メインメニューを開く

マース川(オランダ語:Maas、フランス語:Meuse ムーズ)は、フランス北東部を水源としベルギーを流れオランダ北海へ注ぐである。

マース川
マース川
マーストリヒト付近
延長 925 km
平均の流量 230 m³/s
流域面積 36,000 km²
水源 フランス
水源の標高 409 m
河口・合流先 北海
流域 フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
オランダの旗 オランダ
オランダフースデンで、ベルフセ・マース川とアフヘダムセ・マース川に分流する。
テンプレートを表示
Locatie-Maas-3.png

9世紀頃よりアルザスロレーヌ地方がフランスに併合されることとなるヴェストファーレン条約が締結された1648年まで、神聖ローマ帝国の西の国境線がこの河川であった。このことよりドイツ国歌「ドイツの歌」の歌詞の1番にて「マース川からメーメル川まで」とその領土範囲を郷愁的に歌っていることでも有名である(1番は現在のドイツでは国歌とされていない)。また、流域であるベルギーのワロン工業地帯は欧州大陸で最初に産業革命が始まったところとしても知られている。

オランダのナイメーヘン付近でマース・ワール運河によりライン川と接続され、フランスでは運河網によってセーヌ川とも通じている。北海に注ぐ河口部では、オランダの大規模治水計画であるデルタ計画により可動堰や防潮水門等で水位制御されている。

流域の自治体・都市編集

支流編集

関連項目編集

流域の写真編集