メインメニューを開く

メヌエット (ペツォールト)

Minuet in G Major
Minuet in G minor

メヌエット』は、クリスティアン・ペツォールトが作曲した鍵盤楽器のための小品。ト長調BWV Anh. 114)とト短調(BWV Anh. 115)の2曲があり、演奏会などでは一緒に演奏されることが多い。

一般的には「バッハメヌエット」として親しまれている曲だが、これはバッハが2度目の妻アンナ・マクダレーナに贈った「アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳」に作曲者の名前を伏せて収めたために起こった誤解で、近年音楽学者のハンス=ヨアヒム・シュルツェらによってペツォールトの作であると修正されている。

ト長調のほうは後にアメリカ合衆国のソングライター、サンディ・リンザー&デニー・ランドルによって「ラヴァーズ・コンチェルト」のタイトルでポピュラー・ソングにもなっている。


\version "2.14.2"
\header {
  tagline = ##f
}
upper = \relative c'' {
  \clef treble 
  \key g \major
  \time 3/4
  \tempo 2 = 72
  %\autoBeamOff
  
  d4 g,8 a b c | d4 g, g | e' c8\mordent d e fis | g4 g, g | c d8\mordent c b a | b4 c8 b a g | fis4 g8 a b g | 
  \grace b8( a2.)

}

lower = \relative c' {
  \clef bass
  \key g \major
  \time 3/4

    < g b d >2 a4 | b2. c2. b2. a2. g2. | d'4 b g | d' d,8 c' b a 
    
}

\score {
  \new PianoStaff <<
    \set PianoStaff.instrumentName = #"Menuet"
    \new Staff = "upper" \upper
    \new Staff = "lower" \lower
  >>
  \layout {
    \context {
      \Score
      \remove "Metronome_mark_engraver"
    }
  }
  \midi { }
}

この曲が使われた作品など編集

外部リンク編集