メインメニューを開く

ラスル・ボキエフ(Rasul Boqiev、タジク語: Расул Боқиев, 1982年9月29日 - )はタジキスタン共和国直轄地出身の柔道選手。身長173cm、体重73kg[1][2]。 タジキスタン史上初のオリンピックメダリストである。

獲得メダル
タジキスタンの旗 タジキスタン
男子 柔道
オリンピック
2008 北京 73kg級
世界選手権
2007 リオデジャネイロ 73kg級
アジア大会
2006 ドーハ 73kg級
アジア柔道選手権
2005 タシュケント 73kg級
2007 クウェート 73kg級

目次

人物編集

2007年の世界選手権73kg級で3位になった[2]

2008年北京オリンピック男子柔道73kg級で銅メダルを獲得し、全競技を通じてタジキスタンに初の五輪メダルをもたらした[1][2]

2012年ロンドンオリンピックでは7位だった[1]

主な戦績編集

脚注編集

外部リンク編集