メインメニューを開く

ユリウス・ヴェルハウゼン(Julius Wellhausen、1844年5月17日 - 1918年1月7日)は、ドイツ神学聖書学東洋学言語学学者。トーラー(モーセ五書)の批判的研究(文書仮説)で著名。

Julius Wellhausen
ユリウス・ヴェルハウゼン
Julius Wellhausen 02.jpg
生誕 1844年5月17日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国ハーメルン
死没 (1918-01-07) 1918年1月7日(73歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国ゲッティンゲン
出身校 ゲッティンゲン大学
職業 神学者聖書学
東洋学者
言語学者
流派 聖書批評学-文書仮説
宗教 キリスト教プロテスタント

経歴編集

ヴェストファーレンヴェーザー川ほとりのハーメルン出身。ゲッティンゲン大学神学を修めた。1872年グライフスヴァルトの大学において神学の教授となる。1882年に辞職して、ハレの大学で文献学部で東洋言語学の員外教授(professor extraordinarius)に就任。1885年マールブルクで正教授(professor ordinarius)になる。1892年ゲッティンゲンに転勤となり、そこで生涯を終えた。

学説編集

ヴェルハウゼンは、旧約聖書史やトーラー(モーセ五書)とヨシュア記の構成に関する批判的研究、とりわけトーラーの起源についての論考で著名であった。彼は、トーラーの著述者がより後世であったはずのイスラエル王国について記していると述べている。これにより彼は、トーラーの起源が従来伝えられていたよりも後代のものであると解釈したのである。また、モーセ五書(トーラー)のモーセ記者説否定の根拠として、モーセの時代には文字が無かったとも主張したが、これは他の学者たちの研究によって否定されている。

ヴェルハウゼンは『パリサイ派とサドカイ派』(1874)『イスラエル史』(1878)などで、モーセ五書律法よりも預言者エレミヤの個人的敬虔を重視し、さらに『申命記』などの祭祀法典はバビロン捕囚後に成立したとみた[1]

ヴェルハウゼンは、6世紀頃からユダヤ教は古代イスラエル宗教を圧迫し、祭祀階層が預言者をとどめを刺して、律法が固定されたとして、このことによってパリサイ派は権力を把握した一方で、精神的イスラエルとしてのキリスト教が成長したとみた[2]

また、アラビア語唯一神を示す「アッラーフ(الله)」の語源については、「神」を意味する普通名詞の「イラーフ(إله ilāh)に定冠詞「アル(ال al)」を付けた「アル・イラーフ(الإله)」が短縮されたものである、という説を唱えた。この説はムスリムイスラーム教徒)に受けがよく、今日しばしば見聞きする解釈である。

影響編集

ヴェルハウゼンの学説は、ニーチェヴェーバーフロイトにも大きな影響を与えた[3]

主な著作編集

脚注編集

参考文献編集

  • ロバート・E・クレメンツ著、村岡崇光訳『近代旧約聖書研究史』教文館,1978年
  •   Gilman, D. C.; Thurston, H. T.; Colby, F. M., eds. (1905). "Wellhausen, Julius" . New International Encyclopedia (1st ed.). New York: Dodd, Mead.
  •   この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Wellhausen, Julius" . Encyclopædia Britannica (in English) (11th ed.). Cambridge University Press.
  • 上山安敏『宗教と科学 ユダヤ教とキリスト教の間』岩波書店、2005年7月。ISBN 978-4000234139

外部リンク編集

関連項目編集