メインメニューを開く

ヤード規制条例(ヤードきせいじょうれい)とは、日本条例

概要編集

自動車盗の温床になりやすいと見られている中古車解体施設「ヤード」を規制している[1]。中古車解体施設「ヤード」について経営者の届け出義務や自動車や部品の取引の記録を作成義務があり、警察官の立ち入り権限強化や規定に違反した業者に是正命令を出すことができ、命令に違反した場合の罰則を規定している[1]

2015年4月に千葉県で初めて施行された[2]

県の条例編集

県の条例
条例名
茨城県 茨城県ヤードにおける自動車の適正な取扱いの確保に関する条例
千葉県 千葉県特定自動車部品のヤード内保管等の適正化に関する条例

脚注編集

関連項目編集