メインメニューを開く

メレディス・マグラスMeredith McGrath, 1971年4月28日 - )は、アメリカミシガン州ミッドランド出身の元女子プロテニス選手。ダブルスの名手として活躍し、1995年全米オープン混合ダブルス部門で優勝した。女子ダブルスでは1994年全豪オープン1996年ウィンブルドンで2度の準優勝があり、シングルスでも1996年のウィンブルドンでベスト4に入った。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAツアーでシングルス3勝、ダブルスで25勝を挙げた。

メレディス・マグラス
Meredith McGrath
Tennis pictogram.svg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ミシガン州ミッドランド
生年月日 (1971-04-28) 1971年4月28日(48歳)
身長 173cm
体重 59kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1988年
引退年 1998年
ツアー通算 28勝
シングルス 3勝
ダブルス 25勝
生涯通算成績 385勝182敗
シングルス 130勝98敗
ダブルス 255勝84敗
生涯獲得賞金 1,448,132 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(1994)
全仏 2回戦(1995)
全英 ベスト4(1996)
全米 2回戦(1993・94)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(1994)
全仏 ベスト4(1996)
全英 準優勝(1996)
全米 ベスト8(1994)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全米 優勝(1995)
優勝回数 1(米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 18位
ダブルス 5位

マグラスはジュニア時代からダブルスに優れた才能を発揮し、1987年-1989年まで全米オープンの女子ジュニアダブルス部門「3連覇」を達成した。1987年1988年キンバリー・ポーとペアを組んで2連覇し、1989年は当時13歳のジェニファー・カプリアティと組んでウィンブルドン全米オープンのジュニア女子ダブルスを連続制覇している。1989年ウィンブルドンでは、ジュニア女子シングルスの準優勝もあった。この年から女子ツアー大会のダブルスでも好成績を出し始め、1989年11月第2週の「バージニアスリムズ・オブ・ナッシュビル」大会のダブルスでツアー初優勝を果たす。1990年にはダブルスで年間4勝を挙げ、1991年全仏オープンの女子ダブルスでベテランのキャシー・ジョーダンと組んでベスト8に入ったが、この後相次ぐ故障に悩み、大腿骨関節の手術や肩の腱炎などで長期間の戦線離脱を経験した。

マグラスは1993年、シングルスの世界ランキング610位から復活を果たし、ウィンブルドンで予選3試合を勝ち上がった後、初めての本戦4回戦進出を決めた。ダブルスではパティ・フェンディックと組んで大半の試合に出場し、ダブルスで年間3勝を挙げる。1994年全豪オープンで、マグラスとフェンディックは初めての決勝に進出し(パートナーのフェンディックは1991年以来3年ぶり2度目)、ジジ・フェルナンデスナターシャ・ズベレワ組に 3-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。同大会のシングルスでは、マグラスは2回戦で第10シードの伊達公子に敗れている。1994年に女子ツアーでシングルス2勝、ダブルス7勝を挙げたマグラスは、ダブルス世界ランキングで「5位」の自己最高位を記録した。

1995年全米オープンで、メレディス・マグラスはマット・ルセナアメリカ)と混合ダブルスのペアを組み、決勝でシリル・スークチェコ)&ジジ・フェルナンデス組を 6-4, 6-4 で破って初優勝した。そして、彼女の選手経歴のハイライトとなった1996年ウィンブルドンがやってくる。この大会で、マグラスは女子ダブルスでラリサ・ネーランドラトビア)と組んで決勝に進み、シングルスでアランチャ・サンチェス・ビカリオとの準決勝に進出した。女子ダブルス決勝では、マグラスとネーランドはマルチナ・ヒンギスヘレナ・スコバ組に 7-5, 5-7, 1-6 で敗れ、ヒンギスは「15歳9ヶ月」で初めてのグランドスラム・タイトルを獲得した。シングルスでは、マグラスは1回戦で日本遠藤愛に勝ち、2回戦で第14シードのアマンダ・クッツァーを破って波に乗り、準々決勝で同じアメリカのメアリー・ジョー・フェルナンデスを倒した後、初進出の準決勝でサンチェスに 2-6, 1-6 で敗れた。

しかし1997年、マグラスは再び大きな故障を抱え、シングルスは1大会も出場できなかった。最後の4大大会出場となった全豪オープンでは、シングルス・ダブルスとも1回戦敗退に終わり、シングルス1回戦では日本吉田友佳に敗れている。1998年3月初頭の「オクラホマ・シティ」大会を最後に、メレディス・マグラスは26歳で現役を引退した。

4大大会ダブルス成績編集

  • 全豪オープン 女子ダブルス準優勝:1994年 [パートナー:パティ・フェンディック]
  • ウィンブルドン 女子ダブルス準優勝:1996年 [パートナー:ラリサ・ネーランド/シングルス・ベスト4にも進出]
  • 全米オープン 混合ダブルス優勝:1995年 [パートナー:マット・ルセナ]

参考文献編集

外部リンク編集