ヤクルトホールYakult Hall)は、東京都港区東新橋1丁目1番地にあった多目的ホール。株式会社ヤクルト本社が運営していた。現在は(公財)日本消防協会ニッショーホールとして運営している。

ニッショーホール(仮施設)
ヤクルトホール
情報
旧名称 ヤクルトホール
完成 1972年
開館 1972年
収容人員 550人
客席数 550席
設備 舞台、音響、35ミリ映写 等
用途 映写、音楽、演劇、講演 等
運営 株式会社ヤクルト本社→(公財)日本消防協会
所在地 東京都港区東新橋1-1-19 日本消防協会本部1・2階
位置 北緯35度39分57.6秒 東経139度45分37.2秒 / 北緯35.666000度 東経139.760333度 / 35.666000; 139.760333 (ニッショーホール(仮施設))座標: 北緯35度39分57.6秒 東経139度45分37.2秒 / 北緯35.666000度 東経139.760333度 / 35.666000; 139.760333 (ニッショーホール(仮施設))
アクセス JR新橋駅 徒歩5分
外部リンク ニッショーホール
テンプレートを表示

概要編集

1972年、ヤクルト本社が東新橋に移転して来たのと同時に、同本社ビル(14階建)内に開設。574人収容。

ステージから花道ランウェイ)状の小ステージが客席に突き出しているのが特徴。

主にコンサート映画試写会演劇、講演会、トークショーなどで使用される。また、プロ野球東京ヤクルトスワローズ (ヤクルト球団)関連行事(新入団選手記者発表会、球団ファンクラブ限定のペナントレース出陣式等)でも毎回利用されている。

他にも、フジテレビ系列平日正午台番組『ハイヌーンショー』・『爆笑ゴールデンショー』・『三平・美どりのドキドキ生放送』・『夏のスターパレード』(『お昼のスペシャル』)・『やりくりクイズ30万に挑戦』の公開や収録が行われていた。

ヤクルト本社が2020年春に、分散していた本社機能を集約すべく港区海岸の「ウォーターズ竹芝」に移転したことに伴い閉鎖。日本消防会館虎ノ門)の建て替えが完了する2024年まで、ニッショーホールの代替施設、ヤクルトビルが日本消防協会本部となる。

所在地・アクセス編集

東京都港区東新橋1-1-19 (旧ヤクルト本社ビル)

外部リンク編集