ミラン・シュクリニアル

ミラン・シュクリニアルMilan Škriniar1995年2月11日 - )は、スロバキアバンスカー・ビストリツァ県ジアル・ナド・フロノム英語版出身のサッカー選手スロバキア代表インテルナツィオナーレ・ミラノ所属。ポジションは、ディフェンダー(CB)。

ミラン・シュクリニアル Football pictogram.svg
Zen-Int (1).jpg
インテル時代 (2018年)
名前
ラテン文字 Milan Škriniar
基本情報
国籍 スロバキアの旗 スロバキア
生年月日 (1995-02-11) 1995年2月11日(26歳)
出身地 ジアル・ナド・フロノム英語版
身長 188cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 インテルナツィオナーレ・ミラノ
ポジション DF
背番号 37
利き足
ユース
2007-2012 スロバキアの旗 MŠKジリナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2015 スロバキアの旗 MŠKジリナ 77 (12)
2013 スロバキアの旗 ズラテー・モラフツェ (loan) 7 (0)
2016-2017 イタリアの旗 UCサンプドリア 38 (0)
2017- イタリアの旗 インテル・ミラノ 137 (7)
代表歴2
2011  スロバキア U-17 3 (0)
2012-2013  スロバキア U-18 5 (0)
2013-2014  スロバキア U-19 3 (0)
2012-2016  スロバキア U-21 7 (1)
2016-  スロバキア 42 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年5月15日現在。
2. 2021年6月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ経歴編集

初期編集

地元クラブでプレーを始め、兄と共に12歳の時に強豪MŠKジリナの下部組織に入団した。2012年3月27日のFC ViOnズラテー・モラフツェ戦で17歳49日にしてプロデビュー。2012年11月23日の FC ViOnズラテー・モラフツェ戦で初ゴール[1]

2013年2月、FC ViOnズラテー・モラフツェにレンタル移籍。

2016年1月29日、UCサンプドリアに4年半契約で移籍[2]。その年の4月24日、ラツィオ戦に途中出場してデビューを果たす[3]。しかし、それからの3か月は出場機会が得られなかった。2015-16シーズンはリーグ戦出場3試合と悔しいセリエAデビューとなった。翌シーズン、サンプドリアの監督を務めるマルコ・ジャンパオロにその才能を評価され、リーグ戦35試合に出場した。

インテル・ミラノ編集

2017年7月7日、インテルに5年契約で移籍[4]。インテルは移籍金として2000万ユーロを支払ったほか、ジャンルカ・カプラーリを譲渡した[5]。この移籍金はスロバキア人としての歴代最高額となった[6]。加入4日後の記者会見では、背番号37が与えられ「スロバキアからイタリアに渡って1年半で、インテルのような偉大なクラブに加入できたのは素晴らしいこと」[7]と語った。2017-18シーズンの開幕戦、フィオレンティーナとの試合でデビュー、フル出場で3-0の勝利に貢献する[8]。このシーズンは全試合フルタイム出場を果たし、チームの7シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。

18-19シーズンも引き続き主力として出場し、チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した

19-20シーズンは新監督であるコンテが就任し、序盤は3バックの左を務めることが多かったが これまでのパフォーマンスが見られず、3バックの適用に苦しみ、若手の台頭していたバストーニにレギュラーを奪われるなど不本意なシーズンを送り、オフには英トッテナムなどからの移籍の噂が絶えなかった。

20-21シーズンは本人の希望もあり残留し、序盤は新型コロナウィルスに感染するなどレギュラーではなかったが、出場する試合でハイパフォーマンスを見せレギュラーを奪い、3シーズンぶりに得点するなど終盤まで3バックの一角を務め、インテルを11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。

代表歴編集

各世代でスロバキア代表に選ばれている。2016年5月27日の親善試合・ジョージア代表戦でA代表デビュー[9]

2021年5月、UEFA EURO 2020参加メンバーに選出された。グループリーグ初戦のポーランド戦で決勝ゴールを決めた[10]

タイトル編集

インテル

脚注編集

外部リンク編集