メインメニューを開く

ラップリーダー: lap leader)とは、自動車オートバイモータースポーツにおいて、レース中にコントロールライン(スタート/フィニッシュラインと呼ぶこともある。このラインをもって周回数をカウントする)をトップで通過した走者の事を指す[1]

概要編集

アメリカで行われるレース(インディカー・シリーズNASCARなど)においては、最も多くラップリーダーを記録したものに選手権ポイントが与えられるルールを採用しているカテゴリーが多い。ただし、イエローコーション時の対応によりピットストップを省略する(ステイアウトする)ドライバーがいた場合には、下位スタートの場合でもラップリーダーを記録することがある。 2000年チャンプカー・ワールド・シリーズ黒澤琢弥が第3戦ロングビーチの82周のうち55~61周をリードし、日本人初のラップリーダーとなった[2]。 2009年第8戦 リッチモンド(オーバル)で、武藤英紀が300周のうち74周ラップリーダーを記録した

近年のF1においては、ピットストップを遅らせることにより意外なドライバーがラップリーダーになることもあり、途中経過でのラップリーダーにはあまり注目されないことが多い。日本人では、2004年第7戦 ヨーロッパGPニュルブルクリンク)で佐藤琢磨が10、11周目の2周で記録したことが2018年終了時点では唯一である。

F1でのラップリーダー記録編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ラップリーダー”. goo-net.com. 2018年11月10日閲覧。
  2. ^ 「和製マンセル」と呼ばれたレーシングドライバー、黒澤琢弥氏がドライブしたマシン6選”. motorz.jp (2017年9月2日). 2018年11月10日閲覧。
  3. ^ Lead By number of laps”. statsf1.com. 2018年11月15日閲覧。
  4. ^ The Winners and Losers of the Russian Grand Prix”. Formula1.com (2019年10月1日). 2019年10月1日閲覧。
  5. ^ The Winners and Losers of the Monaco Grand Prix”. Formula1.com (2019年5月27日). 2019年10月1日閲覧。

関連項目編集