モンテ・クリスト・サンドイッチ

Monte Cristo Sandwich-1.jpg

モンテ・クリスト・サンドイッチMonte Cristo sandwich)は、北米生まれのトーストサンドウィッチモンティクリストとも呼ぶ。

フランス生まれのクロックムッシュをアレンジしたもので、1930年代から1960年代に掛けて、ハワイレストランの朝食の定番メニューとして人気があったが、時代と共に一時期廃れ掛けていたものの、2000年代に入ってから徐々にだが、かつてのように朝の定番に戻りつつある[1]

作り方編集

カナダ風編集

現在人気のあるタイプはカナダ発祥説[2]があるもので、クロックムッシュ同様、食パンチーズハムを挟んだものに、卵液を漬けてフレンチトースト風にバターで焼いたものが主流で、甘じょっぱく味付けしたものが多い。お好みでクリームチーズを乗せたり、メイプルシロップを掛けても良い。

韓国編集

基本上記同様ハムとチーズを挟むが、韓国ではイチゴジャムを塗ってハムとチーズを挟み、卵液を漬けてパン粉にまぶしてから揚げるのが主流[3]

脚注編集

関連項目編集