メインメニューを開く

デイトナ24時間レース(デイトナにじゅうよじかんレース、24 Hours of Daytona)とは自動車耐久レースの1つ。フロリダ州デイトナにあるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開始以来毎年1月の最終週と2月の初頭に開催されている。ル・マン24時間レーススパ・フランコルシャン24時間レースの2レースとあわせて「世界三大耐久レース」とも呼ばれる。

デイトナ24時間レース
Daytona International Speedway - Road Course.svg
開催地 デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ
スポンサー企業 ロレックス
初開催 1962
耐久時間 24時間
旧名 デイトナ・コンチネンタル (1962–1965)
デイトナ24時間コンチネンタル (1966–1967)
デイトナ24時間 (1968-1971)
デイトナ6時間コンチネンタル (1972)
デイトナ24時間 (1973, 1975–1977)
ペプシ・チャレンジ24時間 (1978–1983)
サンバンク24 (1984–1991)
最多勝利
(ドライバー)
ハーレイ・ヘイウッド (5)
スコット・プルエット (5)
最多勝利
(チーム)
チップ・ガナッシ・レーシング (6)
最多勝利
(マニファクチャー)
ポルシェ (18)
2011年スタートシーン
2007年

1992年以降、ロレックスが大会冠スポンサーとなり「ロレックス24 (Rolex 24)」と称している。

目次

概要編集

 
デイトナプロトタイプのポルシェ-ライリー、2007年

フランスで行われるル・マン24時間レースの形式を踏襲しており、3人(2008年から4人のエントリーも可能)のドライバーがチームとして1台の車を走らせ、24時間という決められた時間内に最も長い距離を走行したチームが優勝となる[1]。ル・マンと異なるのは、公道を一切使わず専用のサーキットのみを用いる点である。高速オーバルコースというコース上の特性に加え、途中に組み込まれたテクニカルセクションが存在する事から、ストレートの長いル・マン・サルト・サーキットよりもマシンやドライバーにかかる負担も大きいレースである。バンクではマシンに上下方向でのGがかかることからサのスペンションのセッティングにも苦心するレースでもある。また海に近いので潮風が車体にダメージを与えることもある。

1962年に3時間走の「デイトナ・コンチネンタル (Daytona Continental)」として始まった。1964年には2000キロメートルの距離走となり、1966年に24時間走の「デイトナ24時間コンチネンタル (Daytona 24 Hour Continental)」となった[2]。発足当初から国際自動車連盟グランドツーリング製造者世界選手権シリーズに組み込まれており、後継シリーズでも同様であった。1973年から1998年までは国際モータースポーツ協会 (米国) のIMSAGTシリーズも兼ねていた。グループCの隆盛と迷走によりエントラントからは高い人気を誇り、100台以上がエントリーした年もあった。

しかしコストの上昇に歯止めをかけるため、2002年シーズン終盤(2004年より本格導入)にグランダムがIMSA-WSCクラスに変わってデイトナプロトタイプという独自規格を導入したため、アメリカン・ルマン・シリーズ(ALMS)のLMPのスポーツカーと全く互換性が無くなってしまった。そのためLMPが出場できるALMSのセブリング12時間の知名度が上昇するのと相対的にこのレースの世界的地位が下がったとも言われる。しかしグランダムもALMSに劣らぬ勢力を誇り、毎年40後半~70台ものエントラントを集めた。

2014年にALMSとグランダムが合併してUSCC(ユナイテッド・スポーツカー選手権)が誕生すると、欧州のLMP2・LM-GTE・GT3車両も参戦できる様になり、また2017年にDPi(デイトナプロトタイプ・インターナショナル)が導入されたことでメーカーも参入しやすくなったため、再び世界的地位を回復しつつある。FOXによれば2017年の平均視聴者数は前年比1.65倍もの伸びを見た[3]

名称は数年ごとに変わっていたが、1991年以降はロレックスが冠スポンサーとして大会名に付いており、ロレックス24時間とも呼ばれる。レースで勝利したチームのドライバーには、同社の高級腕時計「コスモグラフ・デイトナ」の特別仕様が送られる。それ以前はペプシコ(1978年~1983年)やサンバンク(1984年~1990年)が冠スポンサーだった。

日本勢の活躍編集

下位クラスに限って言えば、デイトナで最も多くの成功を収めているのはマツダである。1979年~1986年に7年連続でマツダ・サバンナRX-7がGTUクラスで、2008年と2010年は3ローターNAを搭載したマツダ・RX-8がGTクラスで優勝するなど、計22回ものクラス優勝を収めている。ただし総合優勝は依然としてエンジン含めても成し遂げていない。

日本メーカー・日本人・日本チーム初の総合優勝は、1992年のニッサン・R91CP長谷見昌弘星野一義鈴木利男が名を連ね、加えてレースラップ数更新(ただしレイアウト改修前の1982年の最長距離記録4443.334 kmの更新はならず)を果たした。この記録は2018年に破られるまで保持された。しかし当時のアメリカは、主に日本車に関する貿易摩擦の問題を抱えていたため、レース後の日本人ドライバートリオに対するインタビューでは、レースの内容よりも日米貿易不均衡についての意見を求めるアメリカ人ジャーナリストが数多く存在した。またロレックスが優勝者に時計を贈り始めたのはこの年からであり、つまり星野らはデイトナで勝ってロレックスをもらった初のドライバーにもなった。

その他1993年にトヨタイーグルMkⅢ、1994年にニッサン・300ZX、2006年~2008年にレクサス1UZ-FEエンジン、2016年にホンダ・HR35TTエンジンがそれぞれ総合優勝を収めている。

なおSUPER GTのGT300クラスで2006・2007年にチームタイトルを獲得した紫電は、ライリー・テクノロジーズ製MK XIのモノコックをベースに製作した車両で、エンジンもデイトナ24時間用のレクサス・1UZ-FE戸田レーシングがチューニングしたものである。

2017年にLMP2をベースとするDPi(デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル)規定が導入されると、マツダがライリー&マルティマティック、日産がオンローク・オートモーティブ、2018年からアキュラ(ホンダ)がオレカとそれぞれジョイントして参戦している。2019年には元F1ドライバーの小林可夢偉フェルナンド・アロンソとともにキャデラックで初参戦し、総合優勝を飾っている。

歴代タイトルの一覧編集

開催年 日付 ドライバー チーム 車種
1966年 2/5・2/6   Ken Miles
  Lloyd Ruby
  シェルビー・アメリカン フォード・GT40MkII
1967年 2/4・2/5   ロレンツォ・バンディーニ
  クリス・エイモン
  SpA フェラーリ SEFAC フェラーリ・330P4
1968年 2/3・2/4   Vic Elford
  Jochen Neerpasch
  ロルフ・シュトメレン
  ジョー・シフェール
  Hans Herrmann
  ポルシェ・システム・エンジニアリング ポルシェ・907
1969年 2/1・2/2   マーク・ダナヒュー
  Chuck Parsons
  ロジャー・ペンスキー・スノコ・レーシング ローラ・T70-シボレー
1970年 1/31・2/1   ペドロ・ロドリゲス
  Leo Kinnunen
  J.W. オートモビル・エンジニアリング ポルシェ・917
1971年 1/30・1/31   ペドロ・ロドリゲス
  ジャッキー・オリバー
  J.W. オートモビル・エンジニアリング ポルシェ・917K
1972年 2/5・2/6   マリオ・アンドレッティ
  ジャッキー・イクス
 SpA フェラーリ SEFAC フェラーリ・312PB
1973年 2/3・2/4   Peter H. Gregg
  ハーレイ・ヘイウッド
  ブロモス・ポルシェ ポルシェ・911カレラ
1974年 オイルショックのため中止
1975年 2/1・2/2   Peter Gregg
  ハーレイ・ヘイウッド
  ブロモス・ポルシェ ポルシェ・911カレラRSR
1976年 1/31・2/1   Peter Gregg
  ブライアン・レッドマン
  John Fitzpatrick
  BMW・オブ・ノースアメリカ BMW 3.0CSL
1977年 2/5・2/6   ハーレイ・ヘイウッド
  John Graves
  Dave Helmick
  エクリ・エスカルゴ ポルシェ・911カレラRSR
1978年 2/4・2/5   Peter Gregg
  ロルフ・シュトメレン
  Toine Hezemans
  ブロモス・ポルシェ ポルシェ・935ターボ
1979年 2/3・2/4   ハーレイ・ヘイウッド
  Ted Field
  Danny Ongais
  インタースポーツ・レーシング ポルシェ・935ターボ
1980年 2/2・2/3   ロルフ・シュトメレン
  Volkert Merl
  Reinhold Joest
 L&M ヨースト・レーシング ポルシェ・935ターボ
1981年 1/31・2/1   ボビー・レイホール
  ブライアン・レッドマン
  Bob Garretson
  ガレットソン・レーシング ポルシェ・935ターボ
1982年 1/30・1/31   John Paul Sr.
  John Paul Jr.
  ロルフ・シュトメレン
  JLPレーシング ポルシェ・935ターボ
1983年 2/5・2/6   A.J.フォイト
  Preston Henn
  ボブ・ウォレク
  Claude Ballot-Lena
  ヘンス・スワップ・ショップ・レーシング ポルシェ・935ターボ
1984年 2/4・2/5   Sarel van der Merwe
  Tony Martin
  Graham Duxbury
  クリーピー・クラウリー・レーシング マーチ 84C-ポルシェ
1985年 2/2・2/3   A.J.フォイト
  ボブ・ウォレク
  アル・アンサーSr.
  ティエリー・ブーツェン
  ヘンス・スワップ・ショップ・レーシング ポルシェ・962C
1986年 2/1・2/2   アル・ホルバート
  デレック・ベル
  アル・アンサーJr.
  レーベンブロイ・ホルバート・レーシング ポルシェ・962C
1987年 1/31・2/1   アル・ホルバート
  デレック・ベル
  Chip Robinson
  アル・アンサーJr.
  レーベンブロイ・ホルバート・レーシング ポルシェ・962C
1988年 1/30・1/31   ラウル・ボーセル
  マーティン・ブランドル
  ジョン・ニールセン
  カストロール・ジャガー・レーシング ジャガー・XJR-9
1989年 2/4・2/5   ジョン・アンドレッティ
  デレック・ベル
  ボブ・ウォレク
  ミラー/BFグッドリッチ・バスビー・レーシング ポルシェ・962C
1990年 2/3・2/4   デイビー・ジョーンズ
  ヤン・ラマース
  アンディ・ウォレス
  カストロール・ジャガー・レーシング ジャガー・XJR-12
1991年 2/2・2/3   ハーレイ・ヘイウッド
  ジョン・ウィンター
  フランク・イェリンスキ
  アンリ・ペスカロロ
  ボブ・ウォレク
  ヨースト・レーシング ポルシェ・962C
1992年 2/1・2/2   長谷見昌弘
  星野一義
  鈴木利男
  アンデルス・オロフソン
  NISMO ニッサン・R91CP
1993年 1/30・1/31   P. J. Jones
  Mark Dismore
  Rocky Moran
  オール・アメリカン・レーサーズ イーグル・MkIII/トヨタ
1994年 2/5・2/6   Paul Gentilozzi
  スコット・プルーエット
  ブッチ・ライツィンガー
  Steve Millen
  カニンガム・レーシング ニッサン・300ZX
1995年 2/4・2/5   Jurgen Lassig
  クリストフ・ブシュー
  ジョバンニ・ラバッジ
  マルコ・ヴェルナー
  クレマー・レーシング クレマー・K8スパイダー - ポルシェ
1996年 2/3・2/4   ウェイン・テイラー
  スコット・シャープ
  Jim Pace
  ドイル・レーシング ライリーアンドスコット・MkIII - オールズモビル
1997年 2/1・2/2   Rob Dyson
  ジェームス・ウィーバー
  ブッチ・ライツィンガー
  アンディ・ウォレス
  John Paul Jr.
  Elliott Forbes-Robinson
  John Schneider
  ダイソン・レーシング ライリーアンドスコット・MkIII - フォード
1998年 1/31・2/1   マウロ・バルディ
  アリー・ルイエンダイク
  ジャンピエロ・モレッティ
  ドラン・モレッティ・レーシング フェラーリ・333SP
1999年 1/30・1/31   Elliott Forbes-Robinson
  ブッチ・ライツィンガー
  アンディ・ウォレス
  ダイソン・レーシング・チーム ライリーアンドスコット・MkIII - フォード
2000年 2/5・2/6   オリビエ・ベレッタ
  Dominique Dupuy
  カール・ヴェンドリンガー
  バイパー チーム・オレカ ダッジ・バイパー GTS-R
2001年 2/3・2/4   Ron Fellows
  Chris Kneifel
  Franck Freon
  Johnny O'Connell
  コルベット・レーシング シボレー・コルベット C5-R
2002年 2/2・2/3   ディディアー・セイス
  Fredy Lienhard
  マックス・パピス
  マウロ・バルディ
  ドラン・リスタ・レーシング ダラーラ SP1-ジャッド
2003年 2/1・2/2   Kevin A. Buckler
  Michael Schrom
  ティモ・ベルンハルト
  ヨルグ・ベルグマイスター
  ザ・レーサーズ・グループ ポルシェ・911GT3-RS
2004年 1/31・2/1   クリスチャン・フィッティパルディ
  Terry Borcheller
  Forest Barber
  Andy Pilgrim
  ベル・モータースポーツ ドラン JE4 - ポンティアック
2005年 2/5・2/6   マックス・アンジェレリ
  ウェイン・テイラー
  エマニュエル・コラール
  サントラスト・レーシング ライリー MkXI - ポンティアック
2006年 1/28・1/29   スコット・ディクソン
  ダン・ウェルドン
  Casey Mears
  テルメックス・ガナッシ・レーシング ライリー MkXI - レクサス
2007年 1/27・1/28   ファン・パブロ・モントーヤ
  サルバドール・ドゥラン
  スコット・シャープ
  テルメックス・ガナッシ・レーシング ライリー MkXI - レクサス
2008年 1/26・1/27   ファン・パブロ・モントーヤ
  ダリオ・フランキッティ
  スコット・プルーエット
  メモ・ロハス
  テルメックス・ガナッシ・レーシング ライリー MkXI - レクサス
2009年 1/24・1/25   David Donohue
  アントニオ・ガルシア
  Darren Law
  バディ・ライス
  ブロモス・レーシング ライリー MkXI - ポルシェ[4]
2010年 1/30・1/31   ジョアン・バルボーザ
  Terry Borcheller
  ライアン・ダルジエル
  マイク・ロッケンフェラー
  アクション・エクスプレス・レーシング ライリー MkXI - ポルシェ
2011年 1/29・1/30   ジョーイ・ハンド
  グラハム・レイホール
  スコット・プルーエット
  メモ・ロハス
  テルメックス・チップ・ガナッシ・レーシング ライリー MkXXVI - BMW
2012年 1/28・1/29   A.J.アルメンディンガー
  Oswaldo Negri
  John Pew
  ジャスティン・ウィルソン
  マイケル・シャンク・レーシング ライリー MkXXVI - フォード
2013年 1/26・1/27   ファン・パブロ・モントーヤ
  チャーリー・キンボール
  スコット・プルーエット
  メモ・ロハス
  チップ・ガナッシ・レーシング ライリー MkXXVI - BMW
2014年 1/25・1/26   クリスチャン・フィッティパルディ
  ジョアン・バルボーザ
  セバスチャン・ボーデ
  アクション・エクスプレス・レーシング コルベットDP
2015年 1/24・1/25   スコット・ディクソン
  トニー・カナーン
  ジェイミー・マクマレー
  カイル・ラーソン
  チップ・ガナッシ・レーシング ライリー MkXXVI - フォード
2016年 1/30・1/31   Ed Brown
  Johannes van Overbeek
  スコット・シャープ
  ピポ・デラーニ
  テキーラ・パトロン ESM リジェ・JS P2 - ホンダ
2017年 1/28・1/29   ジェフ・ゴードン
  ジョーダン・テイラー
  リッキー・テイラー
  マックス・アンジェレリ
  ウェイン・テイラー・レーシング キャデラック・DPi-V.R
2018年 1/27・1/28   ジョアン・バルボーザ
  フェリペ・アルブケルケ
  クリスチャン・フィッティパルディ
  マスタング・サンプリング・レーシング キャデラック・DPi-V.R
2019年 1/27・1/28   ジョーダン・テイラー
  レンジャー・バン・デル・ザンデ
  フェルナンド・アロンソ
  小林可夢偉
  ウェイン・テイラー・レーシング キャデラック・DPi-V.R

脚注編集

  1. ^ 通常のレースと異なり、決められた距離を最も速く走り抜いたドライバーが優勝となるわけではない。
  2. ^ 1972年のみ6時間レースで、1974年はオイルショックにより中止。
  3. ^ TV Ratings: Growth for IMSA, NHRA openers
  4. ^ レース後に車両重量が不足していることが発見されたが、優勝は取り消されなかった。

関連項目編集

外部リンク編集