メインメニューを開く

ライリー・テクノロジーズ

ライリー・テクノロジーズRiley Technologies LLC)は、プロトタイプレーシングカーの開発とその運用に特化したアメリカ合衆国レーシングコンストラクター・レーシングチームでもある。

概要編集

2001年、ボブ・ライリー(Bob Riley)と息子のビル(Bill)は、ボブがかつて設立したライリーアンドスコットを元にライリー・テクノロジーズを創った。2006年にはノースカロライナ州ムーアズビルに本社を移した。

グランダム・シリーズ編集

初期はロレックス・グランダム・シリーズのデイトナ・プロトタイプシャーシのリーディング・コンストラクターとして活動した。ライリーのシャーシは、予選での速さによる上位グリッド数とレースでの勝利数の両方で支配的な存在となった。ライリーのシャーシは、5つの自動車メーカーのエンジンでデイトナ24時間レースを9連覇した。2005年はウェイン・テイラー・レーシングにポンティアックのエンジンで自社のシャーシのレースカーを供給して勝利し、2006年から2008年までチップ・ガナッシ・レーシングレクサスのエンジンで自社のシャーシのレースカーを供給して2連覇から4連覇まで勝利を重ね、2009年はブルモス・レーシングにポルシェのエンジン車を供給して5連覇、2010年はアクション・エクスプレス・レーシングに前年と同じにポルシェのエンジン車を供給して6連覇、2011年チップ・ガナッシ・レーシングBMWのエンジン車を供給して7連覇、2012年はマイケル・シャンク・レーシングにフォードのエンジン車を供給して8連覇、2013年チップ・ガナッシ・レーシングBMWのエンジン車を供給して9連覇を挙げた。

ライリーはまたマツダ・RX-8のシャーシを開発して2008年のGTクラスで優勝している。同年、新しいBMW・M6のGTレースカーを公開した。

またライリーのデイトナ・プロトタイプから派生したシャーシは、SUPER GTのGT300クラスでムーンクラフト・紫電チームに供給され、チームタイトルを獲得している。。

IMSA編集

 
SRT バイパー GTS-R(2013年)

アメリカン・ル・マン・シリーズでライリーが設計し製造しGT2クラスで参戦するシボレー・コルベットが2008年にデビューした。この車はル・マン24時間レースに参戦する為にACOの承認を受けた。

2008年4月にライリー・テクノロジーズは、自社のサーキット施設を使って、高いパフォーマンスの車への成長する需要を応える為として、走行会用の車を製造する計画を発表した。その新車は、レースカーの通常の操作に関する運用コストを最小限に抑えるように設計されたミッドシップで、エンジンの出力は500馬力(370 kW)を超えるという。

IMSAとグランダム・シリーズが統合して以降はGTLM・GTDクラスにダッジ・バイパーで参戦。2014年を持ってダッジはワークス撤退を発表するが、2014年にGTLM、2015年にGTDクラスチャンピオンに輝いた[1]。またル・マン24時間にも参戦している。

2017年からライリーはマルチマティック社との合弁プロジェクトで、FIAに指定された4社のうちの1社としてLMP2車両を開発する[2]。また、マツダと提携してDPi車両の製作にも関わることになった。

脚注編集

外部リンク編集