちはる 1997/02/17_ (1997-02-17) 1997年2月17日(22歳) 埼玉県 A型 166cm 1期生 2018年07/16_7月16日
相楽伊織 さがら いおり 1997/11/26_ (1997-11-26) 1997年11月26日(21歳) 埼玉県 O型 164cm 2期生 2018年07/16_7月16日 [注 24]
若月佑美 わかつき ゆみ 1994/06/27_ (1994-06-27) 1994年6月27日(24歳) 静岡県 O型 157cm 1期生 2018年11/30_11月30日[注 25]
能條愛未 のうじょう あみ 1994/10/18_ (1994-10-18) 1994年10月18日(24歳) 神奈川県 A型 162cm 1期生 2018年12/15_12月15日
川後陽菜 かわご ひな 1998/03/22_ (1998-03-22) 1998年3月22日(21歳) 長崎県 O型 161cm 1期生 2018年12/20_12月20日
西野七瀬 にしの ななせ 1994/05/25_ (1994-05-25) 1994年5月25日(24歳) 大阪府 O型 159cm 1期生 2018年12/31_12月31日[注 26]
衛藤美彩 えとう みさ 1993/01/04_ (1993-01-04) 1993年1月4日(26歳) 大分県 AB型 163cm 1期生 2019年3/31_3月31日

元研究生編集

名前 よみ 生年月日 出身地 血液型 身長 加入期 卒業・辞退日 備考
西川七海 にしかわ ななみ 1993/07/03_ (1993-07-03) 1993年7月3日(25歳) 東京都 A型 165cm 2期生 2014年03/22_3月22日 [注 27]
矢田里沙子 やだ りさこ 1995/03/18_ (1995-03-18) 1995年3月18日(24歳) 埼玉県 A型 158cm 2期生 2014年10/18_10月18日
米徳京花 よねとく きょうか 1999/04/14_ (1999-04-14) 1999年4月14日(20歳) 神奈川県 AB型 163cm 2期生 2014年10/18_10月18日 [注 28]

キャプテン編集

  • 桜井玲香(2012年6月17日 - )[58]

選抜・福神編集

楽曲の選抜・福神編集

  • ◎ - センター。
  • ○ - 福神。
  • ▲ - 選抜。

楽曲以外の選抜・福神編集

ダンス七福神とは、『乃木坂って、どこ?』の乃木坂46・ダンススキルチェックで選出された7名のことである[261]

  • 生田絵梨花、生駒里奈、井上小百合、川村真洋、齋藤飛鳥、桜井玲香、中田花奈[261]

検定八福神とは、『乃木坂と、まなぶ』の語彙・読解力検定3級試験で上位成績を収めた8名のことである[262]

  • 1位:秋元真夏、2位:橋本奈々未、3位:中田花奈、4位:中元日芽香、5位:松村沙友理、6位:生田絵梨花、7位:深川麻衣、8位:伊藤寧々[262]

モンハン選抜とは、ゲーム『モンスターハンター』を盛り上げるために結成された5名のことである[263]

  • 斉藤優里、白石麻衣、永島聖羅、西野七瀬、松村沙友理[263]

an・an美脚選抜とは、雑誌『an・an』(マガジンハウス)のNo.1955で選抜された脚の美しい10名のことである[264]

  • 秋元真夏、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、松井玲奈、松村沙友理、若月佑美[注 35]

メガネ選抜とは、乃木坂46が『第28回日本メガネベストドレッサー賞』で、普段の活動では眼鏡をかけていないがこれから眼鏡をかけて活躍してほしい人として特別賞を受賞した際[265]、眼鏡が似合うメンバーとして選抜された6名のことである[132]

  • 衛藤美彩、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣[132]

乃木坂読書選抜とは、雑誌『ダ・ヴィンチ』の連載「乃木坂活字部!」の一環で選抜された読書事情を語る3名のことである[266]

  • 齋藤飛鳥、高山一実、中元日芽香[266]

ジュエリー選抜とは、乃木坂46が『第2回クリスマスジュエリープリンセス賞』の歌手部門を受賞した際、選抜された5名のことである[156]

  • 生田絵梨花、生駒里奈、白石麻衣、西野七瀬、松村沙友理[156]

乃木坂46 SHIBUYA109福神 produced by TGCとは、ファッションの聖地SHIBUYA109と日本のガールズカルチャーを世界へ発信する東京ガールズコレクション(TGC)とともに日本のガールズファッションを盛り上げるために急遽結成された選抜チーム[162]。旗艦店であるSHIBUYA109を始め、国内外合わせて9か所で管理・運営する各109施設で開催する2017年冬のバーゲン期間中、コラボレーションを展開する[162]

  • 衛藤美彩、北野日奈子、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、西野七瀬、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、若月佑美[162]

派生ユニット編集

乃木團編集

乃木團(のぎだん)とは、氣志團の影響を受けた乃木坂46メンバーによって結成されたバンドのことである[267]。2016年、キーボードだった永島聖羅とギターだった深川麻衣がグループから卒業したが、同年8月29日の「真夏の全国ツアー2016~4th Year Birthday Live~」の2日目公演から新たに和田まあやがキーボードとして登場した[268]。2019年の『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE』からはボーカルだった中元日芽香と能條愛未の卒業により新メンバーとして伊藤純奈と久保史緒里がボーカル、氣志團のギターリスト・西園寺瞳と星グランマニエがギターのサポートとして加入[269][270]

旧体制

  • ボーカル:中元日芽香・能條愛未、ギター:深川麻衣(2016年脱退)、川村真洋、ドラム:齋藤飛鳥、ベース:中田花奈、キーボード:永島聖羅(2016年脱退)、和田まあや(新加入)[268]

新体制

  • ボーカル:伊藤純奈・久保史緒里、ギター:西園寺瞳・星グランマニエ、ドラム:齋藤飛鳥、ベース:中田花奈、キーボード:和田まあや[270]
    • 2ndアルバム『それぞれの椅子』収録の「失恋したら、顔を洗え!」を歌唱

まゆ坂46編集

まゆ坂46とは、渡辺麻友と乃木坂46メンバーによって結成された2012年発売の渡辺のソロ2ndシングル「大人ジェリービーンズ」のカップリング曲「ツインテールはもうしない」を歌唱する企画コラボユニットのことである[271][272]

  • 渡辺麻友、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中田花奈、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美[273]

こじ坂46編集

こじ坂46とは、小嶋陽菜と乃木坂46メンバーによって結成された乃木坂46の公式ライバルでありながら、AKB48グループの公式ライバルでもある独立団体のことである[274]。2014年9月17日に開催された『AKB48グループ・じゃんけん大会2014 〜拳で勝ち取れ! 1/300ソロデビュー争奪戦〜』のCブロック1回戦で小嶋が当時AKB48と兼任していた生駒里奈と対戦した際、小嶋が川後陽菜、斉藤優里、永島聖羅、中田花奈を引き連れて登場し[275]、その後、『乃木坂46 アンダーライブセカンド・シーズン』(2014年10月5日 - 19日、六本木ブルーシアター)の15日公演で乃木坂46の研究生7名、アンダーメンバー3名を立候補じゃんけんを用いて吸収、合計16名で結成された[276]

  • 小嶋陽菜、生駒里奈、伊藤純奈、川後陽菜、川村真洋、斉藤優里、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、永島聖羅、中田花奈、能條愛未、山崎怜奈、渡辺みり愛、和田まあや[277]

さし坂46編集

さし坂46とは、指原莉乃と乃木坂46メンバーによって結成されたコラボユニットのことである[278]。2014年12月16日に開催された『第4回AKB48紅白対抗歌合戦』(TOKYO DOME CITY HALL)で白組副キャプテンである指原莉乃の出演に合わせて結成された[279]

  • 指原莉乃、秋元真夏、衛藤美彩、齋藤飛鳥、相楽伊織、佐々木琴子、深川麻衣、堀未央奈[279]

乃木坂AKB編集

乃木坂AKBとは、AKB48の43rdシングル「君はメロディー」のカップリング曲「混ざり合うもの」で結成された乃木坂46とAKB48グループメンバーによるコラボユニットのことである[280]

ギガ200編集

ギガ200とは、ソフトバンクのキャンペーン「ギガ学割」をPRするユニットのことである[281]

  • 秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、衛藤美彩、齋藤飛鳥、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美[281]、他

HoneyWorks meets さゆりんご軍団 + 真夏さんリスペクト軍団 from 乃木坂46編集

HoneyWorks meets さゆりんご軍団 + 真夏さんリスペクト軍団 from 乃木坂46は、クリエーターユニット「HoneyWorks」が生んだ恋愛青春群像劇、劇場アニメーション第2弾『好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜』のエンディング主題歌として書き下ろされた楽曲「大嫌いなはずだった。」のために結成されたスペシャルユニットである[282]

  • さゆりんご軍団
    • 松村沙友理、佐々木琴子、寺田蘭世、伊藤かりん[282]
  • 真夏さんリスペクト軍団
    • 秋元真夏、相楽伊織、鈴木絢音、渡辺みり愛[282]

坂道AKB編集

坂道AKBとは、AKB48の47thシングル「シュートサイン」のカップリング曲「誰のことを一番 愛してる?」で結成された坂道シリーズメンバーとAKB48グループメンバーによるコラボユニットのことである[283][284]。2017年3月31日の『ミュージックステーション 3時間スペシャル』(テレビ朝日)など、坂道AKBとして音楽番組にも出演している[285]。51stシングル「ジャーバージャ」には、「坂道AKB」第2弾「国境のない時代」が収録されている[286]。55thシングル「ジワるDAYS」には、「坂道AKB」第3弾「初恋ドア」が収録されている[287][288]

第1弾

第2弾

  • 乃木坂46
    • 大園桃子、久保史緒里、齋藤飛鳥、堀未央奈、山下美月、与田祐希[286]
  • 欅坂46
  • けやき坂46
  • AKB48
  • SKE48
  • HKT48

第3弾

IZ4648編集

IZ4648とは、2018年12月12日放送の『2018 FNS歌謡祭 第2夜』で、乃木坂46、欅坂46、AKB48グループ、IZ*ONEメンバーで結成されたコラボユニットのことである[291]。AKB48の55thシングル「ジワるDAYS」には、カップリング曲として「必然性」が収録されている[287][291]

  • 乃木坂46
    • 梅澤美波、齋藤飛鳥、西野七瀬、白石麻衣、堀未央奈、山下美月[291]
  • 欅坂46
    • 小池美波、菅井友香、渡邉理佐、長濱ねる、小林由依、土生瑞穂[291]
  • AKB48グループ
  • IZ*ONE

乃木坂46内ユニット編集

以下、発売されたシングルおよびアルバムのユニット[注 36]

WHITE HIGH編集

WHITE HIGHとは、4thシングル「制服のマネキン」の収録曲「渋谷ブルース」を歌唱したメンバーのことである。白石の「白」、高山の「高」をそれぞれ英語表記にした「WHITE」「HIGH」の組み合わせ。

  • メンバー:白石麻衣、高山一実

サンクエトワール編集

サンクエトワールとは[292]、13thシングル「今、話したい誰かがいる」の収録曲「大人への近道」、16thシングル「サヨナラの意味」の収録曲「君に贈る花がない」を歌唱したメンバーのことである。13thシングルのアンダーメンバーより選抜。「サンクエトワール」はフランス語で「五つ星 (cinq étoile)」という意味。

  • メンバー:北野日奈子、寺田蘭世、中田花奈、中元日芽香、堀未央奈

さゆりんご軍団編集

さゆりんご軍団とは、15thシングル「裸足でSummer」の収録曲「白米様」を歌唱したメンバーのことである。

真夏さんリスペクト軍団編集

真夏さんリスペクト軍団とは、16thシングル「サヨナラの意味」の収録曲「2度目のキスから」を歌唱したメンバーのことである。

女子校カルテット編集

女子校カルテットとは、2ndアルバム『それぞれの椅子』の収録曲「口約束」、17thシングル「インフルエンサー」の収録曲「人生を考えたくなる」、22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」の収録曲「告白の順番」を歌唱したメンバーのことである。女子校に通っていたメンバーで結成。

  • メンバー:秋元真夏、桜井玲香、中田花奈、若月佑美

姉御坂編集

姉御坂とは、17thシングル「インフルエンサー」の収録曲「意外BREAK」を歌唱したメンバーのことである。グループ1期生年長メンバーで結成。

  • メンバー:衛藤美彩、白石麻衣、高山一実、松村沙友理

ナスカ編集

ナスカとは[293]、17thシングル「インフルエンサー」の収録曲「Another Ghost」を歌唱したメンバーのことである。ナナセの「ナ」、アスカの「ス」、マリカの「カ」の組み合わせ。

  • メンバー:伊藤万理華、齋藤飛鳥、西野七瀬

かすみ草編集

かすみ草とは[294]、17thシングル「インフルエンサー」の収録曲「当たり障りのない話」を歌唱したメンバーのことである。かすみ草の花言葉は「名脇役」。主役を影で支える力のあるメンバーという意味が込められている。

  • メンバー:生駒里奈、井上小百合、星野みなみ、堀未央奈

若様軍団編集

若様軍団とは[295][296]、19thシングル「いつかできるから今日できる」の収録曲「失恋お掃除人」を歌唱したメンバーのことである。4名に共通する一文字「美」から若月が3期生を結集。

  • メンバー:梅澤美波、阪口珠美、山下美月、若月佑美

藤桜梨編集

藤桜梨(ドンウォーリー)とは[297]、20thシングル「シンクロニシティ」の収録曲「雲になればいい」を歌唱したメンバーのことである。衛藤の「藤」、桜井の「桜」、絵梨花の「梨」、とそれぞれの名前にある花の組み合わせ。

  • メンバー:生田絵梨花、衛藤美彩、桜井玲香

いもうと坂編集

いもうと坂とは、20thシングル「シンクロニシティ」の収録曲「言霊砲」を歌唱したメンバーのことである。表題曲の選抜3期生メンバー4名で結成。

  • メンバー:大園桃子、久保史緒里、山下美月、与田祐希

軍団編集

構成の推移編集

年月日 出来事 増減 正規メンバー 研究生[注 37] 合計
2011年8月21日 1期生36名 合格[注 38] 36 36 36
2011年9月22日 山本穂乃香・吉本彩華 辞退 -2 34 34
2012年11月18日 岩瀬佑美子 卒業[298] -1 33 33
2013年5月11日 2期生 お披露目[注 39] +13 33 13 46
2013年6月16日 安藤美雲 卒業[301] -1 32 13 45
2013年10月6日 堀未央奈 正規メンバー昇格[242] 33 12 45
2013年11月17日 柏幸奈・宮澤成良 卒業[302] -2 31 12 43
2014年1月26日 北野日奈子 正規メンバー昇格[303] 32 11 43
2014年3月2日 新内眞衣 正規メンバー昇格[304] 33 10 43
2014年3月22日 西川七海 辞退[305] -1 33 9 42
2014年4月24日 SKE48チームE松井玲奈の兼任開始[87] +1 34 9 43
2014年6月14日 相楽伊織 研究生復帰[299] +1 34 10 44
2014年7月21日 市來玲奈 卒業[306] -1 33 10 43
2014年8月4日 伊藤かりん 正規メンバー昇格[307] 34 9 43
2014年10月18日 矢田里沙子・米徳京花 辞退[308] -2 34 7 41
2014年10月19日 伊藤寧々 卒業[309] -1 33 7 40
2014年12月15日 大和里菜 契約終了[310] -1 32 7 39
2015年1月18日 相楽伊織 正規メンバー昇格[311] 33 6 39
2015年2月22日 伊藤純奈・佐々木琴子・鈴木絢音・寺田蘭世
山崎怜奈・渡辺みり愛 正規メンバー昇格[116]
39 39
2015年4月4日 畠中清羅 卒業[312] -1 38 38
2015年5月14日 松井玲奈 交換留学終了[313] -1 37 37
2016年3月20日 永島聖羅 卒業[314] -1 36 36
2016年6月16日 深川麻衣 卒業[315] -1 35 35
2016年9月4日 3期生 お披露目[注 40] +12 35 12[注 41] 47
2017年2月20日 橋本奈々未 卒業[316][317] -1 34 12[注 41] 46
2017年11月19日[注 42] 中元日芽香 卒業[318] -1 33 12[注 41] 45
2017年12月23日 伊藤万理華 卒業[319] -1 32 12[注 41] 44
2018年春 3期生が1、2期生と同じ扱いになる[注 43] 44 44
2018年3月31日 川村真洋 卒業[324] -1 43 43
2018年5月6日 生駒里奈 卒業[325] -1 42 42
2018年7月16日 斎藤ちはる・相楽伊織 卒業[326] -2 40 40
2018年11月30日[注 44] 若月佑美 卒業[328] -1 39 39
2018年12月3日 4期生 お披露目[注 45][196] +11 39 11[注 46] 50
2018年12月15日 能條愛未 卒業[329] -1 38 11[注 46] 49
2018年12月20日 川後陽菜 卒業[330] -1 37 11[注 46] 48
2018年12月31日 西野七瀬 卒業[331] -1 36 11[注 46] 47
2019年3月31日 衛藤美彩 卒業[332] -1 35 11[注 46] 46

オーディション編集

1期生オーディション編集

  • 応募資格:2011年4月1日時点で満12歳から24歳で、特定のレコードメーカー、プロダクション、音楽出版社に専属契約のない女性[333]。2011年7月20日に締切[333]
  • 応募総数:3万8934名[334]
  • 一次審査:書類選考[335]
  • 二次審査:面接(2011年8月6日 - 7日、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡・沖縄)[335]
  • 三次審査、四次審査:実技(2011年8月20日 - 21日、SME乃木坂ビル)、合格者56名[234]
  • 最終審査:2011年8月21日に実施、合格者36名[336]
  • 最終合格者:乃木坂46の結成メンバーとして活動を開始[336]

2期生オーディション編集

  • 応募資格:2013年3月31日時点で満13歳から22歳で、特定のプロダクションなどに専属契約のない女性[337]。2013年1月15日に締切[337]
  • 応募総数:1万6302人[338]
  • 最終審査:合格者14名、倍率1000倍以上[339]
  • 最終合格者:乃木坂46のミュージカル公演『16人のプリンシパル deux』の東京で開催される15回の公演(2013年5月3日 - 12日、赤坂ACTシアター)で各1名ずつ発表され、乃木坂46の研究生としてレッスンを受ける[340]

3期生オーディション編集

  • 応募資格:満12歳から満20歳で[146]、合格後、上京および乃木坂46合同会社との専属契約が可能な女性[146]。2016年7月19日に締切[146]
  • 応募総数:4万8986人[341]。セミナー時点の応募総数は1万人以上[342]
  • セミナー:オーディション用女性限定セミナー(2016年3月26日、宮城 / 3月27日、北海道・愛知・大阪・広島・福岡 / 4月2日、東京)[343]
  • 一次審査:書類選考[146]
  • 二次審査:面接(2016年7月30日 - 31日、東京 / 8月3日、札幌・福岡 / 8月5日、名古屋 / 8月6日、静岡・金沢 / 8月7日、新潟・高知 / 8月8日 - 9日、大阪 / 8月12日、仙台・鹿児島 / 8月13日、群馬・沖縄)[146]
  • 三次審査:実技(2016年8月19日 - 20日、東京都内某所)[146]
  • 四次審査:面接(2016年8月21日、東京都内某所)[344]
  • SHOWROOM部門:配信(2016年8月27日12時00分 - 2016年9月2日21時59分)[345]
  • 最終審査:合格者決定(2016年9月4日、東京都内某所)[注 47]
  • 最終合格者:四次審査までに13名が選出され、最終審査前に1名が辞退[152]。12名が最終審査に臨み、全員が合格した[152]。2016年9月4日、『乃木坂46 第3期生 決定スペシャル!』(LINE LIVE)で合格者が初披露された[152]。また、合格者の大園桃子が3期生の暫定センターを務めることが決定した[344]。さらに、オーディションに併せて大手出版社各誌とコラボレーションした特別企画が実施された[344]。オーディションを全20誌の担当者が見学し、合格者の中から選出したメンバーに各誌が特別賞を与え、特別賞を受賞したメンバーは各雑誌への掲載が確約された[注 48]

4期生オーディション (坂道合同オーディション)編集

作品編集

シングル編集

リリース日 タイトル 最高位 レーベル 規格品番 形態(販売形態)
1 2012年2月22日 ぐるぐるカーテン 2位 Sony Records SRCL-7900/1 Type-A(CD+DVD
SRCL-7902/3 Type-B(CD+DVD)
SRCL-7904/5 Type-C(CD+DVD)
SRCL-7906 通常盤(CD)
2 2012年5月2日 おいでシャンプー 1位 N46Div. SRCL-7966/7 Type-A(CD+DVD)
SRCL-7968/9 Type-B(CD+DVD)
SRCL-7970/1 Type-C(CD+DVD)
SRCL-7972 通常盤(CD)
3 2012年8月22日 走れ!Bicycle 1位 N46Div. SRCL-8058/9 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8060/1 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8062/3 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8064 通常盤(CD)
4 2012年12月19日 制服のマネキン 1位 N46Div. SRCL-8201/2 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8203/4 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8205/6 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8207 通常盤(CD)
SRCL-8208 アニメ盤(CD)
5 2013年3月13日 君の名は希望 1位 N46Div. SRCL-8253/4 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8255/6 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8257/8 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8259 通常盤(CD)
6 2013年7月3日 ガールズルール 1位 N46Div. SRCL-8315/6 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8317/8 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8319/20 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8321 通常盤(CD)
7 2013年11月27日 バレッタ 1位 N46Div. SRCL-8423/4 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8425/6 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8427/8 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8429 通常盤(CD)
SRCL-8430 アニメ盤(CD)
8 2014年4月2日 気づいたら片想い 1位 N46Div. SRCL-8520/1 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8522/3 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8524/5 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8526 通常盤(CD)
9 2014年7月9日 夏のFree&Easy 1位 N46Div. SRCL-8563/4 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8565/6 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8567/8 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8569 通常盤(CD)
10 2014年10月8日 何度目の青空か? 1位 N46Div. SRCL-8621/2 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8623/4 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8625/6 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8627 通常盤(CD)
11 2015年3月18日 命は美しい 1位 N46Div. SRCL-8780/1 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8782/3 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8784/5 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8786 通常盤(CD)
12 2015年7月22日 太陽ノック 1位 N46Div. SRCL-8840/1 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8842/3 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8844/5 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8846 通常盤(CD)
SRC7-6/7 セブン-イレブン限定盤(CD)
13 2015年10月28日 今、話したい誰かがいる 1位 N46Div. SRCL-8910/1 Type-A(CD+DVD)
SRCL-8912/3 Type-B(CD+DVD)
SRCL-8914/5 Type-C(CD+DVD)
SRCL-8916 通常盤(CD)
SRCL-8956 ここさけ盤(CD)
14 2016年3月23日 ハルジオンが咲く頃 1位 N46Div. SRCL-9025/6 Type-A(CD+DVD)
SRCL-9027/8 Type-B(CD+DVD)
SRCL-9029/30 Type-C(CD+DVD)
SRCL-9032/3 Type-D(CD+DVD)
SRCL-9031 通常盤(CD)
15 2016年7月27日 裸足でSummer 1位 N46Div. SRCL-9138/9 Type-A(CD+DVD)
SRCL-9140/1 Type-B(CD+DVD)
SRCL-9142/3 Type-C(CD+DVD)
SRCL-9145/6 Type-D(CD+DVD)
SRCL-9144 通常盤(CD)
16 2016年11月9日 サヨナラの意味 1位 N46Div. SRCL-9258/9 Type-A(CD+DVD)
SRCL-9260/1 Type-B(CD+DVD)
SRCL-9262/3 Type-C(CD+DVD)
SRCL-9264/5 Type-D(CD+DVD)
SRCL-9266 通常盤(CD)
17 2017年3月22日 インフルエンサー 1位 N46Div. SRCL-9370/1 Type-A(CD+DVD)
SRCL-9372/3 Type-B(CD+DVD)
SRCL-9374/5 Type-C(CD+DVD)
SRCL-9376/7 Type-D(CD+DVD)
SRCL-9378 通常盤(CD)
18 2017年8月9日 逃げ水 1位 N46Div. SRCL-9489/90 Type-A(CD+DVD)
SRCL-9491/2 Type-B(CD+DVD)
SRCL-9493/4 Type-C(CD+DVD)
SRCL-9495/6 Type-D(CD+DVD)
SRCL-9497 通常盤(CD)
19 2017年10月11日 いつかできるから今日できる 1位 N46Div. SRCL-9572/3 Type-A(CD+DVD)
SRCL-9574/5 Type-B(CD+DVD)
SRCL-9576/7 Type-C(CD+DVD)
SRCL-9578/9 Type-D(CD+DVD)
SRCL-9580 通常盤(CD)
20 2018年4月25日 シンクロニシティ 1位 N46Div. SRCL-9782/3 Type-A(CD+DVD)
SRCL-9784/5 Type-B(CD+DVD)
SRCL-9786/7 Type-C(CD+DVD)
SRCL-9788/9 Type-D(CD+DVD)
SRCL-9790 通常盤(CD)
21 2018年8月8日 ジコチューで行こう! 1位 N46Div. SRCL-9913/4 Type-A(CD+DVD)
SRCL-9915/6 Type-B(CD+DVD)
SRCL-9917/8 Type-C(CD+DVD)
SRCL-9919/20 Type-D(CD+DVD)
SRCL-9921 通常盤(CD)
22 2018年11月14日 帰り道は遠回りしたくなる 1位 N46Div. SRCL-9974/5 Type-A(CD+Blu-ray
SRCL-9976/7 Type-B(CD+Blu-ray)
SRCL-9978/9 Type-C(CD+Blu-ray)
SRCL-9980/1 Type-D(CD+Blu-ray)
SRCL-9982 通常盤(CD)
23 2019年5月29日 Sing Out! N46Div. SRCL-11186/7 Type-A(CD+Blu-ray)
SRCL-11188/9 Type-B(CD+Blu-ray)
SRCL-11190/1 Type-C(CD+Blu-ray)
SRCL-11192/3 Type-D(CD+Blu-ray)
SRCL-11194 通常盤(CD)

配信限定編集

リリース日 タイトル レーベル 備考
1 2014年4月14日 気づいたら片想い 〜with 松井玲奈 ver.〜 N46Div. レコチョク先行配信

アルバム編集

オリジナルアルバム編集

リリース日 タイトル 最高位 レーベル 規格品番 形態(販売形態)
1 2015年1月7日 透明な色 1位 N46Div. SRCL-8662/4 Type-A(2CD+DVD)
SRCL-8665/6 Type-B(2CD)
SRCL-8667 Type-C(CD)
2 2016年5月25日 それぞれの椅子 1位 N46Div. SRCL-9078/9 Type-A(CD+DVD)
SRCL-9080/1 Type-B(CD+DVD)
SRCL-9082/3 Type-C(CD+DVD)
SRCL-9084/5 Type-D(CD+DVD)
SRCL-9086 通常盤(CD)
3 2017年5月24日 生まれてから初めて見た夢 1位 N46Div. SRCL-9437/9 初回生産限定盤(CD+DVD)
SRCL-9440/1 Type-A(CD+DVD)
SRCL-9442/3 Type-B(CD+DVD)
SRCL-9444 通常盤(CD)
4 2019年4月17日 今が思い出になるまで N46Div. SRCL-11140/2 初回生産限定盤(CD+Blu-ray)
SRCL-11143/4 Type-A(CD+Blu-ray)
SRCL-11145/6 Type-B(CD+Blu-ray)
SRCL-11147 通常盤(CD)

アンダーアルバム編集

リリース日 タイトル 最高位 レーベル 規格品番 形態(販売形態)
1 2018年1月10日 僕だけの君〜Under Super Best〜 1位 N46Div. SRCL-9630/2 初回生産限定盤(2CD+DVD)
SRCL-9633/5 初回仕様限定盤(2CD+DVD)
SRCL-9636/7 通常盤(2CD)

コンピレーション編集

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 収録曲
1 2014年6月4日 THE BEST OF MAGI Sony Records SVWC-7995/7 指望遠鏡

参加楽曲編集

シングル編集

まゆ坂46

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 収録作品
1 2012年7月25日 ツインテールはもうしない Sony Records SRCL-8030/1 大人ジェリービーンズ

こじ坂46

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 収録作品
1 2014年11月26日 風の螺旋 キングレコード KIZM-90317/8 希望的リフレイン

乃木坂AKB

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 収録作品
1 2016年3月9日 混ざり合うもの キングレコード KIZM-90421/2 君はメロディー

坂道AKB

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 収録作品
1 2017年3月15日 誰のことを一番 愛してる? キングレコード KIZM-90481/2 シュートサイン
2 2018年3月14日 国境のない時代 キングレコード KIZM-90547/8 ジャーバージャ
3 2019年3月13日 初恋ドア キングレコード KIZM-90615 ジワるDAYS

IZ4648

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 収録作品
1 2019年3月13日 必然性 キングレコード KIZM-90617 ジワるDAYS

配信限定編集

HoneyWorks meets さゆりんご軍団 + 真夏さんリスペクト軍団 from 乃木坂46

リリース日 タイトル レーベル 備考
1 2016年12月7日 大嫌いなはずだった。 Music Ray'n Inc.

映像作品編集

バラエティ編集

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 形態
1 2014年3月7日 NOGIBINGO! vap VPBF-10975 初回限定版DVD-BOX
VPBF-10976 通常版DVD-BOX
2 2014年9月12日 NOGIBINGO!2 vap VPBF-29901 初回限定版DVD-BOX
VPBF-29902 通常版DVD-BOX
3 2015年3月25日 乃木坂って、どこ? N46Div. SRBW-20 白石麻衣の『推しどこ?』
SRBW-21 秋元真夏の『推しどこ?』
SRBW-22 生田絵梨花の『推しどこ?』
SRBW-23 生駒里奈の『推しどこ?』
SRBW-24 高山一実の『推しどこ?』
SRBW-25 西野七瀬の『推しどこ?』
SRBW-26 星野みなみの『推しどこ?』
2015年9月30日 SRBW-33 桜井玲香の『推しどこ?』
SRBW-34 橋本奈々未の『推しどこ?』
SRBW-35 堀未央奈の『推しどこ?』
SRBW-36 若月佑美の『推しどこ?』
2016年12月21日 SRBW-37 松村沙友理の『推しどこ?』
SRBW-38 深川麻衣の『推しどこ?』
SRBW-39 衛藤美彩の『推しどこ?』
4 2015年4月24日 NOGIBINGO!3 vap VPBF-29925 初回生産限定DVD-BOX
VPXF-72963 Blu-ray BOX
5 2015年10月16日 NOGIBINGO!4 vap VPBF-29936 初回生産限定DVD-BOX
VPXF-72973 Blu-ray BOX
6 2016年2月19日 NOGIBINGO!5 vap VPBF-29950 初回生産限定DVD-BOX
VPXF-72987 Blu-ray BOX
7 2016年9月30日 NOGIBINGO!6 vap VPBF-14531 初回生産限定DVD-BOX
VPXF-71466 Blu-ray BOX
8 2017年8月4日 NOGIBINGO!7 vap VPBF-14608 初回生産限定DVD-BOX
VPXF-71529 Blu-ray BOX
9 2018年3月16日 NOGIBINGO!8 vap VPBF-14682 初回生産限定DVD-BOX
VPXF-71584 Blu-ray BOX
10 2018年10月19日 NOGIBINGO!9 vap VPBF-14739 初回生産限定DVD-BOX
VPXF-71634 Blu-ray BOX

テレビドラマ編集

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 形態
1 2016年1月20日 初森ベマーズ 東宝 TBR-25443D Blu-ray SPECIAL BOX
TDV-25445D DVD BOX

その他のテレビ番組編集

  • 乃木坂浪漫 ランダム生写真風DVD(2013年3月16日、乃木坂46運営委員会) - 幕張メッセの個別握手会で販売された『乃木坂浪漫』の本編名シーン画像をDVD盤面に生写真風にプリントアウトした作品、全102話を1枚に1話収録し1セット5枚入りで販売[346]

映画編集

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 形態
1 2015年11月18日 悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46 東宝 TBR-25431D Blu-ray スペシャルエディション
TDV-25432D DVD スペシャルエディション
TBR-25433D Blu-ray コンプリートBOX
TDV-25434D DVD コンプリートBOX
2 2018年5月16日 あさひなぐ 東宝 TBR-28186D Blu-ray スペシャルエディション
TDV-28187D DVD スペシャルエディション
TDV-28188D DVD スタンダードエディション

ミュージック・ビデオ編集

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 形態
1 2015年12月23日 ALL MV COLLECTION〜あの時の彼女たち〜 N46Div. SRXL-80/3 完全生産限定盤Blu-ray
SRBL-1680/3 完全生産限定盤DVD
SRXL-84/7 初回仕様限定盤Blu-ray
SRBL-1684/7 初回仕様限定盤DVD
SRXL-88 通常盤Blu-ray
SRBL-1688 通常盤DVD

ライブ編集

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 形態
1 2014年2月5日 乃木坂46 1ST YEAR BIRTHDAY LIVE 2013.2.22 MAKUHARI MESSE N46Div. SRBL-1602/5 完全生産限定豪華盤DVD
SRBL-1606/7 通常盤DVD
SRBL-1608 ダイジェスト盤DVD
2014年2月26日 SRXL-50/1 完全生産限定豪華盤Blu-ray
SRXL-52 通常盤Blu-ray
2 2015年6月17日 乃木坂46 2ND YEAR BIRTHDAY LIVE 2014.2.22 YOKOHAMA ARENA N46Div. SRBL-1658/60 完全生産限定豪華盤DVD
SRXL-69/70 完全生産限定豪華盤Blu-ray
SRBL-1661/2 通常盤DVD
SRXL-71 通常盤Blu-ray
3 2016年7月6日 乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME N46Div. SRBL-1710/3 完全生産限定盤DVD
SRXL-101/3 完全生産限定盤Blu-ray
SRBL-1714/6 通常盤DVD
SRXL-104/5 通常盤Blu-ray
SRBL-1717 SINGLE COLLECTION DVD
4 2017年6月28日 乃木坂46 4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM N46Div. SRBL-1748/54 完全生産限定盤DVD
SRXL-124/7 完全生産限定盤Blu-ray
SRBL-1755/6 DVD (DAY 1)
SRXL-128 Blu-ray (DAY 1)
SRBL-1757/8 DVD (DAY 2)
SRXL-129 Blu-ray (DAY 2)
SRBL-1759/60 DVD (DAY 3)
SRXL-130 Blu-ray (DAY 3)
5 2018年3月28日 乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE 2017.2.20-22 SAITAMA SUPER ARENA N46Div. SRBL-1782/8 完全生産限定盤DVD コンプリートBOX
SRXL-154/7 完全生産限定盤Blu-ray コンプリートBOX
SRBL-1789/90 DVD (DAY 1)
SRXL-158 Blu-ray (DAY 1)
SRBL-1791/2 DVD (DAY 2)
SRXL-159 Blu-ray (DAY 2)
SRBL-1793/4 DVD (DAY 3)
SRXL-160 Blu-ray (DAY 3)
6 2018年7月11日 乃木坂46 真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME N46Div. SRXL-171/2 完全生産限定盤Blu-ray
SRBL-1802/4 完全生産限定盤DVD
SRXL-173 通常盤Blu-ray
SRBL-1805/6 通常盤DVD

タイアップ編集

楽曲 タイアップ 収録作品
ぐるぐるカーテン 明治『明治チョコレート カーテン渡し』編 CMソング[235] 1stシングル「ぐるぐるカーテン
左胸の勇気 スカパー! Jリーグ2012 公式応援ソング[347]
おいでシャンプー HTC NIPPONHTC J ISW13HT』CMソング[348] 2ndシングル「おいでシャンプー
ハウス! off vocal ver. 文化放送乃木坂46の「の」』オープニングテーマ[要出典]
走れ!Bicycle ハウス食品メガシャキ』CMソング[349] 3rdシングル「走れ!Bicycle
人はなぜ走るのか? FIFA U-20 女子ワールドカップジャパン2012 オフィシャルソング[349]
制服のマネキン HTC NIPPON『HTC J butterfly HTL21』CMソング[350]
北海道放送TBS系2013 HBCジャンプカップ』エンディングテーマ[351]
4thシングル「制服のマネキン
指望遠鏡 MBS・TBS系アニメ『マギ』前期(第1話 - 第12話)エンディングテーマ[352]
ここじゃないどこか NHK BSプレミアム アニメ『うさぎのモフィ』エンディング・テーマ[351]
君の名は希望 映画『超能力研究部の3人』主題歌[353] 5thシングル「君の名は希望
シャキイズム ハウス食品『メガシャキ』『メガシャキガム』『ギガシャキ』CMソング[354]
ガールズルール 楽天『楽天スーパーSALE 実行委員会(肉・カニ)』編 CMソング[355]
日本テレビ系『NOGIBINGO!』オープニングテーマ[356]
6thシングル「ガールズルール
世界で一番 孤独なLover 日本テレビ系 土曜深夜ドラマ『BAD BOYS J』挿入歌[357]
月の大きさ テレビ東京系 アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』第14期オープニングテーマ 7thシングル「バレッタ
ロマンスのスタート ハウス食品『メガシャキ』『ギガシャキ』[358]
NHK BSプレミアム『乃木坂46のガクたび!』オープニング・テーマ[359]
8thシングル「気づいたら片想い
何度目の青空か? HTC NIPPON『HTC J butterfly HTL23』CMソング[360] 10thシングル「何度目の青空か?
命は美しい はるやま商事『はるやまx乃木坂46 さよなら制服』編 CMソング[361]
7gogo『755「がんばる!」』編、『755「嬉しい!」』編 CMソング[362]
11thシングル「命は美しい
立ち直り中 ダリヤ『Palty』CMソング[363]
太陽ノック セブン-イレブン『セブン-イレブン フェア 乃木坂46』キャンペーンソング[364]
テレビ東京系 ドラマ24初森ベマーズ』オープニング・テーマ[364]
12thシングル「太陽ノック
もう少しの夢 テレビ東京系 ドラマ24『初森ベマーズ』エンディング・テーマ[364]
今、話したい誰かがいる 映画『心が叫びたがってるんだ。』主題歌[365]
JR東日本ウォータービジネス『From AQUA〜谷川連峰の天然水〜』CMソング[366]
13thシングル「今、話したい誰かがいる
ポピパッパパー サマンサタバサ「サマンサタバサプチチョイス」CMソング[367]
悲しみの忘れ方 映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』主題歌[128]
ハルジオンが咲く頃 SIZE BOOK『sizebook』CMソング[368]
allfuz『乃木恋〜坂道の下で、あの日僕は恋をした〜』CMソング[369]
14thシングル「ハルジオンが咲く頃
きっかけ セブン-イレブン『セブン-イレブン フェア 乃木坂46』キャンペーンソング[370] 2ndアルバム『それぞれの椅子
空気感 ダリヤ『Palty』CMソング[要出典]
オフショアガール JR東日本ウォータービジネス『From AQUA〜谷川連峰の天然水〜』CMソング[371] 15thシングル「裸足でSummer
僕だけの光 日本テレビ系『第36回全国高等学校クイズ選手権』主題歌[372]
インフルエンサー はるやま商事『スラテクノスーツ』CMソング[373]
フジテレビ系『My first baito』挿入歌
ディップ「バイトル」CMソング
17thシングル「インフルエンサー
流星ディスコティック ディップ「バイトル」CMソング 3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢
スカイダイビング セブン-イレブン『セブン-イレブン フェア 乃木坂46』キャンペーンソング
思い出ファースト allfuz『乃木恋〜坂道の下で、あの日僕は恋をした〜』CMソング
ひと夏の長さより… フジテレビ「お台場みんなの夢大陸2017」テーマソング[374][375] 18thシングル「逃げ水
泣いたっていいじゃないか? 日本テレビ系『第37回全国高等学校クイズ選手権』応援ソング[376]
女は一人じゃ眠れない 映画『ワンダーウーマン』イメージソング[376]
逃げ水 ディップ「バイトル」CMソング[377]
フジテレビ系『My first baito』挿入歌
いつかできるから今日できる 映画『あさひなぐ』主題歌[378][379]
はるやま商事『各地域応援祭』CMソング[380]
フジテレビ系『My first baito』挿入歌
19thシングル「いつかできるから今日できる
シンクロニシティ はるやま商事「2018フレッシャーズフェア」『春イチバンになれ。』篇CMソング[381]
セブン-イレブン『セブン-イレブンフェア 乃木坂46』キャンペーンソング
20thシングル「シンクロニシティ
雲になればいい フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング[382]
空扉 映画『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』主題歌[383] 21stシングル「ジコチューで行こう!
あんなに好きだったのに… 日本テレビ系『第38回全国高等学校クイズ選手権2018』応援ソング[384][385]
帰り道は遠回りしたくなる はるやま商事「アイシャツ」『完全ノーアイロンを疑え』編、「2019 フレッシャーズフェア」『ひっくりかえるほど美脚』編CMソング[386] 22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる
キャラバンは眠らない 日本赤十字社 『はたちの献血』「エール」篇CMソング[387]
もうすぐ〜ザンビ伝説〜 日本テレビ ドラマ『ザンビ』主題歌[388] 4thアルバム『今が思い出になるまで
ありがちな恋愛 日本コカ・コーラファンタ」『ファンタ坂学園 変顔ボトル』編 CMソング[389]

出演編集

書籍編集

写真集編集

雑誌・新聞連載編集

楽譜編集

関連書籍編集

  • 乃木坂と、まなぶ(2014年3月18日、朝日新聞出版[428]
  • 乃木坂46公演「16人のプリンシパル」trois 公式パンフレット(2014年7月28日、楽天[429]
  • 乃木坂46 ジャパンエキスポ出演記念集 La lettres de Paris 〜乃木坂46より、愛をこめて〜(2014年9月29日、楽天)[430]
  • 映画 超能力研究部の3人 公式ブック(2014年12月5日、講談社[431]
  • 乃木坂46物語(2015年12月18日、集英社[432]
  • 別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46(KADOKAWA
    • vol.01(2016年4月2日)[433]
    • vol.02(2016年6月29日)[434]
    • vol.03(2016年10月3日)[435]
    • vol.04(2017年7月3日)[436]
  • anan特別編集 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 公式SPECIALBOOK(2018年7月23日、マガジンハウス)[437]

カレンダー編集

  • 乃木坂46 WEEKLY CALENDAR 2013(2012年11月14日、東京ニュース通信社[438]
  • 乃木坂46 壁掛けカレンダー2014(2013年12月26日、乃木坂46運営委員会) - 特典・生写真3枚[439]
  • 2015年度 乃木坂46オフィシャルカレンダー(2014年10月31日、乃木坂46運営委員会) - 特典・ポスター1枚&ポストカード2枚[440]

トレーディングカード編集

  • 乃木坂46 トレーディングコレクション(2013年8月3日、エンスカイ[441]
  • 乃木坂46 トレーディングコレクション パート2(2014年6月21日、エンスカイ)[442]
  • 乃木坂46 High School CARD(2015年10月、HN STYLE)[443]

ブロマイド編集

  • ドラマ24「初森ベマーズ」公式ブロマイド(2015年8月7日 - 10月31日、セブン-イレブン) - 東京メトロの駅で掲示されたポスターをL判サイズにブロマイド化し、期間限定販売[444]
  • 乃木坂46×My Melody L判ブロマイド(2016年10月1日 - 10月31日、セブン-イレブン) - サンリオのキャラクター「マイメロディ」とのコラボレーション企画のひとつとして、期間限定販売[445]
  • 「乃木坂46 17thシングル インフルエンサー」 限定ブロマイド(2017年3月13日 - 3月26日、メトロラボ) - 東京メトロの駅に掲出されている「2017年3月22日 17thシングル インフルエンサー 発売」のポスターを「東京メトロアプリ」の「メトロラボ」を使って撮影すると、限定ブロマイド購入用のプリント予約番号がもらえる[446]
  • 乃木坂46 3rd アルバム「生まれてから初めて見た夢」限定ブロマイド(2017年5月19日 - 6月19日、セブン-イレブン) - セブンイレブンとのコラボレーション企画のひとつとして、期間限定販売[447]

乃木坂46合同会社編集

乃木坂46合同会社
Nogizaka46 LLC
 
本社が入居するSME六番町ビル
種類 合同会社
本社所在地   日本
102-8353
東京都千代田区六番町4番地5
ソニー・ミュージックエンタテインメント内)
設立 2012年2月14日[448][449]
法人番号 5010003017291
事業内容 乃木坂46のマネージメント、コンサート等の制作、グッズ等の企画
代表者 今野義雄(2018年7月現在)[448]
資本金 300万円[449]
従業員数 21名(2018年7月現在)[448]
関係する人物 乃木坂46の現メンバーほか
特記事項:登記上の代表社員は株式会社ノース・リバー[450]株式会社ソニー・ミュージックレーベルズであり、職務執行者はそれぞれ北川謙二と髙木伸二である[449]
テンプレートを表示

乃木坂46合同会社(のぎざかフォーティーシックスごうどうがいしゃ)は、乃木坂46のマネジメントを行う運営会社であり、乃木坂46メンバーおよび一部の乃木坂46元メンバーの所属事務所でもある合同会社

沿革編集

  • 2012年2月14日、会社設立[448][449]
  • 2015年10月5日、法人番号指定[451]

所属タレント編集

乃木坂46所属メンバー

乃木坂46元メンバー

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2018年2月よりジャニーズ事務所が入居。
  2. ^ 2010年にデフスターレコーズ所属時代の楽曲を収録したミュージック・ビデオ集『逃した魚たち〜シングル・ビデオコレクション〜』が発売されるほどだった[7]
  3. ^ 秋元は構想段階でのグループのコードネームを「シャドー(shadow)」としていた[14]
  4. ^ 乃木坂46運営委員会委員長を務める今野義雄(こんの よしお)は[21]、映画『MAZE』で音楽プロデューサーを務め[22]ソニー・ミュージックレコーズ内の新レーベル「STUDIOSEVEN Recordings」のチーフプロデューサーとして伊藤由奈黒木メイサ[23]YUI主演の映画「Good-bye days」、沢尻エリカ主演のテレビドラマ「タイヨウのうた」の音楽を手掛けた経歴を持つ[24]
  5. ^ 秋元康によれば、「乃木坂46らしさ」とは必ずしも清楚でお嬢様的なものであるとは限らず、それらは1stシングル「ぐるぐるカーテン」などのフレンチ・ポップスが奏でる曲のイメージに随伴して引き起こされた現象にすぎない[13]
  6. ^ 堀越絹衣(ほりこし きぬえ)は1980年代に雑誌『Olive』『an・an』などでスタイリストとして活動し、映画『かもめ食堂』『めがね』、小泉今日子チェッカーズなどのスタイリストも務めた[26]
  7. ^ 橋本奈々未・松村沙友理・秋元真夏・伊藤万理華・伊藤寧々・桜井玲香・高山一実・若月佑美・能條愛未が出演[70]。第12回の最終話のみ生駒里奈が特別出演[70]
  8. ^ なお、千秋楽となる東京公演で追加公演として10月6日に『真夏の全国ツアー2013 FINAL!』(国立代々木競技場第一体育館)を開催する予定が発表された[76]
  9. ^ なお、同ライブで2014年2月22日にデビュー2周年記念ライブ『乃木坂46 2ND YEAR BIRTHDAY LIVE』(横浜アリーナ)を開催する予定が発表された[82]
  10. ^ なお、同ライブで劇場公演第3弾『16人のプリンシパル trois』(赤坂ACTシアター)を開催する予定が発表された[85]
  11. ^ 13日の公演は『乃木坂46 Merry X'mas Show 2014 完全生中継』(BSスカパー!)で生放送[106]。2日間で2万4000人を動員し[107]、『1st→10thシングルカップリング人気投票』の結果が発表された[108]。なお、同ライブで乃木坂46のドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of 乃木坂46』が来年公開する予定[107]、および2015年2月22日に西武ドームで結成3年記念公演を開催する予定[109]、2015年3月25日に乃木坂46の冠番組『乃木坂って、どこ?』のDVDを発売する予定が発表された[108]
  12. ^ 同じ楽曲を両会場で異なる順番で披露するため、披露される楽曲の最終的な顔ぶれは両会場で同じになる。また、両会場で同じ曲を同タイミングでそれぞれ異なるメンバーによってパフォーマンスした場面もあった[186]
  13. ^ 当初は38名と発表
  14. ^ 和田まあや(わだ まあや、1998年4月23日)は広島県出身、O型、160cm[208]。F.Rose・エンターテイメントスタジオ元所属[209]。愛称は、まあや[210]
  15. ^ 佐藤によれば「大園桃子が名付け親」である[215]
  16. ^ 佐藤楓(さとう かえで、1998年3月23日)は愛知県出身、A型、161cm[213]。趣味は絵を描くこと[214]。特技はバドミントン[214]。愛称は、でんちゃん[注 15]
  17. ^ 山本穂乃香(やまもと ほのか、1998年3月31日)は愛知県出身、O型、162cm[216]オフィスニグンニイバ元所属[217]
  18. ^ 吉本彩華(よしもと あやか、1996年8月18日)は熊本県出身、A型、147cm[216]。乃木坂46結成時の暫定センター[218]
  19. ^ 岩瀬佑美子(いわせ ゆみこ、1990年6月12日)は埼玉県出身、A型、153cm[216]。乃木坂46の歴代最年長メンバー[219]。愛称は、ゆみ姉[210]
  20. ^ 安藤美雲(あんどう みくも、1993年5月21日)は神奈川県出身、O型、156cm[220]。愛称は、あんちゃん、あんちゃんマン[210]
  21. ^ 大和里菜(やまと りな、1994年12月14日)は宮城県出身、O型、162cm[216]SPLASHの元メンバー[221]。愛称は、やまとまと[222]、りいちゃん[210]。2014年12月15日専属契約終了[223]
  22. ^ 畠中清羅(はたなか せいら、1995年12月5日)は大分県出身、B型、150cm[216]CHIMOの元メンバー[224]。愛称は、せいたん[210]。乃木坂46卒業生で最初に結婚したメンバー[225]
  23. ^ 川村真洋(かわむら まひろ、1995年7月23日)は大阪府出身、A型、157cm[226]第1回アップフロント関西オーディション合格者[227]。愛称は、ろってぃー、まに[228]
  24. ^ 相楽伊織(さがら いおり、1997年11月26日)は埼玉県出身、O型、164cm[229]。愛称は、いおり[229]。趣味はお笑い鑑賞、読書[229]。特技はバスケットボール[229]
  25. ^ 2018年11月30日をもってグループを卒業。若月佑美の卒業セレモニーが2018年12月4日に日本武道館で行われたため、乃木坂46における最終活動日は「2018年12月4日」となる。
  26. ^ 2018年内をもってグループを卒業[230]。2019年2月21日から24日に開催の『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE』最終日が西野の卒業コンサート[205]。乃木坂46における最終活動日は「2019年2月24日」となる。
  27. ^ 西川七海(にしかわ ななみ、1993年7月3日)は東京都出身、A型、165cm[231]。AKB48第8期の元研究生、2014年3月22日活動辞退[232]。愛称は、ななつん[231]
  28. ^ 米徳京花(よねとく きょうか、1999年4月14日)は神奈川県出身、AB型、163cm[231]。ジュニアオリンピックの元水泳選手[233]。愛称は、きょうちゃん[231]
  29. ^ 通常「暫定選抜」と呼ばれる[234]。辞退した吉本を含むメンバーお披露目の直後に発表された16名を指す[234]
  30. ^ 乃木坂って、どこ?』の第1回目の放送で発表された「暫定七福神」を含む15名を指す[210]
  31. ^ 「明治 手づくりチョコレート カーテン渡し篇」のCM出演に選出された「明治手づくりチョコレート選抜」の16名を指す[235]
  32. ^ 福神とはAKB48の「神7」に対抗して誕生した選抜メンバーの呼称[210]。乃木坂46グループ結成当初は福神メンバーが7名だったことから「七福神」と呼ばれていた[210]
  33. ^ 13thシングル「今、話したい誰かがいる」でグループとして初のWセンターが採用された[248]
  34. ^ a b 23rdシングル発売記念ライブのみ参加予定
  35. ^ このうち白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、松井玲奈、松村沙友理は表紙モデルを務めた[264]。企画としてはダイエット特集である[264]。また、Next美脚選抜として齋藤飛鳥、佐々木琴子、相楽伊織、星野みなみ、堀未央奈の5名も選ばれた[264]
  36. ^ ただし生田絵梨花、松村沙友理の「からあげ姉妹」は12thシングル「太陽ノック」収録の「無表情」を歌っているがユニット名が未記載のためここでは省略。
  37. ^ グループに加入後「研究生」という肩書きを経験したのは、2019年3月現在2期生のみだが、3・4期生についても加入当初は既存メンバーとは区別された扱いであるため、そうした場合もこの表では便宜上研究生として人数を記載。
  38. ^ お披露目は翌22日[10]
  39. ^ 乃木坂46の2期生として相楽伊織を除く[299]、伊藤かりん、伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、西川七海、堀未央奈、矢田里沙子、山崎怜奈、米徳京花、渡辺みり愛がお披露目[300]
  40. ^ 乃木坂46の3期生として伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希がお披露目[152]
  41. ^ a b c d 3期生メンバーとして1、2期生とは区別された扱いであり、厳密には研究生という位置づけはされていない。
  42. ^ 所属事務所からは卒業日は正式発表されておらず、メディア出演の最終活動日の日付。
  43. ^ 20thシングル「シンクロニシティ」の活動から1、2期生の活動に3期生が本格合流。公式サイトの「メンバー紹介」欄は、20thシングルの選抜発表以後1、2期生と3期生の区分がなくなり[320]、20thシングルからは3期生の非選抜メンバーは1、2期生のアンダーメンバーと同様に活動し、アンダーライブにも参加[321]。それとは前後するが2月には、それまでリレー形式でブログを更新していた3期生が、1、2期生同様に個人ブログを開始し[322]、3月にはモバイルメールも開始した[323]
  44. ^ 日刊スポーツは卒業日を「2018年12月4日」としている[327]
  45. ^ 乃木坂46の4期生として遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、矢久保美緒がお披露目[196]。配属日は11月29日[192]
  46. ^ a b c d e 研究生ではないが、便宜上既存の正規メンバーと別扱いするため記載(なお、4期生と同じく坂道合同オーディションで合格したものの各グループへの配属に至らなかったメンバーは「坂道研修生」と称されるが、この表における「研究生」とは関係ない)。
  47. ^ 当時、最終審査は2016年8月21日を予定していたが[146]、のちに2016年9月4日となった[152]
  48. ^ 各誌の特別賞として中村麗乃が『anan』、佐藤楓が『non-no』、山下美月『Zipper』『LARME』『週刊ヤングマガジン』『週刊ビッグコミックスピリッツ』、岩本蓮加が『LOVEberry』、大園桃子が『週刊ヤングジャンプ』『FLASHスペシャル』『月刊エンタメ』『BOMB』『AKB新聞』、久保史緒里が『FRIDAY』『週刊プレイボーイ』『EX大衆』『別冊カドカワ』、与田祐希が『BRODY』『OVERTURE』『B.L.T.』、伊藤理々杏が『UTB』を受賞した[344]
  49. ^ 同じ講談社から2011年・2012年・2014年に発刊された『AKB48 友撮』シリーズ5冊と同様の企画の写真集である。
  50. ^ nogimate(ノギメイト)は、animate(アニメイト)のオマージュ[408]。nogimateの店長は松村沙友理、店員は生駒里奈、井上小百合、川後陽菜、斉藤優里、西野七瀬、深川麻衣、大和里菜、若月佑美[408]
  51. ^ 深川麻衣卒業後は若月佑美が一人で連載。

出典編集

  1. ^ a b 「乃木坂46 私達のこともっと知ってほしい、基本問題集 1年目篇」模範解答”. 乃木坂46 運営スタッフ 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会 (2013年3月6日). 2014年1月27日閲覧。
  2. ^ a b c “AKB48“公式”ライバル乃木坂46、36人決定 毎日が総選挙!”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年8月22日) 2013年4月8日閲覧。
  3. ^ 加藤宏之 (2014年5月30日). “楽天、本日スタートの乃木坂46公演をタッチポイントに”. ASCII.jp (KADOKAWA). https://ascii.jp/elem/000/000/899/899337/ 2014年5月30日閲覧。 
  4. ^ 乃木坂46合同会社の情報”. 国税庁. 2016年10月19日閲覧。
    Sony Music Group Company Site - グループ会社情報”. 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2016年10月19日閲覧。
  5. ^ a b 「【特別編】乃木坂46のクリエイションについて考える SPECIAL INTERVIEW 秋元康」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.02、山下剛一、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年6月29日、168-177頁。ISBN 978-4-04-895646-8
  6. ^ “秋元康プロデュース、AKB48の“公式”ライバル「乃木坂46」とは?”. 週プレNEWS (ライブドアニュース). (2011年6月27日) 2013年4月8日閲覧。
  7. ^ “AKB48、前レーベルPV集ジャケに“逃した魚”姿で登場”. ナタリー (ナターシャ). (2010年5月12日) 2010年5月12日閲覧。
  8. ^ 斉藤貴志 (2014年5月29日). “乃木坂46という美しい世界(2/5)”. Deview. oricon ME. 2016年11月29日閲覧。
  9. ^ “乃木坂46のメンバーに芸能関係者が多数加入! 秋元康のライバル発言の本気度は高い!”. メンズサイゾー (サイゾー). (2011年8月22日) 2013年4月15日閲覧。
  10. ^ a b c “AKB48の公式ライバル、乃木坂46のメンバー決定! 元ももクロ柏らも参加”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2011年8月22日) 2013年4月12日閲覧。
  11. ^ Mariko Yasu (2013年7月4日). “Girl-group fans help push Japan music sales past U.S.”. The Japan Times (The Japan Times) 2015年7月24日閲覧。
  12. ^ 「欅坂46 乃木坂46に続く“坂道シリーズ”の第2弾アイドルグループが誕生」『日経エンタテインメント!』2015年10月号、上原太郎、日経BP社、2015年9月4日、7頁。ASIN B013GWA1X4
  13. ^ a b c d e f g 「スペシャルインタビュー イメージは「おしゃれなリセエンヌ」総合プロデューサーが語るライバルグループの作り方 秋元康」『日経エンタテインメント!』2015年2月号、日経BP社、2015年1月5日、no.282、58-59頁。ASIN B00070MOCU
  14. ^ “「乃木坂46」なりたい人集まれ〜公募開始” 日刊スポーツ 2011年6月29日
  15. ^ 今野義雄 (2016年1月30日). 乃木坂46運営・今野義雄氏が語る、グループの“安定”と“課題” 「2016年は激動の年になる」. インタビュアー:香月孝史. Real Sound.. https://realsound.jp/2016/01/post-5866.html 2016年1月30日閲覧。 
  16. ^ a b 香月孝史 (2015年5月16日). “第1回 乃木坂46はAKB48の「影」なのか Archived 2015年9月12日, at the Wayback Machine.”. 青弓社. 青弓社. 2015年9月16日閲覧。
  17. ^ a b c d 乃木坂46「会いたかったかもしれない」PVに本家メンバー”. ナタリー (ナターシャ). (2012年2月8日) 2012年2月8日閲覧。
  18. ^ “乃木坂46「16人のプリンシパル trois」特集 (1/4)”. ナタリー (ナターシャ). (2014年5月12日) 2014年5月12日閲覧。
  19. ^ a b 「乃木坂46 映像美にずっきゅん カップリングMV&個人PVの秘密に迫る!」『EX大衆』2014年2月号、双葉社、2014年1月15日、月刊版、9頁。ASIN B00HEQRE6G
  20. ^ “AKB48姉妹グループ超え!? 乃木坂46の躍進と人気の理由”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年7月19日) 2014年7月19日閲覧。
  21. ^ “乃木坂センター「秋元先生のお考え」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年4月20日) 2013年4月21日閲覧。
    “乃木坂46白石、センター初抜擢に「自分に自信持ちたい」”. ナタリー (ナターシャ). (2013年4月20日) 2013年4月21日閲覧。
  22. ^ MAZE”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2013年4月23日閲覧。
  23. ^ a b c d e f 「VOICE of KEY PERSON」『OVERTURE』NO.001、徳間書店、2014年10月3日、23-24頁。ISBN 978-4-19-710393-5
  24. ^ “『タイヨウのうた』ヒットストーリー” Archived 2013年4月27日, at the Wayback Machine.. ORICON STYLE (oricon ME). (2006年10月25日) 2013年4月23日閲覧。
  25. ^ 「打倒AKB、やれんのか? 乃木坂の乱! スペシャル 振付師南流石が初激白!! “乃木坂ダンス”誕生秘話」『BUBKA』2013年5月号、白夜書房、2013年3月30日、月刊版、67頁。ASIN B00BTJ8KO4
    PROJECT”. 流石組. SASUGA GUMI (2012年). 2014年1月1日閲覧。
    アイドルの個性を左右する振付師という仕事”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年5月13日) 2014年1月1日閲覧。
  26. ^ a b 「LOVE IDOL!! アイドルと衣装」『装苑』2014年2月号、文化出版局、2013年12月26日。ASIN B00H8X8270
  27. ^ 第7回 乃木坂46が求めた「コンセプト」 Archived 2016年12月12日, at the Wayback Machine. 青弓社
  28. ^ a b 中村拓海 (2015年1月23日). “乃木坂46における「君の名は希望」と「制服のマネキン」の重要性--杉山勝彦の作曲力を読む”. Real Sound. サイゾー. 2015年1月23日閲覧。
  29. ^ 乃木坂46『制服のマネキン』は身分違いの恋を叶える純愛ソング UtaTen 歌詞コラム 2016年5月24日
  30. ^ 乃木坂46、欅坂46、AKB48――アイドルソングに込めた未成年の主張 UtaTen 歌詞コラム 2016年5月17日
  31. ^ テレビ誌が廃刊レベルのミス! 欅坂46特集で9人の顔写真を間違えファン激怒”. アサ芸プラス (徳間書店). (2016年6月23日) 2016年6月23日閲覧。
  32. ^ 欅坂46、乃木坂のヒット曲「制服のマネキン」披露”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2016年1月31日) 2016年6月31日閲覧。
  33. ^ (乃木坂が聞く! 番外編)林修先生、歌詞解説の特別授業”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年7月4日) 2016年7月4日閲覧。
  34. ^ 乃木坂・白石麻衣初センターの6thシングルが7・3発売 (乃木坂46)”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年5月3日) 2013年5月3日閲覧。
  35. ^ 【AKB組閣】“公式ライバル”乃木坂・生駒がAKB兼任に チームB入り”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年2月24日) 2014年2月24日閲覧。
  36. ^ 乃木坂46、丸山健志 「DISC1 (本編) 1:08:45 - 1:09:15」『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』スペシャル・エディション、東宝、2015年11月18日、Blu-ray。TBR-25431D。ASIN B0156IYSIU
  37. ^ ポップス (2015年6月23日). “(2ページ目)乃木坂46、グループ史に残る“転機“とは? 2周年記念ライブ映像から振り返る”. Real Sound. blueprint. 2016年6月23日閲覧。
  38. ^ 香月孝史 (2016年7月26日). “乃木坂46が求めた「コンセプト」 - 乃木坂46論 第7回 (1/2)”. BLOGOS. LINE. 2016年7月26日閲覧。
  39. ^ SKE・松井玲奈&乃木坂・生駒里奈の兼任で波紋……ファンが反対署名を開始”. RBB TODAY (イード). (2014年2月27日) 2014年2月27日閲覧。
  40. ^ 香月孝史 (2015年12月6日). “欅坂46は独自ブランドをどう作る? 2グループ制発表などから読む”. Real Sound. blueprint. 2016年4月6日閲覧。
  41. ^ 宇野常寛、藤川大祐 「サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.47 『サイレントマジョリティー』――ポンコツ少女たちが演じきった硬派な世界観と、秋元康詞の巧みさ」『サイゾー』2016年6月号、サイゾー、2016年5月18日、112-114頁。ASIN B01D53137C
  42. ^ 乃木坂に妹分できる? メンバー募集”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2015年2月22日). 2018年12月22日閲覧。
  43. ^ “「鳥居坂46」改め「欅坂46」誕生、1期生22名が決定”. ナタリー (ナターシャ). (2015年8月21日). https://natalie.mu/music/news/157793 2018年12月22日閲覧。 
  44. ^ 『別冊FLIX』Vol.3、ビジネス社、2015年5月9日、2015年6月号増刊。ASIN B00VFSUC7W
  45. ^ a b c “日本レコード大賞 乃木坂がAKBとの初対決制し女性グループ5年ぶり”. 毎日新聞. スポニチ. (2017年12月31日). オリジナルの2018年1月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180103011809/https://mainichi.jp/articles/20171231/spn/00m/200/004000c 2018年1月2日閲覧。 
  46. ^ 乃木坂46がトップ10に6作、石原さとみや竹内涼真も…写真集ランキングにみるエンタメ界の潮流.ORICON NEWS(2017年12月4日)、2018年1月2日閲覧。
  47. ^ a b c 11万人動員!乃木坂初の東京ドーム公演/写真特集.日刊スポーツ、2017年11月9日
  48. ^ 乃木坂初の東京D公演2日で11万人「もっと上る」.日刊スポーツ(2017年11月9日)2018年1月2日閲覧。
  49. ^ a b c d e f 乃木坂46 レコ大連覇 変革期に史上8組目の快挙.Sponichi Annex (2018年12月31日)2019年1月1日閲覧。
  50. ^ a b c 乃木坂、平成最後のレコ大で連覇!まいやん号泣「本当にうれしい」.sanspo.com(2018年12月31日)2019年1月17日閲覧。
  51. ^ a b 乃木坂 涙のレコ大2連覇 ライバルAKBに並んだ.デイリースポーツ(2018年12月31日)2019年1月1日閲覧。
  52. ^ AKB48公式ライバル委員会 (2011年6月28日). “AKB48公式ライバル「乃木坂46」オーディション”. AKB48公式ライバル「乃木坂46」オーディション. Sony Music. 2011年6月29日閲覧。
    AKB48公式ライバル「乃木坂46」最終オーディション【速報ダイジェスト】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日) 2013年4月13日閲覧。
  53. ^ 乃木坂46初イベント「メンバーお見立て会」で推しメン決定”. ナタリー (ナターシャ). (2011年9月17日) 2011年9月17日閲覧。
  54. ^ 乃木坂46初冠番組「乃木坂って、どこ?」10月スタート”. ナタリー (ナターシャ). (2011年9月13日) 2011年9月13日閲覧。
  55. ^ 乃木坂46、お台場「お見立て会」でメンバーが自己アピール”. ナタリー (ナターシャ). (2011年10月26日) 2011年10月26日閲覧。
  56. ^ a b 『月刊AKB48グループ新聞』2012年2月号、日刊スポーツ新聞社、2012年2月21日。
  57. ^ 乃木坂46、大分市観光特使に【大分のニュース】 Archived 2013年5月11日, at the Wayback Machine.”. 大分合同新聞 (大分合同新聞社). (2012年5月8日) 2013年4月8日閲覧。
  58. ^ a b 乃木坂46新選抜メンバー決定、フォーメーションも一新”. ナタリー (ナターシャ). (2012年6月18日) 2018年11月5日閲覧。
  59. ^ 乃木坂46 FIFA U-20女子ワールドカップテーマソング決定”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2012年8月3日) 2013年4月8日閲覧。
  60. ^ 乃木坂46「16人のプリンシパル」公演、本日から予約開始”. ナタリー (ナターシャ). (2012年8月22日) 2012年8月22日閲覧。
  61. ^ 乃木坂46が学園祭に出演致します!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2012年10月30日). 2013年4月9日閲覧。
    佛教大学・関西大学での学園祭に出演いたしました!”. 乃木坂46 運営スタッフ 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会 (2012年11月8日). 2013年4月9日閲覧。
    第46回 鷹陵祭 公式HP”. 第46回 鷹陵祭実行委員会 情報宣伝局 (2012年). 2013年4月9日閲覧。
  62. ^ 乃木坂46がレースへ! コッツォリーノがWTCC参戦”. オートスポーツweb (オートスポーツ). (2012年11月6日) 2013年4月9日閲覧。
    乃木坂46レーシング発進! BMWがマカオ見参”. オートスポーツ (オートスポーツ). (2012年11月14日) 2013年4月9日閲覧。
    乃木坂46の熱い声援を受け、コッツォリーノ奮闘中”. オートスポーツ (オートスポーツ). (2012年11月17日) 2013年4月9日閲覧。
    コッツォリーノ、スピンも乃木坂46は死守”. F1 EXPRESS トーチュウ (中日新聞社). (2012年11月16日) 2013年4月9日閲覧。
    乃木坂46 with cipher Racing Team MACAU-GP WTCCに参戦!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2012年11月16日). 2013年4月9日閲覧。
    マカオレポート”. 乃木坂46 運営スタッフ 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会 (2012年11月27日). 2013年4月9日閲覧。
    Macau - Free Practice 2 clip - Video Gallery - WTCC - FIA 世界ツーリングカー選手権 - Eurosport”. 国際自動車連盟・世界ツーリングカー選手権 (2012年11月16日). 2013年4月9日閲覧。
  63. ^ a b 『CM NOW』Vol.160、玄光社、2012年12月10日、2013年1月2日号、67頁。ASIN B00A7ZCLGO
  64. ^ 中田花奈 (2012年12月16日). “2駅過ぎたカナ? 334”. 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年12月16日閲覧。
  65. ^ a b 【オリコン年間】乃木坂46、新人セールス1位 AKB関連グループ初 (乃木坂46)”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年12月21日) 2012年12月22日閲覧。
  66. ^ 乃木坂46がTBS系「CDTVスペシャル! 年越しプレミアライブ2012-2013」に出演決定!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2012年12月23日). 2013年1月27日閲覧。
  67. ^ 乃木坂46、ヒャダイン「選挙ガイドブック」で投票呼びかけ”. ナタリー (ナターシャ). (2012年12月14日) 2012年12月16日閲覧。
  68. ^ 乃木坂46『デビュー1周年記念ライブ』が開催決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2013年1月31日). 2013年3月23日閲覧。
    乃木坂46 Birthday Live レポート”. 乃木坂46 運営スタッフ 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会 (2013年2月23日). 2013年3月23日閲覧。
  69. ^ 乃木坂と、まなぶ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年3月12日) 2013年3月19日閲覧。
  70. ^ a b フォトギャラリー #12”. BAD BOYS J. 日本テレビ (2013年6月22日). 2013年6月22日閲覧。
  71. ^ 乃木坂46が文化放送『乃木坂46の「の」』で初のラジオ冠番組決定!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2013年3月21日). 2013年3月23日閲覧。
  72. ^ NHK Rの法則 乃木坂46 女子高校生の疑問&未公開映像でアイドルの素顔が明らかに! Archived 2013年5月3日, at the Wayback Machine.”. Rの法則. 日本放送協会 (2013年4月30日). 2013年5月2日閲覧。
  73. ^ a b c 乃木坂46 2期生、キャプテン桜井からムチャぶりの洗礼”. ナタリー (ナターシャ). (2013年5月13日) 2013年5月13日閲覧。
  74. ^ 桜井玲香 (2013年6月10日). “*2013.06.10*”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年6月10日閲覧。
  75. ^ 木の家建てたい! 乃木坂46が木材PR大使”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年7月2日) 2013年7月2日閲覧。
    maidigitv (2013年7月1日). “白石麻衣ら「乃木坂46」メンバー登場! 「木材利用ポイント」開始イベント”. YouTube. 2013年7月1日閲覧。
  76. ^ 乃木坂46「真夏の全国ツアー」ファイナルはサプライズ連発”. ナタリー (ナターシャ). (2013年8月31日) 2013年8月31日閲覧。
  77. ^ 平成25年度健康増進普及月間について”. 政策について. 厚生労働省 (2013年8月12日). 2013年8月12日閲覧。
  78. ^ 乃木坂46 ドッキドキ! 農水大臣を表敬訪問”. スポニチアネックス’’ (スポーツニッポン新聞社). (2013年10月30日) 2013年10月30日閲覧
  79. ^ 一番のBAD GIRLは? 乃木坂46が劇場版BBJイベントに集結”. ナタリー (ナターシャ). (2013年10月30日) 2013年10月30日閲覧。
  80. ^ 劇場版BBJ乃木坂46スペシャルナイトをYouTube生中継”. ナタリー (ナターシャ). (2013年10月28日) 2013年10月28日閲覧。
  81. ^ a b まゆゆ“公式ライバル”乃木坂46生田とコラボ”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2013年12月17日) 2013年12月17日閲覧。
  82. ^ 乃木坂46、単独初武道館に1万2000人熱狂 来年2・22横アリで2周年ライブ決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年12月20日) 2013年12月20日閲覧。
  83. ^ a b 乃木坂46 : DVD初登場首位で“AKB超え””. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2014年2月12日) 2014年2月12日閲覧。
  84. ^ 乃木坂46研究生、新レギュラー番組でファンと“仮想”交流”. ナタリー (ナターシャ). (2014年2月8日) 2014年2月8日閲覧。
  85. ^ 乃木坂46が2周年ライブ 3回目「プリンシパル」発表 Archived 2014年2月22日, at the Wayback Machine.”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年2月22日) 2014年2月22日閲覧。
    サプライズ連発! 乃木坂46デビュー2周年祝う5時間ライブ”. ナタリー (ナターシャ). (2014年2月23日) 2014年2月23日閲覧。
  86. ^ あなたのケータイに乃木坂46から直接メールが届く! 『乃木坂46Mail』開始” (プレスリリース), ValuePress!, (2014年2月24日) 2014年2月24日閲覧。
  87. ^ a b 【AKB組閣】松井玲奈&生駒里奈が“交換留学生”に”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年2月24日) 2014年2月24日閲覧。
  88. ^ 2014.03.01 #19[別冊]”. AKB48 SHOW!. 日本放送協会 (2014年2月28日). 2014年2月28日閲覧。
  89. ^ 乃木坂46 33色のラブストーリー Archived 2014年3月6日, at the Wayback Machine.”. ドワンゴモバイル (2014年3月3日). 2014年3月3日閲覧。
    何色と恋する? 乃木坂46「33色のラブストーリー」開始”. ナタリー (ナターシャ). (2014年3月3日) 2014年3月3日閲覧。
  90. ^ 「モンスターハンター」10周年を乃木坂46や歌広場淳が祝福! 後藤真希もサプライズ登場!!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年4月22日) 2014年4月22日閲覧。
  91. ^ 乃木坂46「16人のプリンシパル」第3弾、5月末から開催”. ナタリー (ナターシャ). (2014年2月22日) 2014年2月22日閲覧。
  92. ^ 乃木坂46、初海外ライブでパリ熱狂 フランス語で挨拶<セットリスト>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年7月6日) 2014年7月6日閲覧。
  93. ^ 乃木坂46アンダーライブが幕、次期開催も決定”. ナタリー (ナターシャ). (2014年7月29日) 2014年7月29日閲覧。
  94. ^ 乃木坂46ツアー千秋楽に新センター生田光臨”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月31日) 2014年8月31日閲覧。
    乃木坂46、全国ツアー千秋楽で10枚目センター生田絵梨花がステージ復帰”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2014年8月31日) 2014年8月31日閲覧。
  95. ^ 乃木坂46、HTC会見で10thシングルお披露目”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月19日) 2014年8月19日閲覧。
    htcja (2014年8月30日). “HTC J butterfly HTL 23 商品紹介、TVCF,乃木坂46によるデモ”. HTC NIPPON. YouTube. 2014年8月30日閲覧。
  96. ^ 平成26年度健康増進普及月間の実施について”. 報道・広報. 厚生労働省 (2014年6月10日). 2014年6月10日閲覧。
  97. ^ 「乃木坂46」メンバー7人が台湾入り! 2年ぶりファン熱狂、スマホ新機種をPR―台北市”. MSN Japan (Microsoft). (2014年9月3日) 2014年9月3日閲覧。
  98. ^ 乃木坂46、袴姿でファンと“大かるた大会””. ナタリー (ナターシャ). (2014年9月23日) 2014年9月23日閲覧。
  99. ^ アンダーライブ2ndシーズン【スペシャル公演】のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年9月4日). 2014年9月4日閲覧。
  100. ^ 乃木坂46“OL兼任”新内、丸の内カフェで奮闘”. ナタリー (ナターシャ). (2014年10月8日) 2014年10月8日閲覧。
  101. ^ 乃木坂46、ゴルフ初体験でご満悦 橋本奈々未「始めてみたい!」 Archived 2014年10月17日, at the Wayback Machine.”. 楽天WOMAN (楽天). (2014年10月15日) 2014年10月15日閲覧。
  102. ^ 「早稲田祭」に乃木坂、AAA與、久住小春ら”. ナタリー (ナターシャ). (2014年9月29日) 2014年9月29日閲覧。
    乃木坂46が「紅白歌合戦」出場を誓う! 早稲田大学学園祭で14曲を熱唱!!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年11月1日) 2014年11月1日閲覧。
  103. ^ a b 乃木坂46 1stアルバム発売記念「【1st〜10thシングル】カップリング人気投票〜あなたの1票でアルバム収録曲が決まる!〜」”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年11月5日). 2014年11月5日閲覧。
  104. ^ 乃木坂Xマスライブ&初アルバムを発表”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年11月3日) 2014年11月3日閲覧。
  105. ^ 乃木坂46アンダーライブ、有明コロシアムで涙の「セカンド・シーズン」閉幕”. ナタリー (ナターシャ). (2014年12月13日) 2014年12月13日閲覧。
  106. ^ 乃木坂46、Xmas公演初日をBSスカパー! で完全生中継”. ナタリー (ナターシャ). (2014年11月28日) 2014年11月28日閲覧。
  107. ^ a b 乃木坂46、内幕迫る密着映画が来年公開 紅白落選通告シーンも”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年12月14日) 2014年12月14日閲覧。
  108. ^ a b c 乃木坂46、井上小百合20歳を有明で祝福!「乃木どこ」初DVDも”. ナタリー (ナターシャ). (2014年12月14日) 2014年12月14日閲覧。
  109. ^ 乃木坂46来年2月に初のドームコンサート”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年12月13日) 2014年12月13日閲覧。
  110. ^ a b 乃木坂46「来年は紅白に」晴れ着で年賀状投函”. ナタリー (ナターシャ). (2014年12月15日) 2014年12月15日閲覧。
  111. ^ 「アメリカン・エキスプレス 百貨店ギフトカード presents MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE 2014」第3弾出演アーティスト発表!”. 産経ニュース (産経デジタル). (2014年11月4日) 2014年11月4日閲覧。
  112. ^ オートバックス、乃木坂46navi を5000台限定で独占販売…推しメンが道案内”. レスポンス (イード). (2014年12月10日) 2014年12月10日閲覧。
    乃木坂46navi”. AUTOBACS.COM. オートバックスセブン (2014年12月10日). 2014年12月10日閲覧。
  113. ^ 乃木坂46、2014年締めくくりの「大感謝祭」を国際フォーラムで”. ナタリー. ナターシャ (2014年12月14日). 2014年12月12日閲覧。
  114. ^ a b 乃木坂46が待望の初アルバムを1月リリース Xmasライブの開催も決定”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2014年11月3日) 2014年11月3日閲覧。
  115. ^ 「研究生メンバー6名が個人ブログを開設しました!」”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年2月2日). 2015年2月2日閲覧。
  116. ^ a b c 乃木坂46西野七瀬ら感涙 AKB48小嶋陽菜もサプライズ登場 7時間半・全69曲に3万8000人熱狂<3周年ライブ/写真特集>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年2月22日) 2015年2月22日閲覧。
  117. ^ 乃木坂46として初となるハイレゾ音源での配信が2/22からスタート!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年2月17日). 2015年2月17日閲覧。
  118. ^ a b 乃木坂46、昇格や新舞台など続々発表! “新プロジェクト”メンバー募集も”. ナタリー (ナターシャ). (2015年2月22日) 2015年2月22日閲覧。
  119. ^ 登録制度について”. 日本記念日協会. 2018年9月15日閲覧。
  120. ^ AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除?」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年2月26日) 2015年5月16日閲覧。
  121. ^ 「乃木坂46カフェ 2015 〜命は美しい〜」 期間限定オープン!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年2月22日). 2015年7月5日閲覧。
  122. ^ 乃木坂、ももクロ、バズーカー…笑顔満開 首相「桜を見る会」”. 産経ニュース (産経デジタル). (2015年4月18日) 2015年8月14日閲覧。
  123. ^ “「乃木どこ」後枠はメンバーの個性光る「乃木坂工事中」”. ナタリー (ナターシャ). (2015年4月14日). http://natalie.mu/music/news/144128 2015年4月19日閲覧。 
  124. ^ 「甦るあの感動を再び!!約1年4ヶ月振りとなる待望のLIVE DVDが遂に発売決定!!」”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年5月1日). 2015年6月5日閲覧。
  125. ^ 乃木坂46舞台「じょしらく」出演15人決定! 主役は高山、万理華、中元”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月29日) 2015年4月8日閲覧。
    乃木坂46『じょしらく』オーディション詳細レポ 松村沙友理「メンバーはライバルであり仲間」”. リアルサウンド. (2015年3月30日) 2015年4月8日閲覧。
  126. ^ “乃木坂46、新グループは“鳥居坂” 坂道シリーズ第2弾1期生募集開始”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年6月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2055057/full/ 2015年6月28日閲覧。 
  127. ^ 鳥居坂46、いきなり「欅坂46」に改名 初代22人決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年8月21日) 2015年8月21日閲覧。
  128. ^ a b 「日本一のアイドルグループに」乃木坂46、映画初日挨拶で白石の涙も”. ナタリー (ナターシャ). (2015年7月10日) 2015年11月10日閲覧。
  129. ^ 乃木坂46全員でドラマ初主演 ソフトボールチームの“青春”描く”. ORICON STYLE (oricon ME) (2015年5月23日). 2015年5月23日閲覧。
  130. ^ 乃木坂46、握手会で『真夏の全国ツアー』開催発表”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年5月2日) 2015年5月16日閲覧。
  131. ^ “「アイドルの壁をぶち壊したい」乃木坂46熱演の舞台開幕”. ナタリー (ナターシャ). (2015年10月1日). http://natalie.mu/music/news/161644 2015年10月1日閲覧。 
  132. ^ a b c “乃木坂46「メガネ選抜」6人が初紅白出場へ意欲”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年10月6日) 2015年10月6日閲覧。
  133. ^ a b 乃木坂46、デビュー記念ライブ開催延期 「2016年問題」余波”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年12月21日) 2015年12月23日閲覧。
  134. ^ 【オリコン年間】三代目JSB、乃木坂46、μ'sが躍進 年間ATS自己最高 Archived 2015年12月23日, at Archive.is”. 山陽新聞デジタル (山陽新聞社). (2015年12月23日) 2015年12月23日閲覧。
  135. ^ 乃木坂46、ファン投票1・2位の新作MV公開 創作バレエで星座を表現”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年12月17日) 2015年12月17日閲覧。
  136. ^ ことしの紅白歌合戦 曲目を発表 Archived 2015年12月24日, at the Wayback Machine.”. NHKニュース. 日本放送協会 (2015年12月21日). 2015年12月21日閲覧。
  137. ^ “乃木坂46、デビュー4周年記念“46時間”連続配信 6サイト同時放送”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2067003/full/ 2016年2月17日閲覧。 
  138. ^ 乃木坂46「太陽ノック」が「第30回日本ゴールドディスク大賞」ベスト5シングルを受賞”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年2月27日). 2016年2月28日閲覧。
    第30回日本ゴールドディスク大賞ベスト5シングル”. THE JAPAN GOLD DISC AWARD2016. 一般社団法人日本レコード協会 (2016年2月27日). 2016年2月28日閲覧。
  139. ^ NHK総合「震災から5年"明日へ"コンサート」に出演決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年2月8日). 2016年2月15日閲覧。
  140. ^ オリコン週間 BOOK総合ランキング 2016年04月04日〜2016年04月10日”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年4月). 2016年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月18日閲覧。
  141. ^ “4/18付週間本ランキングBOOK総合2位は『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年4月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2070101/full/ 2016年4月15日閲覧。 
  142. ^ 乃木坂46待望の2ndアルバム、2016年5月25日リリース決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年4月11日). 2016年4月14日閲覧。
  143. ^ かまたあつし (2016年5月4日). “神配信「乃木坂46時間TV」再び! 不眠不休の3日間に備えよ”. KAI-YOU.net. 2016年5月4日閲覧。
  144. ^ 乃木坂46 『真夏の全国ツアー2016』及び『4TH YEAR BIRTHDAY LIVE』開催決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年3月25日). 2016年4月14日閲覧。
  145. ^ “【オリコン上半期】乃木坂46躍進 BIGBANG、JUMP、E-girls、V6が初TOP10”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2073930/full/ 2016年6月24日閲覧。 
  146. ^ a b c d e f g h 乃木坂46 第3期メンバー募集”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年7月4日). 2016年7月4日閲覧。
  147. ^ オリコン週間 BOOK総合ランキング 2016年06月27日〜2016年07月03日”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年7月). 2016年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月8日閲覧。
  148. ^ “7/11週間本ランキングBOOK総合1位に『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 vol.02』”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年7月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2074700/full/ 2016年7月8日閲覧。 
  149. ^ “乃木坂46がグアムで水着姿&ビーチファッション! 白石麻衣、生駒里奈、生田絵梨花らがお気に入りカット&撮影エピソードを披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年8月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1603577 2016年8月5日閲覧。 
  150. ^ オリコン週間 BOOK総合ランキング 2016年08月01日〜2016年08月07日”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年8月). 2016年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月11日閲覧。
    オリコン週間 写真集ランキング 2016年08月01日〜2016年08月07日”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年8月). 2016年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月11日閲覧。
  151. ^ “乃木坂46、2nd写真集がグループ初の総合首位 グアムで水着姿も披露”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年8月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2076605/full/ 2016年8月11日閲覧。 
  152. ^ a b c d e f “乃木坂46、3年ぶり3期生メンバーに12名が加入 総勢47名に”. Musicman-NET (F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.). (2016年9月5日). https://www.musicman-net.com/artist/60525.html 2016年9月5日閲覧。 
  153. ^ オリコン週間 BOOK総合ランキング 2016年10月03日〜2016年10月09日”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年10月). 2016年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  154. ^ “乃木坂46総力特集『別冊カドカワ』第3弾、シリーズ最高週間売上で1位”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年10月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2079838/full/ 2016年10月13日閲覧。 
  155. ^ 第4回 国際宝飾展 秋 会場案内図 (PDF)”. 第4回 秋のIJT(国際宝飾展【秋】). リードエグジビションジャパン (2016年). 2016年10月30日閲覧。
  156. ^ a b c “乃木坂46松村沙友理、代表スピーチで笑顔全開 ジュエリー贈呈に「本当に感激」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月27日). https://mdpr.jp/news/detail/1628632 2016年10月27日閲覧。 
  157. ^ 【11月26日(土)10時より一般発売スタート!】乃木坂46 Merry Xmas Show 2016~選抜単独公演~&~アンダー単独公演~&3期生「お見立て会」”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年11月25日). 2017年1月3日閲覧。
  158. ^ ゴールドディスク認定”. RIAJ. 2016年12月10日閲覧。
  159. ^ “乃木坂初ミリオン 橋本奈々未初センター曲で快挙”. 日刊スポーツ. (2016年11月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/nogizaka46/news/1735991.html 2016年11月10日閲覧。 
  160. ^ “【2016年 年間音楽&映像ランキング】嵐が前人未到の記録達成! AKB48がシングル年間V7!!”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月25日). http://www.oricon.co.jp/special/49664/6/ 2017年1月3日閲覧。 
  161. ^ “紅白歌合戦出場歌手”. スポーツ報知 (報知新聞社). http://www.hochi.co.jp/entertainment/data/kouhaku/ 2017年1月3日閲覧。 
  162. ^ a b c d 「乃木坂46 SHIBUYA109福神 produced by TGC」SHIBUYA109 2017年冬のバーゲンでのコラボレーション決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年12月29日). 2017年1月1日閲覧。
    今年の109のバーゲンイメージモデルは「乃木坂46SHIBUYA109福神」!”. SHIBUYA109特設サイト. 株式会社 東急モールズデベロップメント (2016年12月29日). 2017年1月1日閲覧。
  163. ^ 乃木坂46 3期生初公演「3人のプリンシパル」モバイル先行受付スタート!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年12月10日). 2017年1月1日閲覧。
  164. ^ 乃木坂46「5th BIRTHDAY LIVE」開催決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年12月6日). 2017年1月1日閲覧。
  165. ^ a b “乃木坂46が薙刀に挑戦 映画&舞台『あさひなぐ』主演は西野七瀬/齋藤飛鳥”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2086375/full/ 2017年2月22日閲覧。 
  166. ^ 乃木坂46待望の3rdアルバム、2017年5月24日リリース決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年4月1日). 2017年4月1日閲覧。
  167. ^ “カラフルでおしゃれ!乃木坂46がタイで女子旅、インスタ開設も”. ナタリー (ナターシャ). (2017年6月19日). http://natalie.mu/music/news/237343 2017年6月24日閲覧。 
  168. ^ ずぶ濡れ乃木坂46の熱演切り取った神宮ライブBD/DVDジャケット”. ナターシャ (2017年6月5日). 2017年7月5日閲覧。
  169. ^ a b “乃木坂46、初の東京ドームワンマン決定「やっと来たね」”. ナタリー (ナターシャ). (2017年7月2日). http://natalie.mu/music/news/239164 2017年7月2日閲覧。 
  170. ^ a b 秋だし、文庫読もっ。乃木坂文庫”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2019年1月12日閲覧。
  171. ^ 「真夏の全国ツアー2017 Final 東京ドーム公演」開催決定のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年7月3日). 2017年7月4日閲覧。
  172. ^ 乃木坂46公式音ゲーアプリ「乃木坂46リズムフェスティバル」が配信決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年11月14日). 2017年11月14日閲覧。
  173. ^ 乃木坂46初のアジア進出!11月にシンガポールでイベント出演が決定!海外向けにFacebook、Weiboアカウントも開設”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年10月11日). 2017年10月13日閲覧。
  174. ^ “『レコ大』乃木坂46が初の大賞 キャプテン桜井「関わってくれたすべて方のおかげ」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年12月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2103390/full/ 2017年12月30日閲覧。 
  175. ^ “「紅白」初出場はSHISHAMO、リトグリ、エレカシ、JUMP、大知、WANIMAら10組”. ナタリー (ナターシャ). (2017年11月16日). http://natalie.mu/music/news/256968 2017年11月16日閲覧。 
  176. ^ 【発売決定!!】乃木坂46初となるアンダーアルバム!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年10月18日). 2017年10月19日閲覧。
  177. ^ 【出演決定!】C3AFA HONG KONG 2018 presents I LOVE ANISONG HONG KONG 2018”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年12月15日). 2017年12月16日閲覧。
  178. ^ 3期生個人ブログがスタート!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年2月22日). 2018年2月23日閲覧。
  179. ^ 「乃木坂46時間TV」番組内容第3弾が発表!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年3月21日). 2018年4月23日閲覧。
  180. ^ “乃木坂46橋本奈々未の卒業ライブ、1年を経て映像化”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年3月1日). https://natalie.mu/music/news/271796 2018年3月1日閲覧。 
  181. ^ a b “生駒里奈ライブビューイングが史上最速50分で完売”. 日刊スポーツ. (2018年4月23日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201804230000094_m.html?mode=all 2018年4月23日閲覧。 
  182. ^ “乃木坂46×欅坂46×けやき坂46“坂道合同”新メンバー募集開始”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2112680/full/ 2018年9月24日閲覧。 
  183. ^ “【オリコン上半期】乃木坂46、7年目で初の総売上1位「感謝しかありません」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2114231/full/ 2018年7月23日閲覧。 
  184. ^ 『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018』開催決定!チケット先行は5月27日より!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2018年5月12日). 2018年5月12日閲覧。
  185. ^ 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 モバイル会員先行受付スタート!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年5月28日). 2018年7月9日閲覧。
  186. ^ <ダブルアンコールあり/最終日セットリスト>乃木坂46、史上初の2会場同時ライブ<6周年バースデーライブ>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年7月8日) 2018年7月9日閲覧。
  187. ^ “乃木坂史上初!2会場同時ライブ 神宮と秩父宮、自転車で移動6万人魅了!”. デイリースポーツ (デイリースポーツ). (2018年7月9日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/09/0011427978.shtml 2018年7月9日閲覧。 
  188. ^ a b “乃木坂46、史上初となる同一アーティストによる2会場同時開催となったレポート到着”. billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). (2018年7月9日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/65289/2 2018年7月9日閲覧。 
  189. ^ 【遂に発売決定!!】乃木坂46「真夏の全国ツアー2017 FINAL!IN TOKYO DOME」!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2018年6月5日). 2019年1月8日閲覧。
  190. ^ a b “坂道合同オーディション38人合格 倍率3400倍”. 日刊スポーツ. (2018年8月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808190000694.html 2018年9月24日閲覧。 
  191. ^ “乃木坂×欅坂×けやき坂“坂道3姉妹”が舞台で初競演へ 出演者第1弾発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2119422/full/ 2018年9月13日閲覧。 
  192. ^ a b “坂道合同オーディション合格者の配属先決定、12月には武道館でお見立て会”. ナタリー (ナターシャ). (2018年11月29日). https://natalie.mu/music/news/309972 2018年11月29日閲覧。 
  193. ^ NOGIZAKA46 LIVE in Shanghai 2018 開催決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2018年9月9日). 2018年9月9日閲覧。
  194. ^ “初めまして上海! 乃木坂46が初の海外単独公演で1万人魅了、ファンのサプライズに涙も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年12月3日). https://natalie.mu/music/news/310470 2018年12月3日閲覧。 
  195. ^ “乃木坂46の4期生11人、日本武道館で初パフォーマンス”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年12月4日). https://natalie.mu/music/news/310599 2018年12月4日閲覧。 
  196. ^ a b c 渡辺彰浩 (2018年12月4日). “乃木坂46 4期生はグループに新風を起こす? 『お見立て会』で早くも発揮された個性”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2018/12/post-287609.html 2018年12月4日閲覧。 
  197. ^ “【オリコン年間】乃木坂46が躍進 安室奈美恵に次ぐ100億円超えで年間売上2位”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年12月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2125859/full/ 2019年1月12日閲覧。 
  198. ^ “乃木坂46が「中国で最も人気のアイドルグループ」に”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年12月22日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181222-OHT1T50084.html 2018年12月22日閲覧。 
  199. ^ “【紅白】出場歌手決定 DA PUMP16年ぶり キンプリら初出場 BTSは出場ならず”. オリコン (oricon ME). (2018年11月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2123297/full/ 2018年11月26日閲覧。 
  200. ^ “「第69回NHK紅白歌合戦」曲目発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月21日). https://mdpr.jp/music/detail/1811744 2018年12月21日閲覧。 
  201. ^ 「ソニーミュージック六本木ミュージアム」が2019年1月にオープン! 企画展第一弾は「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」に決定!”. ソニー・ミュージックエンタテインメント公式サイト. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2018年11月28日). 2019年1月8日閲覧。
  202. ^ “乃木坂46 秋元真夏、『ザンビ』撮影中は大園桃子の“なまり”に困惑?「だいたい合ってないんです」”. RealSound (blueprint). (2019年1月13日). https://realsound.jp/2019/01/post-305337_1.html 2019年1月17日閲覧。 
  203. ^ 「NOGIZAKA46 Live in Taipei 2019」開催決定のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2018年11月18日). 2018年11月18日閲覧。
  204. ^ 東方報業集團有限公司 (2018年11月20日). “進軍大中華 乃木坂46明年台北小巨蛋開騷” (中国語繁体字). on.cc東網. https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20181120/bkn-20181120142140813-1120_00862_001.html 2018年11月23日閲覧。 
  205. ^ a b “西野七瀬が地元で卒業ライブ 来年2月京セラD大阪”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年11月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811220000870.html 2018年11月23日閲覧。 
  206. ^ “乃木坂46新アルバムのタイトル決定、初回盤に卒業生ライブ特選集付属”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年3月19日). https://natalie.mu/music/news/324540 2019年3月19日閲覧。 
  207. ^ 乃木坂46、毎年恒例「真夏の全国ツアー」今年も開催”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年2月23日). 2019年2月23日閲覧。
  208. ^ 和田 まあや”. メンバー紹介. 乃木坂46LLC. 2018年8月4日閲覧。
  209. ^ F.Rose(エフローズ)・エンターテイメントスタジオ 【活躍シーン】”. エフ・ローズエンターテイメントスタジオ (2011年9月30日). 2013年3月23日閲覧。
  210. ^ a b c d e f g h 「Book in Book 乃木坂46 全員集合名鑑」『AKB48×プレイボーイ2011』 集英社、2011年10月24日、131-137頁。ASIN B005VLKGQ6
  211. ^ a b c d 筒井優太、林将勝 「別冊Book in Book 3期生名鑑「誌上お見立て会」開催!」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』 西中賢治、集英社、2016年11月24日、1-5頁。ASIN B01M67T85Q
  212. ^ 岩本 蓮加”. メンバー紹介. 乃木坂46LLC. 2018年8月4日閲覧。
  213. ^ 佐藤 楓”. メンバー紹介. 乃木坂46LLC. 2018年8月4日閲覧。
  214. ^ a b 「Nogizaka news 01 3期生メンバーが加入してますますパワーアップ!」『non-no』2017年4月号、集英社、2017年2月20日、160頁。ASIN B01N188QL6
  215. ^ 佐藤楓 (2016年12月25日). “初めまして!&Merry X'mas! 佐藤楓”. 乃木坂46 3期生 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2016年12月26日閲覧。
  216. ^ a b c d e 「乃木坂46」最終オーディション取材レポート(3)【合格者一覧(後半)〜会見】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月28日) 2016年10月1日閲覧。
  217. ^ オフィス ニグンニイバ 芸能タレント事務所”. オフィス ニグンニイバ 芸能タレント事務所. 有限会社オフィスニグンニイバ (2010年8月10日). 2011年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月22日閲覧。
  218. ^ 乃木坂46 ニュース 「AKB48公式ライバル 乃木坂46スタメン発表、暫定センターは15歳」”. hotexpress (プランテック). (2011年8月23日) 2011年8月31日閲覧。
  219. ^ 「乃木坂46学園入学案内!-顔と名前を覚えてねカタログ」『週刊プレイボーイ』2011年10月10日号、集英社、2011年9月26日、NO.41、142頁。ASIN B007ZR9GUG
  220. ^ 「乃木坂46」最終オーディション取材レポート(2)【合格者一覧(前半)】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日) 2016年10月1日閲覧。
  221. ^ RINA (2010年4月7日). “MAKE A SPLASH RINA”. MAKE A SPLASH. 2013年4月11日閲覧。
  222. ^ 「乃木坂46 1期生 32人全員集合パーフェクト名鑑」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、no.27、54-55頁。ASIN B00DDUZR98
  223. ^ “乃木坂・大和 ブログで謝罪&別れ”. ディリーonline (ディリースポーツ). (2014年12月16日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/12/16/0007589244.shtml 2018年7月9日閲覧。 
  224. ^ セイラ (2011年8月23日). “ブログテーマ セイラ”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2013年4月11日閲覧。
  225. ^ 元乃木坂・畠中清羅 結婚報告後初のブログ更新「充実した毎日を過ごせてます」
  226. ^ 川村 真洋”. メンバー紹介. 乃木坂46LLC. 2017年7月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月29日閲覧。
  227. ^ 川村真洋:ON AIR|The Break〜アメリカ村アイドル”. アメリカ村TV. Kiss FM KOBE. 2015年3月18日閲覧。
  228. ^ 特別付録 乃木坂46 アンダーメンバー 私立乃木坂アンダー学園 出席名簿」『週刊ヤングジャンプ』2015年4月23日号、集英社、2015年4月9日、NO.19、3-5頁。ASIN B009CND5S0
  229. ^ a b c d 「堀未央奈解説付き! 乃木坂46 2期生 2016 ブレイク予報」『FLASHスペシャル グラビアBEST』2016年新春号、光文社、2015年12月25日、FLASH増刊、71-82頁。ASIN B0198OSLRW
  230. ^ 西野七瀬卒業を発表”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC. 2018年9月20日閲覧。
  231. ^ a b c d 「乃木坂46 2期生 はじめましてのパーフェクト名鑑」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、no.27、56-57頁。ASIN B00DDUZR98
  232. ^ 乃木坂46西川七海が脱退 元AKB8期研究生の経歴も”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年3月16日) 2014年3月16日閲覧。
  233. ^ 「真夏のアイドル事変」『ENTAME』2013年8月号、大貫真之介、徳間書店、2013年6月29日、月刊版、64-65頁。ASIN B00DELFOA8
  234. ^ a b c “AKB48公式ライバル「乃木坂46」最終オーディション【速報ダイジェスト】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). 2013年4月13日閲覧。
  235. ^ a b “乃木坂46、初CMで手作りバレンタインを応援”. ナタリー (ナターシャ). (2012年1月12日). 2013年4月28日閲覧。
  236. ^ 初披露! 乃木坂46デビュー曲タイトルは「ぐるぐるカーテン」”. 東京ウォーカー (KADOKAWA). (2012年1月12日) 2014年10月29日閲覧。
  237. ^ “乃木坂46、2本目のレギュラー番組「乃木坂浪漫」スタート”. ナタリー (ナターシャ). (2012年3月28日). http://natalie.mu/music/news/66850 2012年3月28日閲覧。 
  238. ^ 乃木坂46新選抜メンバー決定、フォーメーションも一新”. ナタリー (ナターシャ). (2012年6月18日) 2015年6月18日閲覧。
  239. ^ 乃木坂46新選抜に34人目のメンバー、新たに八福神も”. ナタリー (ナターシャ). (2012年10月8日) 2012年11月22日閲覧。
  240. ^ 乃木坂46、5thシングル選抜メンバー16名が明らかに”. ナタリー (ナターシャ). (2013年1月7日) 2015年7月7日閲覧。
  241. ^ “乃木坂46新曲選抜メンバー発表、新センターに白石麻衣”. ナタリー (ナターシャ). (2013年4月20日). 2013年4月21日閲覧。
  242. ^ a b “乃木坂46新選抜メンバー発表、センターは2期生・堀未央奈”. ナタリー (ナターシャ). (2013年10月6日) 2013年10月6日閲覧。
  243. ^ “乃木坂46新センターは西野七瀬” Archived 2014年1月31日, at the Wayback Machine.. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年1月27日) 2014年1月27日閲覧。
  244. ^ 乃木坂46 9thシングル選抜メンバー(立ち位置順)”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年5月12日) 2015年7月12日閲覧。
  245. ^ 乃木坂46生田絵梨花、次作で初センター就任”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月4日) 2014年8月30日閲覧。
  246. ^ 乃木坂46新曲で西野七瀬センター復帰、選抜は最多18人”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月19日) 2015年2月1日閲覧。
  247. ^ 乃木坂46生駒里奈が7作ぶりセンターに、12thシングル選抜発表”. ナタリー (ナターシャ). (2015年5月11日) 2015年9月1日閲覧。
  248. ^ “乃木坂46西野七瀬&白石麻衣Wセンター新曲初披露…初の試みではメンバー涙! 笑顔も溢れる<セットリスト/写真特集>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年8月31日) 2015年8月31日閲覧。
  249. ^ 乃木坂46新シングル、卒業の深川麻衣が最初で最後のセンター”. ナタリー (ナターシャ). (2016年2月1日) 2016年2月22日閲覧。
  250. ^ 乃木坂46新センターは齋藤飛鳥! 涙、涙…選抜メンバー16人発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年6月6日) 2016年6月6日閲覧。
  251. ^ 乃木坂46、新曲センターは橋本奈々未! 過去最多19人の選抜メンバー発表<コメント>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月17日) 2016年10月17日閲覧。
  252. ^ 乃木坂46、新曲はWセンター! 過去最大21人の選抜メンバー発表<コメント>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年1月30日) 2017年1月31日閲覧。
  253. ^ “乃木坂46新曲は3期生がWセンター 大園桃子&与田祐希、初選抜で抜てきに涙”. ORICON STYLE (oricon ME). (2017年7月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2093853//full/ 2017年7月10日閲覧。 
  254. ^ “乃木坂46 19thシングル選抜 齋藤飛鳥&西野七瀬のWセンターに”. DWAGO.JP NEWS (ドワンゴ). (2017年9月4日). https://news.dwango.jp/2017/09/04/147600/idol/ 2017年9月4日閲覧。 
  255. ^ 乃木坂46、新曲センターは?選抜メンバー発表<20thシングル「シンクロニシティ」>”. ネットネイティブ (2018年3月12日). 2018年3月12日閲覧。
  256. ^ 乃木坂46、齋藤飛鳥センターの21stシングル表題曲は「ジコチューで行こう!」 『ザンビプロジェクト』も始動”. リアルサウンド音楽部 (2018年7月8日). 2018年7月9日閲覧。
  257. ^ “乃木坂46、新曲センターは?選抜メンバー発表 2人が初選抜<22ndシングル>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年10月1日). https://mdpr.jp/music/detail/1795886 2018年10月8日閲覧。 
  258. ^ “乃木坂46、新曲センターは?選抜メンバー発表 2人が初選抜<23rdシングル>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年4月15日). https://mdpr.jp/music/detail/1833341 2019年4月15日閲覧。 
  259. ^ a b 乃木坂46 23rdシングル「Sing Out!」発売記念ライブ モバイル会員先行受付スタート!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2019年4月21日). 2019年4月21日閲覧。
  260. ^ “乃木坂46・山下美月、23rdシングルの活動見送り ドラマ撮影と両立困難、体調面など考慮”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2018年4月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2133565/full/ 2018年4月15日閲覧。 
  261. ^ a b ワイヤーアクション (2011年11月). “テレビ東京|乃木坂って、どこ?|2011/11/28(月)00:00放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年10月1日閲覧。
  262. ^ a b 乃木坂メンバーの合否は…? 語彙・読解力検定の結果発表”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年7月30日). 2013年7月30日閲覧。
  263. ^ a b “乃木坂46、モンハン展で“こんがり肉”実食”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月1日) 2015年8月10日閲覧。
  264. ^ a b c d an・an』2015年5月27日号、表紙・14-15頁・47-62頁。ASIN B00WKR13DO
  265. ^ 歴史ある賞表彰式で白石麻衣を“まいしゃん”!「超恥ずかしくて」”. News Lounge (モバイルメディアプロダクション). (2015年10月7日) 2015年10月7日閲覧。
  266. ^ a b 乃木坂46・高山一実、齋藤飛鳥、中元日芽香が「東京国際ブックフェア」トークショーに出演決定!!”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2016年8月18日) 2016年8月18日閲覧。
  267. ^ 西廣智一 (2015年5月25日). “乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.21”. 楽天エンタメナビ. 楽天. 2015年8月10日閲覧。
  268. ^ a b “乃木團”新メンバーに和田まあや! 乃木坂46、雨の神宮球場で熱唱”. Tokyo Girls’ Scheduler. Tokyo Girls’ Update. (2016年8月30日) 2016年11月23日閲覧。
  269. ^ 乃木坂46【7th YEAR BIRTHDAY LIVE】DAY2、生田絵梨花が登場&新ALリリースをサプライズ発表 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2019年3月5日閲覧。
  270. ^ a b 乃木坂46 久保史緒里、中元日芽香から受けとったバトン 先輩メンバーとしての成長を紐解く” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2019年3月5日閲覧。
  271. ^ まゆゆ今度はにらめっこ会&まゆ坂46メイキング映像公開”. ナタリー (ナターシャ). (2012年7月19日) 2015年8月10日閲覧。
  272. ^ “衝撃事件!?大人の渡辺麻友「ツインテールはもうしない」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/07/24/kiji/K20120724003743160.html 2018年3月4日閲覧。 
  273. ^ 渡辺麻友 「ツインテールはもうしない」『大人ジェリービーンズ』初回生産限定盤B、Sony Music Records、2012年7月25日。ASIN B0085DWGI8
  274. ^ こじはる、乃木坂ファンいじる「最近見てない人見つけた」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年10月16日) 2015年8月10日閲覧。
  275. ^ 【AKBじゃんけん大会】生駒ぼう然…AKB小嶋が“こじ坂46”結成!?”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年9月17日) 2014年10月29日閲覧。
  276. ^ AKBこじはる、“敵地”乃木坂公演で新曲披露 「こじ坂46」始動”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年10月15日) 2014年10月29日閲覧。
  277. ^ こじ坂46 小嶋陽菜のゴリ押しで本当に結成”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2014年10月15日) 2015年8月10日閲覧。
  278. ^ マー君「鳥肌立ちました」AKB紅白終了後さしこ、ゆきりんとツイッターで交流 Archived 2015年9月24日, at the Wayback Machine.”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年12月17日) 2015年8月10日閲覧。
  279. ^ a b 指原、乃木坂と“さし坂46”結成”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年12月16日) 2014年12月17日閲覧。
  280. ^ a b c 真紀和泉 (2016年2月22日). “【エンタがビタミン♪】こじはるセンター曲 乃木坂AKB『混ざり合うもの』MVが意味深”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2016年2月22日閲覧。
  281. ^ a b 乃木坂46:「ギガ200」結成 子犬の“ギガ”衣装でデビュー曲披露”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年3月22日) 2016年3月22日閲覧。
  282. ^ a b c 乃木坂46松村・秋元らSPユニットがアニメ映画主題歌 声優初挑戦も”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月23日) 2016年11月23日閲覧。
  283. ^ AKB×乃木坂×欅坂が驚きの合体「坂道AKB」3月発売カップリングに”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年2月5日) 2017年2月20日閲覧。
  284. ^ “乃木坂46・欅坂46・AKB48がコラボ「坂道AKB」結成 小嶋陽菜卒業シングルで”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月4日). https://mdpr.jp/music/detail/1660956 2017年2月20日閲覧。 
  285. ^ 『Mステ』3時間SPに坂道AKB初登場へ CHEMISTRY再始動後初のTV出演も”. ORICON STYLE (oricon ME). (2017年3月17日) 2017年4月6日閲覧。
  286. ^ a b c d e f g AKB48新曲アートワーク公開 坂道AKB第2弾&カップリング選抜も発表 ORICON NEWS(2018年2月28日)2018年5月21日閲覧。
  287. ^ a b AKB48『AKB48 55thシングル収録内容一部決定のお知らせ』” (日本語). AKB48 Official Blog 〜1830mから~ Powered by Ameba. 2019年2月4日閲覧。
  288. ^ Inc, Natasha. “AKB48指原莉乃ラストシングル「ジワるDAYS」MVに歴代衣装“3450着”(動画あり / コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年2月26日閲覧。
  289. ^ a b c d e ““坂道AKB”誕生センターは欅坂・平手友梨奈 48&46グループ美少女選抜ユニット”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2086625/full/ 2017年2月28日閲覧。 
  290. ^ a b c d “指原センター55枚目シングルは「ジワるDAYS」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年2月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201902120000333.html 2019年2月12日閲覧。 
  291. ^ a b c d e f “IZ*ONEチャン・ウォニョン&宮脇咲良がセンター AKB48・乃木坂46・欅坂46とのコラボユニットでオリジナル楽曲披露<IZ4846メンバー24人/FNS歌謡祭>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月12日). https://mdpr.jp/music/detail/1810018 2018年12月12日閲覧。 
  292. ^ 北野・寺田・中田・中元・堀のユニット「サンクエトワール」のキャッチフレーズが決定!”. 乃木坂46 運営スタッフ 公式ブログ. 乃木坂46LLC (2015年11月30日). 2015年12月1日閲覧。
  293. ^ “乃木坂46西野七瀬&伊藤かりんは「ぶっちゃけ2人で話すの?」 プライベート・撮影エピソードを続々披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年5月28日). https://mdpr.jp/news/detail/1689824 2017年5月30日閲覧。 
  294. ^ “乃木坂46が付き合いたいメンバーを大告白! 高山一実と能條愛未が彼女にしたいのはあのメンバー”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2017年5月29日). https://music-book.jp/music/news/news/144372 2017年6月19日閲覧。 
  295. ^ 若月佑美 (2017年8月16日). “START いざ、出陣??”. 乃木坂46 若月佑美 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年9月13日閲覧。
  296. ^ 若月佑美 (2017年8月22日). “Rewindあの夏”. 乃木坂46 若月佑美 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年9月13日閲覧。
  297. ^ 生田絵梨花 (2018年4月25日). “トニー賞〜♪533”. 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2018年4月28日閲覧。
  298. ^ “乃木坂46岩瀬佑美子が卒業発表 夢は「バンドをつくること」(乃木坂46)”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年10月20日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2017954/full/ 2013年4月20日閲覧。 
    “乃木坂46岩瀬佑美子、横浜握手会でファンに卒業報告”. ナタリー (ナターシャ). (2012年10月27日). http://natalie.mu/music/news/78996 2013年4月20日閲覧。 
  299. ^ a b 【お知らせ】相楽伊織 加入に関して”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年6月14日). 2014年6月15日閲覧。
  300. ^ 2期生お披露目に関して”. 乃木坂46 運営スタッフ 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会 (2013年5月10日). 2013年5月10日閲覧。
    “乃木坂46 2期生、キャプテン桜井からムチャぶりの洗礼”. ナタリー (ナターシャ). (2013年5月13日). http://natalie.mu/music/news/90471 2013年5月13日閲覧。 
  301. ^ “乃木坂46安藤美雲、学業専念で6月にグループ卒業”. ナタリー (ナターシャ). (2013年4月28日). http://natalie.mu/music/news/89676 2013年4月28日閲覧。 
  302. ^ “乃木坂46柏幸奈&宮澤成良、イベントでファンに卒業の挨拶”. ナタリー (ナターシャ). (2014年11月17日). http://www.nogizaka46.com/news/2013/11/post-198.php 2014年11月17日閲覧。 
  303. ^ “乃木坂46新選抜メンバー発表、西野七瀬が初センターに”. ナタリー (ナターシャ). (2014年1月27日). http://natalie.mu/music/news/108541 2014年1月27日閲覧。 
  304. ^ 新内眞衣、正規メンバー昇格のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2014年3月2日). 2014年3月2日閲覧。
  305. ^ 研究生:西川七海、活動辞退のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2014年3月15日). 2014年3月15日閲覧。
  306. ^ 市來玲奈 卒業のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年6月26日). 2014年6月26日閲覧。
  307. ^ 伊藤かりん、正規メンバー昇格のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年8月4日). 2014年8月4日閲覧。
  308. ^ 研究生 矢田里沙子、米徳京花活動辞退のお知らせ”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年9月12日). 2014年9月12日閲覧。
  309. ^ 伊藤寧々 卒業のお知らせ”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年9月12日). 2014年9月12日閲覧。
  310. ^ 大和里菜 契約終了のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年12月16日). 2014年12月16日閲覧。
  311. ^ 大貫真之介 (2015年1月19日). “乃木坂46新選抜への期待 センター返り咲きの西野七瀬が追求した「自分らしさ」と研究生から抜擢された相楽伊織の「ギャップ力」”. エンタメNEXT. 徳間書店. 2015年1月19日閲覧。
  312. ^ 畠中清羅 卒業のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年2月5日). 2015年2月5日閲覧。
  313. ^ 向原康太 (2015年5月18日). “乃木坂46・松井玲奈、アイドル仕事の喜びを語る 「大好きな相手とスキンシップが取れて最高」”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2015/05/post-3267_2.html 2015年5月18日閲覧。 
  314. ^ 永島聖羅卒業のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年12月17日). 2015年12月18日閲覧。
  315. ^ 「まいまいがいてくれて本当によかった」深川麻衣、地元静岡で乃木坂46卒業”. ナタリー (ナターシャ). (2016年6月17日) 2016年7月1日閲覧。
  316. ^ 「橋本奈々未、乃木坂46の卒業を発表」”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年10月20日) 2017年2月20日閲覧。
  317. ^ 「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE開催決定!」”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年12月6日) 2017年2月20日閲覧。
  318. ^ 乃木坂46中元日芽香「アイドルでいられることが私は何より幸せでした」 乃木坂46中元日芽香、最後のラジオ出演でオリラジも号泣 「アイドルでいたかった」6年間の思い語る”. "モデルプレス" (ネットネイティブ). (2017年11月20日) 2017年11月28日閲覧。
  319. ^ 伊藤万理華 (2017年12月23日). “ありがとうございました。790回目”. 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月24日閲覧。[リンク切れ]
  320. ^ “乃木坂46、20thシングル選抜は“次のフェーズ”を示す? 3期生躍進&白石単独センターから考える”. Real Sound (blueprint). (2018年3月14日). http://realsound.jp/2018/03/post-170700_2.html 2018年4月1日閲覧。 
  321. ^ “アンダーライブ全国ツアー2018〜中部シリーズ〜開催のおしらせ”. 乃木坂46公式サイト (乃木坂46LLC). (2018年3月31日). http://www.nogizaka46.com/news/2018/03/2018-2.php 2018年3月31日閲覧。 
  322. ^ 3期生個人ブログがスタート!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2018年2月21日). 2018年2月22日閲覧。
  323. ^ 乃木坂46 3期生のモバイルメールがついにスタート!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2018年3月19日). 2018年2月22日閲覧。
  324. ^ 川村真洋乃木坂46からの卒業を発表”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2018年2月2日). 2018年2月2日閲覧。
  325. ^ “乃木坂46生駒里奈ラスト握手会に3万5000人集結「最高のメンバーに出会えた」”. ナタリー (ナターシャ). (2018年5月6日). https://natalie.mu/music/news/280998 2018年5月6日閲覧。 
  326. ^ “乃木坂46から斎藤ちはる&相楽伊織が卒業”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年5月20日). https://natalie.mu/music/news/282988 2018年11月30日閲覧。 
  327. ^ “若月佑美の「恩返し」静岡朝日テレビで特番制作決定”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年12月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812050000366.html 2018年12月17日閲覧。 
  328. ^ “元乃木坂46・若月佑美、卒業セレモニーで涙「本当に幸せでした」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年12月5日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181204-OHT1T50179.html 2018年12月17日閲覧。 
  329. ^ 能條愛未卒業を発表”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC. 2018年10月5日閲覧。
  330. ^ ナタリー (2018年12月21日). 乃木坂46アンダーライブで川後陽菜が涙の卒業「7年間で本当に大切なものができた」 (Report). ナターシャ. https://natalie.mu/music/news/313126 2018年12月21日閲覧。. 
  331. ^ 西野七瀬卒業を発表”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC. 2018年9月20日閲覧。
  332. ^ 編集部. “衛藤美彩「悔いが1つもない」乃木坂46卒業で万感メッセージ” (日本語). MusicVoice. 2019年3月31日閲覧。
  333. ^ a b 応募要項”. AKB48公式ライバル「乃木坂46」オーディション. AKB48公式ライバル委員会 (2011年6月28日). 2011年6月28日閲覧。
  334. ^ 乃木坂46、AKB48に宣戦布告 15歳センター「ライバルは板野さん」(池上彰)”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年8月22日) 2013年4月16日閲覧。
  335. ^ a b スケジュール”. AKB48公式ライバル「乃木坂46」オーディション. AKB48公式ライバル委員会 (2011年6月28日). 2011年6月28日閲覧。
  336. ^ a b 乃木坂46、最終選考でスターティングメンバー36名決定”. ナタリー (ナターシャ). (2011年8月22日) 2011年8月22日閲覧。
  337. ^ a b 乃木坂46、2期生オーディション開催を発表”. ナタリー (ナターシャ). (2012年12月17日) 2012年12月17日閲覧。
  338. ^ 西川七海AKB解雇から4年、乃木坂入り”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年5月8日) 2013年5月8日閲覧。
  339. ^ 自撮りでの応募もOK 乃木坂46、新メンバー募集オーディションをスタート!”. ねとらぼ (アイティメディア). (2016年7月4日) 2016年7月4日閲覧。
  340. ^ 乃木坂46、2期生を「16人のプリンシパル」公演でお披露目”. ナタリー (ナターシャ). (2013年4月22日) 2013年4月22日閲覧。
  341. ^ 乃木坂46:3期生12人がお披露目 3年ぶりの新メンバー”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年9月4日) 2016年9月4日閲覧。
  342. ^ “乃木坂46、3期オーディション開始 “セルフィー応募”など詳細明らかに”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年7月4日). http://mdpr.jp/news/detail/1595832 2016年7月4日閲覧。 
  343. ^ 乃木坂46「3期生オーディション」今夏開催決定! 3〜4月に女性限定セミナーも!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2016年2月22日). 2016年3月1日閲覧。
  344. ^ a b c d 乃木坂46新メンバー12人決定<プロフィール/ソロ写真/「anan」「non-no」など全20誌特別賞>”. モデルプレス (ネゥットネイティブ). (2016年9月4日) 2016年9月4日閲覧。
  345. ^ 乃木坂46 第3期生オーディション SHOWROOM部門”. SHOWROOM (SHOWROOM). (2016年8月27日) 2016年9月4日閲覧。
  346. ^ 乃木坂46『乃木坂浪漫 ランダム生写真風DVD』販売のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2013年3月15日). 2017年1月3日閲覧。
  347. ^ 乃木坂46、J1リーグ清水VS磐田戦で「左胸の勇気」披露”. ナタリー (ナターシャ). (2012年4月11日) 2012年4月11日閲覧。
  348. ^ 乃木坂46、間奏省略で新曲披露 HTC新スマホCMキャラクターに抜てき”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年4月20日) 2012年4月20日閲覧。
  349. ^ a b 注目の新譜 : 乃木坂46「走れ!Bicycle」恋愛模様と風を切る自転車を重ねた爽やかポップ”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2012年8月22日) 2012年8月22日閲覧。
  350. ^ HTC J新CMで乃木坂46八福神の素顔をフィーチャー”. ナタリー (ナターシャ). (2012年12月10日) 2012年12月10日閲覧。
  351. ^ a b 乃木坂46、新シングル曲が「うさぎのモフィ」EDテーマに”. ナタリー (ナターシャ). (2012年12月7日) 2012年12月7日閲覧。
  352. ^ 乃木坂46新曲がアニメ「マギ」エンディングテーマに決定”. ナタリー (ナターシャ). (2012年9月12日) 2012年9月12日閲覧。
  353. ^ 乃木坂46×山下敦弘監督「超能力研究部の3人」予告完成 「君の名は希望」が主題歌”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2014年10月21日) 2014年10月21日閲覧。
  354. ^ “乃木坂46、新曲「シャキイズム」PVで生駒が男装披露”. ナタリー (ナターシャ). (2013年3月4日). http://natalie.mu/music/news/85935 2014年10月19日閲覧。 
  355. ^ 乃木坂46「楽天スーパーSALE」実行委員会に任命”. ナタリー (ナターシャ). (2013年8月21日) 2013年8月21日閲覧。
  356. ^ ガールズルール / 乃木坂46 ダウンロード・試聴”. オリコンミュージックストア. oricon ME (2013年). 2015年8月27日閲覧。
  357. ^ 乃木坂46がニューシングル収録曲でドラマ「BAD BOYS J」の挿入歌「世界で一番 孤独なLover」のMVを公開”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2013年6月14日) 2015年3月14日閲覧。
  358. ^ 乃木坂46・西野七瀬に告白!? “メガシャキ”CMソング「ロマンスのスタート」のMVが公開!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年3月27日) 2015年3月7日閲覧。
  359. ^ “乃木坂46の「ガクたび」 オープニング 映像配信開始!!”. AKB48SHOW!BLOG (NHKオンライン). (2017年3月6日). https://www.nhk.or.jp/akb48show-blog/300/264438.html 2017年10月13日閲覧。 
  360. ^ 乃木坂46、HTC会見で10thシングルお披露目”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月19日) 2014年8月19日閲覧。
  361. ^ 乃木坂×はるやま 全力応援フレッシャーズ Archived 2015年2月21日, at the Wayback Machine.”. はるやま特設サイト (はるやま商事). (2015年1月26日) 2015年2月21日閲覧。
  362. ^ 乃木坂46・生田絵梨花がAKB島崎遥香のトークを賞賛”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2015年3月17日) 2015年3月17日閲覧。
  363. ^ “大人可愛い”白石麻衣、「Palty」イメージキャラクターに就任”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月15日) 2015年3月15日閲覧。
  364. ^ a b c 乃木坂46 12thシングル「太陽ノック」商品概要決定のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年7月12日). 2015年8月16日閲覧。
  365. ^ 「心が叫びたがってるんだ。」乃木坂46の主題歌流れる予告編公開”. ナタリー (ナターシャ). (2015年9月1日) 2015年9月1日閲覧。
  366. ^ 乃木坂46「From AQUA」新CMで“水の妖精”に 一番妖精っぽいメンバーは?”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2015年9月29日) 2015年9月29日閲覧。
  367. ^ 乃木坂46・氣志團・きゃりーら、一夜限りの豪華仮装ライブ”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2015年11月1日) 2015年11月11日閲覧。
  368. ^ ハルジオンが咲く頃(Type-A)”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年). 2016年3月23日閲覧。
  369. ^ sukekiyo (2016年4月26日). “乃木坂46と恋愛できる『乃木恋〜坂道の下で、あの日僕は恋をした〜』リリース!”. AppBank. AppBank. 2016年4月26日閲覧。
  370. ^ セブン-イレブン、「セブン-イレブン フェア 乃木坂46」を20日から実施、WEB CMとTVCMを公開”. navicon (navicon). (2016年5月18日) 2016年5月18日閲覧。
  371. ^ 山ガールにラクロス選手!? 乃木坂いろいろ衣装 新「AQUA」CM Archived 2016年7月2日, at the Wayback Machine.”. CHUNICHI Web (中日新聞社). (2016年6月29日) 2016年6月29日閲覧。
  372. ^ 乃木坂46、『高校生クイズ』主題歌「僕だけの光」7・27初披露”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年7月5日) 2016年7月5日閲覧。
  373. ^ “乃木坂3人娘が「簡単燃焼体操」を披露 「はるやま」新CM”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2017年3月13日). オリジナルの2017年3月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170317054627/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2017031402000139.html 2017年3月17日閲覧。 
  374. ^ 乃木坂46、新曲がフジ『夢大陸』テーマに めざましライブ初日に登場”. ORICON STYLE (oricon ME). (2017年6月30日) 2017年6月30日閲覧。
  375. ^ “乃木坂46:秋元真夏&松村沙友理のWセンター新曲初披露 “お台場夢大陸”で「熱気がすごい!」”. まんたんウェブ (MANTAN WEB). (2017年7月15日). https://mantan-web.jp/article/20170715dog00m200013000c.html 2017年7月15日閲覧。 
  376. ^ a b 乃木坂46、大園桃子&与田祐希の3期生Wセンター曲は「逃げ水」”. ナタリー (ナターシャ). (2017年7月14日) 2017年7月19日閲覧。
  377. ^ “バイトル新CM 乃木坂46三期生も全員出演”. DWANGO.JP NEWS (ドワンゴ). (2017年8月16日). https://news.dwango.jp/2017/08/16/145091/idol/ 2017年8月17日閲覧。 
  378. ^ “乃木坂46 19thシングル「いつかできるから今日できる」2017年10月11日リリース決定!”. 乃木坂46公式サイト (乃木坂46LLC). (2017年8月27日). http://www.nogizaka46.com/news/2017/08/46-19th20171011.php 2017年8月27日閲覧。 
  379. ^ “乃木坂46、新曲センターは?選抜19人発表<19thシングル「いつかできるから今日できる」>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年9月4日). https://mdpr.jp/music/detail/1711891 2018年7月13日閲覧。 
  380. ^ 'はるやまホールディングス CMギャラリー'
  381. ^ 乃木坂46・新曲「シンクロニシティ」はどんな曲?メンバーが言及”. "モデルプレス" (ネットネイティブ). (2018年2月7日) 2018年2月7日閲覧。
  382. ^ “乃木坂46生田・衛藤・桜井が「めざましどようび」テーマ担当”. ORICON STYLE (oricon ME). (2018年4月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2108989/full/ 2018年4月5日閲覧。 
  383. ^ 「劇場版 七つの大罪」主題歌は乃木坂46の新曲、梅澤美波のコメントも到着”. "映画ナタリー" (ナターシャ). (2018年6月26日) 2018年6月28日閲覧。
  384. ^ 【更新!!】乃木坂46 21stシングル「ジコチューで行こう!」商品概要!!”. 乃木坂46公式サイト. (2018年7月12日) 2018年7月12日閲覧。
  385. ^ “乃木坂46、新曲タイトル発表「高校生クイズ」応援ソングに決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年7月12日). https://mdpr.jp/music/detail/1778959 2018年7月13日閲覧。 
  386. ^ “白石麻衣・桜井玲香・松村沙友理・梅澤美波に小手伸也がブチギレ!?新曲起用の「乃木坂46×はるやま」新CMが11月2日よりオンエアアイシャツの完全ノーアイロン※1を疑え”. PR TIMES (TIMES). (2018年11月1日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000030981.html 2018年11月5日閲覧。 
  387. ^ “アドギャラリー”. はたちの献血 (日本赤十字社). https://ken-love.jp/hatachi/gallery/index.html 2018年12月30日閲覧。 
  388. ^ “「乃木坂46・齋藤飛鳥の瞳から涙が ドラマ『ザンビ』メインビジュアル&主題歌情報を公開”. SPICE (イープラス). (2019年1月17日). https://spice.eplus.jp/articles/224324 2019年2月13日閲覧。 
  389. ^ “乃木坂46が「ファンタ坂学園」で学校生活満喫、変顔ボトルでハジけまくる”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/news/328270 2019年4月17日閲覧。 
  390. ^ 川しまゆうこ・辰巳ちえ・大江麻貴・東島あい 『乃木坂派』 双葉社、2013年10月22日。ISBN 978-4-575-30587-6
  391. ^ 季刊 乃木坂 Archived 2014年10月17日, at the Wayback Machine.』vol.1 早春、東京ニュース通信社、2014年3月5日。ISBN 978-4-86336-387-8
  392. ^ 季刊 乃木坂 Archived 2014年7月26日, at the Wayback Machine.』vol.2 初夏、東京ニュース通信社、2014年6月12日。ISBN 978-4-86336-409-7
  393. ^ 季刊 乃木坂 Archived 2014年10月17日, at the Wayback Machine.』vol.3 涼秋、東京ニュース通信社、2014年9月4日。ISBN 978-4-86336-426-4
  394. ^ 『季刊 乃木坂』vol.4 彩冬、東京ニュース通信社、2014年12月26日。ISBN 978-4-86336-451-6
  395. ^ 乃木坂46初主演ドラマ「初森ベマーズ」の電子版写真集 楽天Koboで先行予約販売開始”. ITmedia eBook USER (アイティメディア). (2015年7月25日) 2015年8月5日閲覧。
  396. ^ 乃木坂46総出演ドラマ『初森ベマーズ』電子写真集発売! 9月11日には第2弾も”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年8月14日) 2015年8月14日閲覧。
  397. ^ 乃木坂46総出演ドラマ「初森ベマーズ」公式写真集発売決定!”. 幻冬舎plus. 幻冬舎 (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  398. ^ 1時間遅れのI love you.』 主婦と生活社、2016年8月5日、1-144頁。ISBN 978-4-391-14930-2
  399. ^ “白石麻衣のチュー顔、齋藤飛鳥の美脚…乃木撮46オフショット連載『乃木撮』が写真集に”. 岩手日報. oricon ME (岩手日報社). (2018年4月5日). オリジナルの2018年4月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180412212126/https://www.iwate-np.co.jp/article/oricon/2109003 2018年4月12日閲覧。 
  400. ^ 乃木坂46メンバー撮影の写真集『乃木撮』予約殺到で“超異例”の初版20万部スタート”. ORICON NEWS. oriconME (2018年5月24日). 2018年5月27日閲覧。
  401. ^ 「NOGI STYLE」『B.L.T.』2011年12月号、東京ニュース通信社、2011年10月24日。ASIN B005UOMQI0
  402. ^ B.L.T.発の新商品「乃木坂46版」発売のお知らせ!! Archived 2011年11月1日, at the Wayback Machine.”. TOKYONEWS Webstore. 東京ニュース通信社. 2011年10月31日閲覧。
  403. ^ 「乃木坂の乱!」『BUBKA』2012年1月号、コアマガジン、2011年11月30日。ASIN B0068OX0SQ
  404. ^ YOUPAPER9月号で人気アイドルグループ【乃木坂46】メンバー4人が登場!”. YOUPAPERS. ラグザイア. 2012年7月28日閲覧。
  405. ^ 「美女散歩」『Samurai ELO』2012年11月号、インフォレスト、2012年9月24日。ASIN B0097BBNR2
  406. ^ 更新⇒12月メディア出演情報”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2012年12月27日). 2012年12月27日閲覧。
  407. ^ 乃木坂と、まなぶ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2013年3月12日) 2013年3月12日閲覧。
  408. ^ a b 生駒里奈、川後陽菜、松村沙友理 「nogimate 第1回 企画会議」『EX大衆』2013年6月号、双葉社、2013年5月15日、78-79頁。ASIN B00CH34N0Q
  409. ^ 「ねぇ、私の名前はね!?」『みんなの漢字』2013年7月号、朝日新聞出版、2013年6月1日。ASIN B00CTQ26W8
  410. ^ 「乃木坂46のキレイ道」『mina』2013年10月号、主婦の友社、2013年8月20日。ASIN B00E3W4M4Q
  411. ^ 『ENTAME』2014年2月号、徳間書店、2013年12月28日。ASIN B00H8X812Q
  412. ^ 「乃木坂46メンバー“文化人化”計画 NOGIMANIA」『ENTAME』2015年7月号、徳間書店、2015年5月30日。ASIN B00UJXL76O
  413. ^ 「週刊・乃木坂46通信」『週刊ビッグコミックスピリッツ』2014年11月3日号、小学館、2014年10月6日。ASIN B00O5C6GUC
  414. ^ “乃木坂46活字部始動! 高山一実が若者の活字離れ阻止目指す”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月3日) 2015年3月3日閲覧。
  415. ^ 「乃木坂46物語」『週刊プレイボーイ』2015年3月30日号、集英社、2015年3月16日、no.13、1-8頁。ASIN B00UAUUX8Y
  416. ^ a b ろってぃーの Road to Guitar Heroine 〜ギター・ヒロインへの道〜”. ヤング・ギター YOUNG GUITAR. YOUNG GUITAR (2015年). 2015年9月10日閲覧。
  417. ^ 乃木坂の深川、若月が連載/日刊スポーツ静岡版”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年11月21日) 2016年11月21日閲覧。
  418. ^ 「HUSTLE PRESS」よりグラビア「乃木選」が1月29日から発売”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年12月29日). 2015年12月29日閲覧。
  419. ^ 「Nogizaka Newtype」『月刊ニュータイプ』 KADOKAWA、2016年5月10日。ASIN B01EAA4SB2
  420. ^ 乃木坂46の素顔をメンバーが激写『FRIDAY』でオフショット連載「乃木撮」開始”. ORICON STYLE (oricon ME). (2017年2月24日) 2017年3月22日閲覧。
  421. ^ “乃木坂46「anan」表紙に登場、“女子の流行モノ”追いかける”. ナタリー (ナターシャ). (2017年8月14日). http://natalie.mu/music/news/244741 2017年8月15日閲覧。 
  422. ^ いまどき 留学事情 YOMIURI ONLINE(2018年4月19日). 2018年5月5日閲覧.
  423. ^ “もし乃木坂46がOLだったら…「with」で新プロジェクト始動”. DWAGO.JP NEWS (ドワンゴ). (2018年8月27日). https://news.dwango.jp/idol/30909-1808 2017年9月9日閲覧。 
  424. ^ 乃木坂46初の公式ピアノ楽譜集は生田ソロ曲スコアも掲載”. ナタリー (ナターシャ). (2015年12月15日) 2015年12月15日閲覧。
  425. ^ ライブ写真満載のオフィシャルスコア ギター弾き語り 乃木坂46 ベスト・セレクション 6月11日発売”. JIJI.COM. (2017年5月30日) 2017年6月12日閲覧。
  426. ^ 【発売決定!!】ピアノソロ「豪華演奏で楽しむ 乃木坂46 Selection for Piano」!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2018年4月19日). 2018年4月19日閲覧。
  427. ^ 【発売決定!!】乃木坂46『僕だけの君 〜Under Super Best〜』やさしく弾ける ピアノソロ/ギター弾き語り 10月13日同時発売!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2018年9月27日). 2018年9月28日閲覧。
  428. ^ 乃木坂46 『乃木坂と、まなぶ』 朝日新聞出版、2014年3月18日。ISBN 978-4-02272-451-9
  429. ^ 乃木坂46合同会社 『乃木坂46公演「16人のプリンシパル」trois 公式パンフレット』 楽天、2014年7月28日、完全版。
  430. ^ 乃木坂46合同会社 『乃木坂46ジャパンエキスポ出演記念集 La lettres de Paris』 楽天、2014年9月29日、電子書籍版。
  431. ^ 乃木坂46、2014「超能力研究部の3人」製作委員会 『映画 超能力研究部の3人 公式ブック』 モーニング編集部、講談社〈講談社 Mook〉、2014年12月5日。ISBN 978-4-06-389865-1
  432. ^ 乃木坂46の苦悩・涙・感動「なんでみんな、ボロボロにならなくちゃいけないんだ?」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年12月3日) 2015年12月3日閲覧。
  433. ^ 別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.01、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年4月2日、1-228頁。ISBN 978-4-04-731995-0
  434. ^ 別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.02、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年6月29日、1-212頁。ISBN 978-4-04-895646-8
  435. ^ 別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.03、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年10月3日、1-212頁。ISBN 978-4-04-895693-2
  436. ^ 別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.04、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2017年7月3日、1-212頁。ISBN 978-4-04-895955-1
  437. ^ “8/6付週間BOOKランキング3位に乃木坂46の『anan特別編集 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 公式SPECIALBOOK』がランクイン”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2116618/full/ 2018年8月22日閲覧。 
  438. ^ 乃木坂46 WEEKLY CALENDAR 2013 Archived 2013年5月9日, at the Wayback Machine.』 東京ニュース通信社、2012年11月14日。ISBN 978-4-86336-273-4
  439. ^ 乃木坂46 『乃木坂46 壁掛けカレンダー2014』 乃木坂46運営委員会、2013年12月26日。ASIN B00HIXD5ZE
  440. ^ 2014/10/31 新商品のお知らせ(2015年度 オフィシャルカレンダー)”. 乃木坂46 OFFICIAL WEB SHOP. 乃木坂46運営委員会 (2014年10月31日). 2014年10月31日閲覧。
  441. ^ 乃木坂46 トレーディングコレクション』 エンスカイ、2013年8月3日。ASIN B00CY8QJOW
  442. ^ 乃木坂46 トレーディングコレクション パート』 エンスカイ、2014年6月21日。ASIN B00JL49IN6
  443. ^ 乃木坂46 High School CARD”. コミックとらのあな. 虎の穴 (2015年8月24日). 2017年4月1日閲覧。
  444. ^ テレビ東京 ドラマ24『初森ベマーズ』 乃木坂46メインキャスト 公式ブロマイド発売決定!” (プレスリリース), PR TIMES, (2015年8月7日) 2015年8月7日閲覧。
  445. ^ 乃木坂46×My Melody L判ブロマイド” こんぷりん, 2016年11月12日閲覧。
  446. ^ 第8弾 乃木坂46 17thシングル「インフルエンサー」” メトロラボ, (2017年3月12日)2017年3月22日閲覧。
  447. ^ 乃木坂46 3rd アルバム「生まれてから初めて見た夢」限定ブロマイド” こんぷりん, 2017年5月20日閲覧。
  448. ^ a b c d 乃木坂46合同会社について”. Qsicman. エフ・ビー・コミュニケーションズ. 2018年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  449. ^ a b c d 2018年4月16日時点の法人登記記録による。
  450. ^ 会社概要.株式会社ノース・リバー公式サイト
  451. ^ 乃木坂46合同会社の情報”. 法人番号公表サイト. 国税庁. 2018年3月26日閲覧。
  452. ^ 生駒里奈オフィシャルサイト”. 乃木坂46合同会社. 2018年11月23日閲覧。
  453. ^ 中元日芽香オフィシャルサイト”. 乃木坂46合同会社. 2018年11月23日閲覧。
  454. ^ CM NOW編集部 『NEXT GIRL図鑑 2019』 玄光社、2018年。ISBN 978-4-7683-1118-9
  455. ^ 伊藤万理華 オフィシャルサイト”. 乃木坂46合同会社. 2018年12月23日閲覧。
  456. ^ 西野七瀬 オフィシャルサイト”. 乃木坂46合同会社. 2019年2月25日閲覧。
  457. ^ 若月佑美オフィシャルサイト”. 乃木坂46合同会社. 2019年3月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集