モダン・トーキング

モダン・トーキング (Modern Talking) は、ドイツのポップデュオ1984年結成。

モダン・トーキング
Modern Talking
Moderntalking.jpg
モダン・トーキング(2003年)
基本情報
出身地 西ドイツの旗 西ドイツ 西ベルリン
ジャンル ユーロポップシンセポップダンス・ポップ、ユーロディスコ
活動期間 1983年 - 1987年1998年 - 2003年
レーベル ハンザ、アリオラRCAソニーBMG
旧メンバー トーマス・アンダース
ディーター・ボーレン
ルイス・ロドリゲス
エリック・シングルトン

概要編集

 
「愛はロマネスク」のアナログ・7インチ・シングル盤

ファルセットが特徴的なディスコサウンドで、本国ドイツに留まらず世界でも人気を博す。

1984年のシングル「愛はロマネスク (You're my heart, You're my soul)」が大ヒットし、日本では鮎川麻弥や麻生真美子&キャプテンらが同曲をいずれも日本語でカバー。

本国ドイツでは、1985年の「シェリ・シェリ・レディ (Cheri Cheri Lady)」、1986年の「ブラザー・ルイ (Brother Louie)」などヒットが続いた。

その後1987年に解散。2人は別々にソロ活動をしていたが、1998年に再結成。7枚目となるアルバム『バック・フォー・グッド』をリリース。1999年には、ワールド・ミュージック・アワードを受賞。2003年に解散。

現在までのアルバム総売上数は8,500万枚以上と、今もなお高い人気を得ており、ドイツ出身のデュオとしては最も成功したと言える。

備考編集

  • ほとんどの曲でファルセットを使っているため、しばしば「ファルセットデュオ」や「哀愁ディスコ」などとも称される。
  • ファルセットのパートはディーターに加えスタジオ・ミュージシャンが担当しているが、彼らの名前はクレジットされていない。
  • トーマスはよくNORA(ノーラ)と書かれたペンダントを身に付けていたが、これは当時の妻の名前である。彼女は大変にトーマスを束縛しており、PVやステージの演出についてひどく口出しするようになったため、ディーターはこれに激怒し、結果的に一度目の解散の原因となった。

メンバー編集

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『愛はロマネスク』 - The 1st Album (1985年)
  • 『シェリ・シェリ・レディ』 - Let's Talk About Love (1985年)
  • 『レディ・フォー・ロマンス』 - Ready for Romance (1986年)
  • In the Middle of Nowhere (1986年)
  • 『ロマンティック・ウォリアーズ』 - Romantic Warriors (1987年)
  • In the Garden of Venus (1987年)
  • 『バック・フォー・グッド』 - Back for Good (1998年)
  • 『アローン』 - Alone (1999年)
  • 『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』 - Year of the Dragon (2000年)
  • America (2001年)
  • Victory (2002年)
  • Universe (2003年)

外部リンク編集