メインメニューを開く
Montcalm Marius Bar.jpg
艦歴
発注:
起工: 1898年9月27日
進水: 1900年3月27日
就役: 1902年3月24日
退役:
その後: 1943年にスクラップとして廃棄
除籍:
性能諸元
排水量: 9,516トン
全長: 139.90 m、137.97m(水線長)
全幅: 19.38m
吃水: 7.67m
機関: ノルマン・シガーティ式石炭専焼缶29基+直立式3段膨張レシプロ機関3基3軸推進、21,500shp(最大出力)
最大速度: 21.4ノット
兵員:
兵装: M1993-96 19.4cm(40口径)単装砲2門
M1993-96 16.4cm(45口径)単装砲8門
M1895 10cm砲4門
M1885 4.7cm機砲単装16門
45cm水中魚雷発射管単装2門

モンカルム (Montcalm) はフランス海軍装甲巡洋艦ゲイドン級」の中で最も竣工年が早かった艦である。通商護衛から艦隊用巡洋艦を勤め上げるように設計された汎用型である。設計者は天才造船士官エミール・ベルタン

艦歴編集

1898年9月27日起工。1900年3月27日進水。公試完了前にモンカルムは大統領エミール・ルーベをロシアまで運び、1902年5月20日にクロンシュタットに到着した。1902年3月24日就役。

後にモンカルムは中国への航海をおこない、1921年11月にはジョゼフ・ジョフル将軍を乗せた。

1926年10月28日に退役。1943年に破壊された。


関連項目編集