メインメニューを開く

ミラノ近郊鉄道S4線

ミラノの近郊鉄道の路線

S4線(S4せん)は、ミラノ近郊鉄道路線である。ミラノ通行線の開業に伴って2004年に開業され、現在はカムナーゴ・レンターテ駅ミラノ・ロゴレード駅を通行線を経て結ぶ。運営者はロンバルディア州の鉄道も営業するトレノルドである。

Milano S4.svg S4線
基本情報
路線網 ミラノ近郊鉄道
起点 カムナーゴ・レンターテ駅
終点 ミラノ・ロゴレード駅
駅数 21
開業 2004年12月12日
運営者 トレノルド
路線諸元
路線距離 23 km
軌間 1,435 mm
電化方式 直流3000V 架空電車線方式
路線図
Milano linea suburbana S4.png
テンプレートを表示

S4線は、ミラノ北鉄道に属するミラノ-アッソ線の一部とミラノ通行線を走行し、直流3000ボルト架空電車線方式電化されており、全部で21駅、路線長は23kmである。

歴史編集

運行形式編集

S4線は毎日終日1時間に2本走っている。下りは始発が午前5:35のミラノ・カドルナ駅発カムナーゴ・レンターテ行で、終電が23:53(カムナーゴ・レンターテ行)と0:23(セーヴェゾ駅止まり)である。また、0:53と1:23はセーヴェゾ行の代行バスが2本行われている。セーヴェゾを出ると、カムナーゴ・レンターテを軽油せず、メーダ、カビアーテとマリアーノ・コメンセへ向かう。 上りはカムナーゴ・レンターテ発ミラノ・カドルナ行の始発が6:24で、セーヴェゾ発が5:31.ミラノ・カドルナ行の終電はカムナーゴ・レンターテからは23:24で、セーヴェゾ発が23:31です。カムナーゴ・レンターテ駅ではS11線と乗換出来る。

駅一覧編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集