メインメニューを開く


モスクワ地下鉄ロシア語: Московское метро)は、正式名称をモスクワ地下鉄公社ГУП «Московский метрополитен»)と言い、ロシアの首都モスクワ地下鉄である。1957年から1992年までレーニン記念モスクワ地下鉄(Московский метрополитен имени В. И. Ленина)と称した。世界の地下鉄の年間輸送人員においては、世界一の東京の地下鉄に続いて利用客の多い地下鉄となっている。

ロゴマーク
1938年開業のマヤコフスカヤ駅。
1938年開業のマヤコフスカヤ駅
基本情報
詳細情報
通行方向 右側通行
路線図
路線図
モスクワ地下鉄の英語版路線図。
テンプレートを表示

多くの駅で社会主義リアリズムの様式に沿った豪華な装飾が施されていることでも知られており、他国の地下鉄とは対照的に美術館または宮殿のような雰囲気をもつことから、「地下宮殿」と呼ばれることもある[1]

今までに多くの駅名が変更されており、数回に亘って改名された駅もある。当初は、モスクワ地下鉄自体も、敷設に寄与したラーザリ・カガノーヴィチの名を冠していた。

目次

概要編集

 
2012年運用開始の81-760/761

モスクワ地下鉄は、12路線(全ての路線に番号がふられている)、総延長293.1kmで(2008年現在、軽地下鉄を含む)、一日あたりの平均利用者数は800万人程度となっている。5号線の環状線はおよそ20kmの環状路線で、11A号線(カホーフスカヤ線)と12号線(ブートフスカヤ線)を除く全ての路線と接続している。

放射線では、モスクワ中心部の駅に向かって運転する際、男声の案内放送が流れ、中心部から遠ざかる運転の際には、女性の声で案内放送が流れる。環状線では、右回りの運転で男声、左回りの運転で女声の案内放送が流れる。

駅の大多数は地下に存在するが、以下に例外を記す。フィリョーフスカヤ線(4号線)には、ストゥジェンチェスカヤ駅からクンツェフスカヤ駅までの7駅に亘る長い地上区間がある。軽地下鉄のブートフスカヤ線(12号線)は3分の2が地表を走り、ウーリツァ・スタロカチャロフスカヤ駅が唯一の地下駅である。地上区間があるのは、タガーンスコ=クラスノプレースネンスカヤ線(7号線、ヴィヒノ駅が地上駅)、アルバーツコ=ポクローフスカヤ線(3号線、イズマイロフスカヤ駅が地上駅)である。

また、モスクワ地下鉄には、地下鉄橋が存在する。ソコーリニチェスカヤ線(1号線)のヤウザ川に架かる橋(サコーリニカフ地区)が1つある。モスクワ川には3つの橋が架かっている。具体的には、フィリョーフスカヤ線(4号線、スマリェーンスカヤ〜キーエフスカヤ間の1937年に完成した最も古い地下鉄橋)とザモスクヴォレーツカヤ線(2号線、アフトザヴォーツカヤコロメンスカヤ間)、自動車道の下層部に位置するバラビヨーヴィ=ゴールィ駅の地下鉄橋である(1958年完成。1983年から2002年まで架け替え工事のため閉鎖)。外部と遮断された地下鉄橋も3つあり、列車が橋を渡っていることに乗客が気づくことはない。カルーシュスコ=リーシュスカヤ線(6号線)のヤウザ川上、リュビリーンスコ=ドミトロフスカヤ線(10号線)のポナマルカ川上などがその種の橋として挙げられる。Серебрянкаколлектор上を通るアルバーツコ=ポクローフスカヤ線(3号線)の陸橋区間も地下鉄橋に分類されよう。

モスクワ地下鉄の駅名は「-スカヤ」(-ская) で終わるものが多いが、これはロシア語の「駅」を表す単語には、ターミナル駅を表す вокзал(子音で終わる単語のため男性名詞)と通常の駅を表す станцияа または я で終わる単語のため女性名詞)があり、地下鉄駅のような通常規模の駅は станция が使われるため、女性名詞を修飾する形容詞に -ская が付くためである[2]


路線編集

路線番号(色)・路線名 開業年 最近の
延伸
キロ程
  ソコーリニチェスカヤ線 Сокольническая линия 1935年 2016年 32.5 km 22
  ザモスクヴォレーツカヤ線 Замоскворецкая линия 1938年 2017年 42.8 km 24
  アルバーツコ=ポクローフスカヤ線 Арбатско-Покровская линия 1938年 2012年* 45.1 km 22
  フィリョーフスカヤ線 Филёвская линия 1958年** 2006年 14.9 km 13
  環状線 Кольцевая линия 1950年 1954年 19.3 km 12
  カルーシュスコ=リーシュスカヤ線 Калужско-Рижская линия 1958年 1990年 37.6 km 24
  タガーンスコ=クラスノプレースネンスカヤ線 Таганско-Краснопресненская линия 1966年 2015年 42.2 km 23
  カリーニンスコ=ソンツェフスカヤ線 Кали́нинско-Солнцевская линия 1979年 2012年 16.5 km 8
  カリーニンスコ=ソンツェフスカヤ線(西) Кали́нинско-Солнцевская линия 2014年*** 2018年 24.9 km 12
  セルプホーフスコ=チミリャーゼフスカヤ線 Серпуховско-Тимирязевская линия 1983年 2002年 41.2 km 25
  リュビリーンスコ=ドミトロフスカヤ線 Люблинско-Дмитровская линия 1995年 2018年 38.3 km 23
  大環状線 Большая кольцевая линия 2018年 2018年 10.5 km 5
  カホーフスカヤ線 Каховская линия 1969年 1995年**** 3.3 km 3
  ブートフスカヤ線 Бутовская линия 2003年 2014年 10.0 km 7
  モスクワモノレール Монорельс 2004年 2004年 4.7 km 6
  モスクワ中央環状線 МЦК 2016年 54 km 31
合計: (モノレールと14番線を除く) 379.1 km (モノレールと14番線を除く) 223
  • (*) 3. アルバーツコ=ポクローフスカヤ線(3号線)のクンツェフスカヤ駅からクルィラーツコエ駅間は、2008年1月7日にパルク=パベディ駅からクンツェフスカヤ駅間と、クルィラーツコエ駅からストロギノー駅間が開通するまでフィリョーフスカヤ線(4号線)として運行されていた。
  • (**) 4. キーエフスカヤ駅までは1935年から1937年にかけて開通しており、1958年までソコーリニチェスカヤ線(1号線)の支線として運行されていた。
4a. フィリョーフスカヤ線(4号線)のビブリオテーカ=レーニナ駅発で、キーエフスカヤ駅から分岐して、ヴィスタヴァチュナ駅(展示場前、以前のデラヴォイ=ツェントル駅またはメジュドゥナロードナヤ駅から改名)・メジュドゥナロードナヤ駅(以前のモスクワシティー駅から改名)へ行く支線が運行されている。
  • (***) 8. 現在デラヴォイ=ツェントル駅からパルク=パベディ駅間を結んでいるのみでカリーニンスコ=ソンツェフスカヤ線(8号線)と接続していない。現在東西両方向へ延伸工事中で将来的にカリーニンスカヤ線と接続する予定。
  • (****) 6. カホーフスカヤ線(11号線)のカシールスカヤ駅、ヴァルシャーフスカヤ駅、カホーフスカヤ駅は1969年8月11日に開業したが、1995年11月20日まではザモスクヴォレーツカヤ線(2号線)の支線として運行されていた。

チミリャーゼフスカヤ駅(9号線)とヴェーデンヌハー駅(6号線)を結ぶモスクワモノレールも、モスクワ地下鉄公社の管理下にある。モノレールと地下鉄で技術的関連がないため、モノレールへの乗換には別料金が課せられる。

事故・事件編集

爆破テロ(2004)編集

2004年2月6日、ザモスクヴォレーツカヤ線(2号線)でアフトザボツカヤ駅からバベレツカヤ駅に向かっていた電車が突如爆発。40人が死亡、負傷者100人を出す大惨事となった。当初はチェチェン独立派のテログループの仕業と思われたが、後にイスラム過激派のカルチャイ・チェルケス共和国人の自爆テロであると結論づけられた。

モスクワ停電事故編集

2005年5月25日、モスクワ停電(en:2005 Moscow power blackouts)が起き、数本の地下鉄が運行を停止した。ソコーリニチェスカヤ線、ザモスクヴォレーツカヤ線の一部などでは運行を継続できたが[3]、カホーフスカヤ線(11号線)やブートフスカヤ線(L1号線)では全線が運休した。中でも影響が甚大だったのはザモスクヴォレーツカヤ線(2号線)とセレプホーフスカ=チミリャーゼフスカヤ線(9号線)であり、市の南部のトンネル内で車両が立ち往生し、それにより交通がマヒするなどの影響が出た[3]

看板事故編集

2006年3月19日、ザモスクヴォレーツカヤ線(2号線)ソコル駅ーヴォイコフスカヤ駅間の地上で、屋外広告の設置工事が無許可で行われていたが、杭基礎が地下鉄トンネルを貫通してしまい、トンネル構造物の一部が走行中の電車に落下した。この事故による怪我人は出ていない[4]

爆破テロ(2010)編集

2010年3月29日、ラッシュアワー時のソコーリニチェスカヤ線(1号線)で連続爆破テロが起き、少なくとも死者39人負傷者100人の被害者が出ている。最初の爆発はルビャンカ駅、現地時間午前7時56分に発生。少なくとも24人の死者が確認されており、そのうち14人は爆発が起きたとされる二両目の乗客であった。二度目の爆発は最初の爆発のおよそ40分後、現地時間午前8時38分に同じソコーリニチェスカヤ線のパルク=クリトゥーリ駅で起き、この爆発では12人の死者が出たと報道されている[5]

脱線事故編集

2014年7月15日、午前8:40頃、アルバーツコ=ポクローフスカヤ線(3号線)パルク=ポビェディ(勝利公園)駅を発車直後、カリーニンスカヤ線(8号線)延伸のため駅西側に設置された転轍機で脱線。死者23人。

メトロ-2編集

 
米国防総省の発表したメトロ-2の路線予想図

メトロ-2(en:Metro-2)とは、モスクワ地下鉄に沿うように建設されたとされる、核戦争時の緊急避難シェルターおよびそこに通じる専用路線の俗称である。 路線の存在は公には発表されておらず、その規模も不明であるが、モスクワ市内の軍の重要拠点と行政機関を結び、市外へと脱出できるよう建設されたとされるその路線の総延長は、メトロ本線にも匹敵するものと予想される。 実際に、モスクワ市内にはメトロ本線とは別に作られた立坑や、用途不明の隔離扉なども存在しており、メトロ-2の実在をより確実なものとしている。[6]

脚注編集

  1. ^ Railway Story ヨーロッパロシアを進んで”. WOWOWオンライン. 2018年1月28日閲覧。
  2. ^ 『最新 世界の地下鉄』(編集) 社団法人日本地下鉄協会ぎょうせい、2005年、280-281頁。ISBN 978-4-32407-471-8
  3. ^ a b Grashchenkov, Ilya (2005年5月25日). “Как работает московское метро. Список закрытых станций” (Russian). Yтро.ru. http://pda.utro.ru/articles/2005/05/25/441638.shtml 2010年3月18日閲覧。 
  4. ^ Moscow Metro Tunnel Collapses on Train; Nobody Hurt Bloomberg
  5. ^ “RTÉ News: 38 killed in Moscow metro suicide attacks”. Raidió Teilifís Éireann. (2010年3月29日). http://www.rte.ie/news/2010/0329/russia.html 2010年3月29日閲覧。 
  6. ^ “モスクワの地下シェルターと「メトロ-2」”. http://jp.rbth.com/arts/2013/12/26/-2_46601.html 

関連項目編集

外部リンク編集

http://news.metro.ru/sc_lat.html