ヤキマンカ: Якиманка イェキマンカ;Yakimanka)とは、ロシアモスクワにある地名である。

ヤキマンカ地区

Район Якиманка
2012年
2012年
ヤキマンカ地区の旗
ヤキマンカ地区の紋章
紋章
Msk cao yakimanka.svg
北緯55度43分53秒 東経37度36分14秒 / 北緯55.73139度 東経37.60389度 / 55.73139; 37.60389
ロシアの旗 ロシア
連邦市 モスクワの旗 モスクワ
中央区
設置 1995年7月5日
Named for ヨアキム・アンナ教会(Иоакимоаннинская церковь
行政
 • 首長 ナターリヤ・ニコラエヴナ・ロマノワ (Романова Наталья Николаевна)
面積
 • 合計 4.8km2
人口
2016年
 • 合計 27,398人
 • 密度 5,700/km2
等時帯 UTC+3 (モスクワ時間)
OKATO 45286596
ウェブサイト http://jakimanka.infograd.mos.ru/

概要編集

クレムリンの少し南側に位置し、中央区Центральный АО)に属するラヨンである。モスクワ川の南岸に位置し、14世紀ごろから入植が始まった。人口は約2.7万人(2016年推計[1])。

地名の由来は中世以前に起源を持つヨアキム・アンナ教会 (Иоакимоаннинская церковь、1939年に閉鎖、1969年に取り壊され現存せず) にちなむ。聖母マリアの父ヨアキム (Иоаким) に由来するヤキム(Яким)と母アンナ (Анна) の愛称アンカ(Анка)を組み合わせたロシア語の固有名詞である。ヤキマンカにはロシア正教の教会が多数ある。通りの名前として大ヤキマンカ(ヤキマンコ)通、小ヤキマンカ(ヤキマンコ)通がある[2]

日本語ではヤキマンコと称されることがあるが[2]、ロシア語転写方式から考えると誤りである。この地区はイギリス大使館もある1等地であるが、ソ連時代に在ソ連日本大使館の建て替えが必要になった際、当時のソビエト社会主義共和国連邦政府から、この地区内の土地の提供を打診されたものの、女性器俗称を想起させるためか、日本側から断ったという[3]

周辺編集

 
聖ソフィア教会
 
カダシ教会
  • マルフォ・マリーンスキー修道院
  • 生神女就寝祭教会
  • テオトコス教会
  • カダシ教会
  • 聖ソフィア教会
  • 聖カタリナ教会
  • フランス大使館(旧イグムノフ邸)
  • プレジデントホテル

交通編集

モスクワ地下鉄の3路線が乗り入れている。

脚注編集

  1. ^ Citypopulation.de
  2. ^ a b フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 1』講談社、2003年。
  3. ^ 西原理恵子佐藤優『とりあたま帝国 右も左も大集合!編』新潮社、2013年。

関連項目編集